ページトップへ
CLOSE
  • <BELSTAFF/ベルスタッフ>|男の無骨なバイカースピリットが表現された新作レザージャケット3選
    2017.04.04 update

    <BELSTAFF/ベルスタッフ>|男の無骨なバイカースピリットが表現された新作レザージャケット3選

    メンズ館6階で展開する<BELSTAFF/ベルスタッフ>は、1924年に英国で誕生しました。モータースポーツをルーツに誕生したワックスドコットンを用いて作られる4ポケットジャケットは今もなお、世界中の人々を魅了しています。同ブランドの2017年春夏コレクションは1971年製作、スティーブ・マックイーンが出演したオートバイドキュメンタリー映画「ON ANY SUNDAY/栄光のライダー」がテーマ。男の無骨なバイカースピリットが表現された、同ブランドを代表するレザージャケット3種をご紹介します。 Dayto

  • <ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックイーン>|多様化した1960年代のカルチャーから導き出された春夏コレクション
    2017.03.31 update

    <ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックイーン>|多様化した1960年代のカルチャーから導き出された春夏コレクション

    <ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックィーン>が提案する2017年春夏コレクションは、1960年代のスウィンギングロンドンから、ダスティでエキゾチックな世界へと導きます。伝統的でシャープなカットのサヴィル・ロウ テーラリングから徐々に、エキゾチックで華やかに。インド帝国時代からインスパイアされた色彩や象徴的な図解が取り入れられ、サファリカラーや色褪せたレオパードプリント、エキゾチックな風景や華やかな刺繍の数々。豪華絢爛な時代と60年代の粋で不遜な精神がコレクションに反映されています。

  • <BALMAIN HOMME/バルマン オム>|リラックスムードに満ちたビーチにインスピレーションを得た春夏コレクション
    2017.03.22 update

    <BALMAIN HOMME/バルマン オム>|リラックスムードに満ちたビーチにインスピレーションを得た春夏コレクション

    <バルマン オム>は2011年よりクリエイティブ・ディレクターに、わずか25歳だったオリヴィエ・ルスタンが就任し、前任デザイナーが再生させたエッジィでタフなブランドイメージを、さらに押し上げました。そんな同ブランドの2017年春夏コレクション「SPORTS AND JOY」の中から4コーディネイトをご紹介いたします。 左:レザーダブルライダースジャケット 504,360円、フードカットソー 58,320円、デニムスエット 108,000円、ローカットスニーカー 87,480円右:デニムモッズコート 302

  • <MARGARET HOWELL/マーガレット・ハウエル>|1週間限定プロモーションを開催。別注モデル・英国ブランド同士のコラボが多数登場
    2017.03.17 update

    <MARGARET HOWELL/マーガレット・ハウエル>|1週間限定プロモーションを開催。別注モデル・英国ブランド同士のコラボが多数登場

    2017.03.15 - 2016.03.21

    3月15日からスタートしたメンズ館全館キャンペーン「英国ウィーク」期間中、メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアルでは、<MARGARET HOWELL/マーガレット・ハウエル>プロモーションを開催いたします。期間中は、2017年春夏コレクションの他、三越伊勢丹限定アウターや英国ブランドによるコラボレーションアイテムが登場いたします。 コート 74,520円 このフーデッドコートは、英国ミラレーン社のオイルドクロスという伝統的な素材を使用し、ゆったりとしたロング丈で、モダンなリラックススタイルに仕上げ

  • <SEAWARD & STEARN/シーワード&スターン>|最新コレクションのネクタイを揃えるトランクショー開催、創業者のマーク・スターン氏来店
    2017.03.14 update

    <SEAWARD & STEARN/シーワード&スターン>|最新コレクションのネクタイを揃えるトランクショー開催、創業者のマーク・スターン氏来店

    2017.03.20

    2002年にロンドンで創業し、タイを中心に、マフラーやシャツ、ジャケットなどを展開する<シーワード&スターン>。創業者であるマーク・スターン氏とギャリ―・シーワード氏は、<ターンブル&アッサー>で経験を積んだのち、同ブランドを設立。若いブランドながら、2人のキャリアが存分に生かされた同ブランドのアイテムは、世界中から高い評価を得ており、ロンドンを代表するブランドとなっています。3月20日(月・祝)、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイではマーク・スターン氏が来店する<シーワード&スターン>トランクショーを

  • <Ermenegildo Zegna/エルメネジルド ゼニア>|2017年春夏ス ミズーラ&トランクショーを開催
    2017.03.11 update

    <Ermenegildo Zegna/エルメネジルド ゼニア>|2017年春夏ス ミズーラ&トランクショーを開催

    2017.03.18 - 2017.03.19

    北イタリアにファブリックメ-カ-として1910年に創業した、イタリアを代表するメンズラグジュアリーブランド<エルメネジルド ゼニア>。原毛の買い付けから生産、仕上げまでを一貫して行い、最高品質の商品を提供しています。フォーマルウエアからカジュアルウエア、シューズ、フレグランス、アイウエア、ウォッチ、そしてゼニア独自のパターンオーダーシステム「ス ミズーラ」に至るまで、あらゆるライフステージを彩るコレクションを展開します。 卓越したテーラリングの美しさを体現する「ス ミズーラ」 至高の着心地はそのままに、ご

  • <Kiton/キートン>|本国より専門フィッターが来店する2日限りのオーダー会
    2017.03.04 update

    <Kiton/キートン>|本国より専門フィッターが来店する2日限りのオーダー会

    2017.03.11 - 2017.03.12

    世界で最も美しい服を仕立てるといわれる<キートン>は、この上ない生地と優れた職人技術を礎に、エレガントを求め続けています。羽織るという表現がふさわしい軽い着心地や、シーズン性の高いカシミア、シルク、リネンなどをふんだんに使ったエクスクルーシブのファブリック、一貫して流れる柔らかな曲線をもったエレガントなシルエット。ナポリ仕立てを頑なに守りつつ、現代的でフレッシュな感覚を併せ持ったコレクションは美しい魅力に溢れています。近年では、高いクオリティーとエレガントな雰囲気を併せ持つトータルコレクションとして、スー

  • <Hermès/エルメス>|期間限定ブティック“Vêtement-objet”がメンズ館に出現!このブティック限定のアイテムも発売
    2017.02.22 update

    <Hermès/エルメス>|期間限定ブティック“Vêtement-objet”がメンズ館に出現!このブティック限定のアイテムも発売

    2017.03.01 - 2017.03.14

    <Hermès/エルメス>の期間限定ブティックがメンズ館1階=プロモーションに登場。今春夏のテーマ“Vêtement-objet” をキーワードに、3月1日(水)より開催。期間は同14日(火)まで。 着る人の個性を引き立てる"オブジェ"のようなワードローブ メンズ部門のアーティスティック・ディレクター、ヴェロニク・ニシャニアンが今シーズンのクリエイションのキーワードとしたのが“Vêtement-objet=オブジェのような洋服"。

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.09.22 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】袖を通せば分かる、熊本県人吉〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉のシャツのクオリティ
2020.09.23 update

【特集】袖を通せば分かる、熊本県人吉〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉のシャツのクオリティ

「世界に通用する白シャツを」というコンセプトを掲げ、〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉は誕生しました。ドレスシャツは大量生産によるスケールメリットを利用したコストパフォーマンスを売りにするものという時代に、「量より質」のモノづくりを信じた同ブランドは今、世界に通用するシャツとして高く評価されています。 Ⅰ.倒産した親会社から独立した生産工場の躍進 熊本県人吉市は、鹿児島県と宮崎県に接する県最南端の地です。町の中心を球磨川が流れる、のどかで美しい山奥の町に〈ヒトヨシ〉のシャツ工場があります。この地域

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.