ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。
    2019.10.23 update

    【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。

    とかくメンズファッションにおいて、イギリスやイタリアのブランドやテーラーとともに、素材=生地までが高級品として扱われることが多いものだ。そもそも洋装とは西欧生まれの服だけに、当然といえば当然で、確かにヨーロッパのそれはクオリティも高いが灯台下暗し。日本にも腕の立つテーラーは数多くいるし、生地にも上質なものがたくさんある。にも関わらず、それらが正当な評価を得ているとは言い難い。伊勢丹メンズ館は、そんな日本の「宝物」を再評価するプロジェクトを続けている。 「手の国」日本の職人たちに着目する。──本企画では日

  • 【特集】"進化と深化"を繰り返すドレスクロージング。2019年秋冬シーズンの注目トピックスをチェック。
    2019.06.08 update

    【特集】"進化と深化"を繰り返すドレスクロージング。2019年秋冬シーズンの注目トピックスをチェック。

    2019年秋冬のトレンドを先取り──メンズ館5階=メンズテーラードクロージングの編集平場「インターナショナル セレクション」と、今春夏から本格始動した「アルチザン」の早期ご予約&販売会が6月12日(水)より25日(火)まで2週に渡って開催。“Remix(リミックス)”をシーズンテーマとする「インターナショナル セレクション」と、“ヘリテージ(伝統・継承)”をベースとする「アルチザン」のそれぞれのスタイルとイセタンメンズ別注アイテムを一足早くご紹介する。

  • 装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!
    2018.09.12 update

    装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!

    男の職業や働き方、働くためのスタイルは時代とともに刻々と変化し続けるが、バイヤーの山浦は今の時代を一言で表現するなら「イージー」だという。今、ビジネススタイルも、働く人のマインドも、そして着こなしの根底にもあるのが「イージー」。スーツの足元がスニーカーになり、通勤にリュックが当たり前になったのは、まさに時代の流れの象徴だが、そうやってストレス要因を排除していくことにより、装うことの面白みが削られていくことに危惧しているともいう。メンズ館15周年を飾るシンボリックなアイテムの数々は、「これまでの15年を振り

  • 新たなフィットで"深化(進化)"するサルトリアテイスト
    2018.08.30 update

    新たなフィットで"深化(進化)"するサルトリアテイスト

    「スコティッシュ・クラシコの流れを汲んで、素材に合わせたディテールデザインやフィッティングにもお客様から様々な要望が寄せられるようになりました。とくにご要望が多いのは、マシンメイドのスーツからは伝わりにくい、本物感や手仕事の味わいを求める声です。10万円前後のファクトリーブランドのスーツでも、副資材にこだわっていたり、ワンランク上の素材やディテールワークを求められます。目の肥えたお客様にもご満足いただける品揃えには、我々バイヤーがサプライヤーと共に協業して行く必要があるのです」。バイヤーの山浦勇樹は、そ

  • バイヤー推薦、「トレンド・王道・逸品」知っておきたい名品パンツ10選
    2018.05.29 update

    バイヤー推薦、「トレンド・王道・逸品」知っておきたい名品パンツ10選

    着こなしが軽快になるこれからのシーズン、スタイリングは「パンツ発想」が面白い――メンズ館5階=ビジネスクロージング担当バイヤーの稲葉が、「薄着になる季節だからこそ、シャツやポロシャツ1枚でも様になるパンツが必要です」と言えば、同4階=インターナショナル ラグジュアリー担当の山浦は、「スーツやジャケットと同じく手仕事が注目されてきているのがパンツ。メンズ館4階にはサルトリアの“銘品パンツ”があります」と推奨する。 「トレンド」編 ►穿いたらもう後戻りできない、トレンドを体現する今年の

  • バイヤー山浦が提案、男のマスターピースとなる「新たなジャケットの価値」とは?メンズ館でしか買えない限定モノが続々登場!
    2018.03.06 update

    バイヤー山浦が提案、男のマスターピースとなる「新たなジャケットの価値」とは?メンズ館でしか買えない限定モノが続々登場!

    3月7日(水)にスタートする「オンリー・エムアイ 春のキャンペーン」のテーマは“ONE OF A KIND”。期間中は、唯一無二の価値を持つ一点モノをメンズ館=各階で特集し、モノの背景にある想いや過程をプレゼンテーションする。 メンズ館5階=ビジネス クロージング担当バイヤーの山浦勇樹 ファッションに限らず、グローバル化が加速し、世界中が画一化する状況に対して、作り手(クリエーター)と使い手(消費者)の双方が「個」を大事する気運が高まっている。新しい時代のラグジュアリー(豊かさ)を

  • バイヤー山浦勇樹が「ピッティ・イマージネ・ウォモ」で発見──この春、デニム好きな大人に必要な服!
    2018.01.19 update

    バイヤー山浦勇樹が「ピッティ・イマージネ・ウォモ」で発見──この春、デニム好きな大人に必要な服!

    デニムスタイルは、男らしいし、ラフで気取っていない雰囲気がいいところ。でも、そんな気軽さこそが大きな落とし穴。大人であれば、カジュアルとはいえ、当然上質なアイテム選びにはこだわるべき。そこで今回、登場するのが三越伊勢丹のバイヤーたち。その目利きのプロである彼らが選ぶ大人にぴったりのアイテムで周りと差をつけたいところだ。 イベント情報 ピッティ・イマージネ・ウォモ 92@イセタンメンズ □1月24日(水)~2月6日(火) □メンズ館=各階 メンズ館=各階のイベント情報はこちら 前編となる今回登場するの

  • キーワードは「クラシック」、バイヤーが注目するメンズスタイルの新傾向
    2018.01.12 update

    キーワードは「クラシック」、バイヤーが注目するメンズスタイルの新傾向

    昨年は「クラシック回帰」が注目されたが、今年もメンズスタイルに新たなトレンドが生まれている。たとえばボトムスはプリーツ入りのシルエット主義からカラードパンツの時代へ。ジャケットのインナーはシャツからポロシャツへと変化しそうだ。オフィスの「脱スーツ」化に、ニットアンサンブルの提案が新鮮だ。クラシック系のメゾンやブランド、世界中のウェルドレッサーの傾向など、多様かつ独自の視点からメンズ館5階=ビジネス クロージング担当バイヤー山浦 勇樹がピックアップした最旬のキーワード&アイテムを紹介しよう。  

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS
2019.11.18 update

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】冬に向けて買うべき 定番手袋ブランド4選!
2019.11.18 update

【特集】冬に向けて買うべき 定番手袋ブランド4選!

防寒アイテムを1つずつ揃えていきたくなる、この時期。似ているようで種類豊富な“手袋”。コーディネートアイテムとしても、活躍すること間違いなし。1つは持っていてほしいメンズ館定番の手袋4ブランドを、ピックアップ! 素材と経年変化を楽しめる <DENTS/デンツ> 歴史ある英国のグローブブランド <DENTS/デンツ>。1777年イギリス・ウースターにて、設立者ジョン・デント氏が初めて1組の手袋をカッティングし、創業。革の鑑別と裁断技術において才能を持っている。 <デンツ>手袋 左

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【2019年最新版】基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

【2019年最新版】基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 ■合わせて読みたいおすすめ記