イセタン羽田ストア(メンズ)|2019年8月イベント情報

羽田空港国内線第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルのゲート内にある、イセタンメンズのプロデュースによる編集ショップ「イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル1」と「イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2」。各ストアならではのイベント情報をチェックして、フライト前のひと時をお楽しみください。


►イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル1


 


<MARNI×PORTER
/マルニ×ポーター>
#13 COLLECTION ポップアップショップ

■7月31日(水)~8月20日(火)

父親、働く男性、子供と過ごす週末。そんな日常を過ごす男性の、オンとオフを演出する為のコレクション。
<ポーター>の中でも人気の高いヘルメットバッグの特徴的なポケットを、新型バッグのフロントに取り入れました。
何かと荷物の多い出張や、お子様との外出時に手が繋ぎやすいように、ハンズフリーになる肩掛け可能なバッグが中心の構成です。
ボンディング加工を施したしなやかなナイロンツイルに、落ち着いた色味のネイビーと、オリーブの、2色の展開をしています。 

*画像の中央・右のバッグは8/7(水)より発売いたします。



<LANZZO/ランツォ>ポップアップショップ
■7月31日(水)~8月20日(火)

スタイリングとライフスタイルの向上を追求し、旅に出る人のためにつくられたイタリア発のスーツケースブランド<ランツォ>。自動車メーカーの製造背景を活かした、ボディの強度、ネジの巻き方などノウハウをそのままスーツケースづくりに活かしています。
業界最高標準ともいえる日本製の高強度アルミマグネシウム合金プレートを使用し、<ランツォ>のシームレスや曲線美につまった最新テクノロジーは、持つ人に優美さと快適性をもたらします。

 

<CAVENDISH/キャベンディッシュ>
■8月21日(水)~9月10日(火) 

今も昔も高級品店が立ち並ぶ、英国ジャーミンストリートに佇む「キャベンディッシュホテル」。その気品あふれるサロンに集う、一流の紳士達が身に着けている上質かつベーシックなアイテムにインスパイアされ誕生しました。
100年以上続く日本最古の革工房で、職人達がひとつひとつ一級品とされる薄造りの技法を用いて作りあげる、しなやかで美しい革小物コレクションを展開。 0.4mmの極限にまで薄く漉いた革を貼り合わせ、さも一枚の様にみせる上品な仕上がりと、菱針を使用した細かいステッチワークには熟練の技術が光ります。
手間と時間をかけた、随所に見せるこだわりや、見えない細かな部分まで作りの良さを感じられる製品を提供しています。


<CROOTS/クルーツ>
■8月21日(水)~9月10日(火)

英国ハンティング会社「Hull cartridge company 」の代表で名を馳せたジョン・クルーツは、「最高級の素材と熟練した英国職人の技が息づく、不朽の美しさを持ったスポーツラゲッジを作りたい」という想いのもと、自宅を工房に妻と二人でハンドメイドの鞄を作り始めます。
現在は同氏の意思を継承しながらも進化を続け、ハンティングだけにとどまらずファッションのフィールドからも高い評価を受けています。
近年は、頑丈なゴム引き生地に、高品質なレザーを組み合わせた新しいコレクションを発表し、モダンながら伝統を感じる新製品の開発を重ね、新たな魅力を提供し続けています。
 



<H6/エイチ シックス>

■8月21日(水)~9月10日(火)

熊本県人吉市にあるシャツファクトリーHITOYOSHI株式会社。白いシャツをキャンバスに
たくさんの想像をしながら自分たちの着たいシャツを創ります。
あの素敵なレストランに着て行きたいシャツ、あのストールに合わせたいシャツ、妄想と実験を重ねて
<エイチ シックス>を立ち上げました。基本の色、初めの一歩は白にこだわって踏み出しております。
 

▶伊勢丹オンラインストアはこちら

【お知らせ】
イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2は、羽田空港第二旅客ターミナルの改装に伴い、2019年1月28日(月)より一時、営業を休止させていただきます。尚、2020年4月(予定)に同ターミナル内にてリニューアルオープンいたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

イセタン羽田ストア(メンズ) ターミナル1
■羽田空港 国内線 第1旅客ターミナル2階 ゲートラウンジ(北) 15番搭乗口付近
*第1旅客ターミナル発着の搭乗券をお持ちのお客さまにのみが、ご利用いただける店舗です。
*店舗は飛行機にご搭乗のお客様のみがご入場いただける、ゲートラウンジにございます。
■午前8時~午後8時 *年中無休(羽田空港 国内線 第1旅客ターミナルに準ずる)
■お問い合わせ:03-5757-8700(直通)