ページトップへ
CLOSE
  • 2020年春夏シーズナルファブリックの新作含め一足早くご紹介できる<HITOYOSHI/ヒトヨシ>スマートオーダーシャツプロモーションを開催
    2020.01.11 update

    2020年春夏シーズナルファブリックの新作含め一足早くご紹介できる<HITOYOSHI/ヒトヨシ>スマートオーダーシャツプロモーションを開催

    2020.01.15 - 2020.01.21

    1月15日(水)から1月21日(火)まで、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは、<HITOYOSHI/ヒトヨシ>スマートオーダーシャツプロモーションを開催。スマートオーダーとは、既製品とオーダー品の中間のような存在で、フルオーダーではハードルが高いと思われてる方にオススメ。豊富な生地の中からお選びいただき、細部にこだわりながら自分好みにお作りいただける。   熊本県人吉市に本社工場を構える日本のシャツファクトリー<ヒトヨシ>。伝統から学び、現代の要求と美意識を見出し、大量生産、大量消費ではな

  • GUEST V-STYLE|<SEAWARD & STEARN>創業者マーク・スターン氏が提案するVゾーン3選
    2019.12.27 update

    GUEST V-STYLE|<SEAWARD & STEARN>創業者マーク・スターン氏が提案するVゾーン3選

    毎回、旬なテーマを取り入れたVゾーンコーディネート術をご提案する「Vゾーンの流儀」。今回より不定期連載企画として、メンズ館に来店した各ブランドのゲストの着こなしや、Vゾーンコーディネート術をご紹介する。 今回のゲスト <シーワード&スターン>マーク・スターン氏 ネクタイをはじめマフラーやシャツ、ポケットチーフなど、英国ならではのエレガントでリッチなスタイルが継承されたロンドンを代表する<シーワード&スターン>。<ターンブル&アッサー>で経験を積んだマーク・スターン氏と、長くネクタイ業界で活躍してきたゲイリ

  • 男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×ジャージー素材ジャケット
    2019.12.24 update

    男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×ジャージー素材ジャケット

    忘年会・クリスマス・同窓会などドレスアップのシーンも増える12月にご紹介するのは、関心度が高まってきている「ボウタイ」のVゾーン。メンズ館1階ドレスシャツ・ネクタイ担当のスタイリスト男女2名が、共通のスーツ・ジャケット3着を用いて女性目線、男性目線でVゾーンをご提案します。本企画ラストとなる3着目は、<T-JACKET/ティージャケット>のジャージー素材のブレザー風ジャケットを用いたコーディネート。最後にネクタイ派の方に向けてネクタイルックもご用意しました。3パターンのパーティースタイルをお楽しみください

  • 男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×チャコールグレースーツ
    2019.12.20 update

    男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×チャコールグレースーツ

    忘年会・クリスマス・同窓会などドレスアップのシーンも増える12月にご紹介するのは、関心度が高まってきている「ボウタイ」のVゾーン。メンズ館1階ドレスシャツ・ネクタイ担当のスタイリスト男女2名が、共通のスーツ・ジャケット3着を用いて女性目線、男性目線でVゾーンをご提案します。2着目は、<L.B.M.1911/エル.ビー.エム.1911>のチャコールグレーのスーツを用いたコーディネート。最後にネクタイ派の方に向けてネクタイルックもご用意しました。3パターンのパーティースタイルをお楽しみください。Ⅰ.女性スタイ

  • GUEST V-STYLE|<BARBA>ラファエレ・バルバ氏が提案するVゾーン3選
    2019.12.17 update

    GUEST V-STYLE|<BARBA>ラファエレ・バルバ氏が提案するVゾーン3選

    毎回、旬なテーマを取り入れたVゾーンコーディネート術をご提案する「Vゾーンの流儀」。今回より不定期連載企画として、メンズ館に来店した各ブランドのゲストの着こなしや、Vゾーンコーディネート術をご紹介する。 今回のゲスト <バルバ>ラファエレ・バルバ氏 顧客のためのスミズーラのシャツやパジャマを作っていたアントニオ バルバ氏が1964年に創業したブランド<バルバ>。今ではイタリア本国はもちろん、世界中の主要デパート、セレクトストアで展開されている。ナポリらしい柔らかな仕立てが特徴的なジャケットのボタンホールや

  • 男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×グレー・ネイビースーツ
    2019.12.13 update

    男女のスタイリストが選ぶPARTY STYLE|ボウタイ×グレー・ネイビースーツ

    忘年会・クリスマス・同窓会などドレスアップのシーンも増える12月にご紹介するのは、関心度が高まってきている「ボウタイ」のVゾーン。メンズ館1階ドレスシャツ・ネクタイ担当のスタイリスト男女2名が、共通のスーツ・ジャケット3着を用いて女性目線、男性目線でVゾーンをご提案します。1着目は、<LARDINI/ラルディーニ>のグレー×ネイビーのソラーロ(ネイビー)のスーツを用いたコーディネート。最後にネクタイ派の方に向けてネクタイルックもご用意しました。3パターンのパーティースタイルをお楽しみください。

  • Q&A|関心度が高まっている「ボウタイ」。カジュアルスタイルのマインドでの選び方とは?
    2019.12.10 update

    Q&A|関心度が高まっている「ボウタイ」。カジュアルスタイルのマインドでの選び方とは?

    ネクタイより見た目がキャッチーでキャラクターが出やすいボウタイ(BOW TIE)を上手に活用していますか。「着用シーンで一番多いのはウエディングですが、最近はデニムシャツにボウタイを合わせたり、カジュアルな私服でも人気が高まってきています」と、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストの池内。忘年会・クリスマス・同窓会などドレスアップのシーンも増える12月に活用したい「ボウタイ」のQ&Aに答えます。 池内 啓介メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト。同担当6年目。「お客さまと

  • <Drake's/ドレイクス>|本国から100種類ものネクタイ生地をご用意!1日限りのオーダー会を開催。
    2019.12.07 update

    <Drake's/ドレイクス>|本国から100種類ものネクタイ生地をご用意!1日限りのオーダー会を開催。

    2019.12.14

    伝統的な柄を基調としながらも、意表をつくカラーやモチーフをミックスさせた斬新なデザインのネクタイで人気を博す<Drake’s/ドレイクス>が、ネクタイのパターンオーダー会を開催。メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは、12月14日(土)に本国より同ブランドのヘッド・オブ・セールスのクリス・ガムズ氏が来店し、お客さまのパーソナリティに合わせたアドバイスを行う。   関連記事 【インタビュー】<ドレイクス>マイケル・ヒル|ロンドンの中心で手縫いされる<ドレイクス>のタイには伝統と革

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.01.15 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選
2020.01.15 update

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選

年が明けてから暖冬というニュースが目につくが、暦の上の立春を過ぎれば、寒さの中にも暖かい日差しを感じる日々が到来する。そんな春の到来を待ちつつも、着々と準備を進めておきたいのが大人の装い。ボリューム感のある冬のダウンコートや中綿のコートを脱いで、肌寒さの残る時期でも着られる春のレザーアウターをチョイスした。 春を感じながら軽快に着こなす、2020年春のレザーアウターが到着 実力を誇る名だたるレザーブランドが技術を駆使して仕上げた、軽くて薄い、やわらかな風合いの春のレザーアウターは、それぞれブランドならでは

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の