ページトップへ
CLOSE
  • フレンチマニファクチュール<PEQUIGNET/ペキニエ>のCEOが来日する新作先行受注会を開催
    2019.03.30 update

    フレンチマニファクチュール<PEQUIGNET/ペキニエ>のCEOが来日する新作先行受注会を開催

    2019.04.13

    フランスで唯一、完全オリジナルのムーブメントを持つ独立系マニファクチュール・ウオッチメーカーである<PEQUIGNET/ペキニエ>。今回、伊勢丹新宿店で開催する『フランスウィーク』に合わせ、本館4階=ジュエリー&ウォッチでは、4月13日(土)にフランス本国より<ペキニエ>社CEOであるダニ・ロワイエ氏が来店。「リューロワイヤル サフィア」の先行受注を承る。 魅せるデイデイト機構の「リューロワイヤル サフィア」 2006年より開発をスタートし、僅か5年後の2011年に驚異のスピードで発売に至った<ペキニエ>

  • <パルミジャーニ・フルリエ>|新たなダイヤルで蘇る!「SIHH2019」で発表されたばかりの新作が登場
    2019.03.23 update

    <パルミジャーニ・フルリエ>|新たなダイヤルで蘇る!「SIHH2019」で発表されたばかりの新作が登場

    神の手を持つとも称される時計師であるミシェル・パルミジャーニ氏。複雑時計やオートマタなど、過去の名品の修復で培った彼の美意識を体現しているのが、1996年に誕生した<パルミジャーニ・フルリエ>だ。ムーブメントからケース、針にいたるまですべてを製造することが出来るよう、大手のグループに属さずに有能なサプライヤーを統合。これにより、ミシェルの発想を生かした自由な創造による時計が生み出されている。本館4階=ジュエリー&ウォッチでは、3月より<パルミジャーニ・フルリエ>がブランドラインナップに加わった。今回は同ブ

  • <PANERAI/パネライ>|新しい「サブマーシブル ブロンゾ」が定番コレクションとして登場
    2019.03.20 update

    <PANERAI/パネライ>|新しい「サブマーシブル ブロンゾ」が定番コレクションとして登場

    2010年、ブロンズ製のケースをもつダイバーズウオッチを誕生させ世界を驚かせた<パネライ>。このたび、その伝説的なクリエイションから派生し、新しいインスピレーションによって強化されたユニークな個性を発揮する「サブマーシブル ブロンゾ」が誕生。新たな定番モデルとしてラインナップに加わる。本館4階=ジュエリー&ウォッチ/パネライでは、3月20日(水)から同モデルをいち早く展示するとともに、ご予約を承り中。年間生産数を制限するモデルとなるので、ぜひこの機会をお見逃しなく。 「サブマーシブル ブロンゾ」 1,9

  • <MAURICE LACROIX/モーリス・ラクロア>|ファーストウオッチを選ぶなら「アイコン」シリーズを!フレッシャーズフェア開催
    2019.03.15 update

    <MAURICE LACROIX/モーリス・ラクロア>|ファーストウオッチを選ぶなら「アイコン」シリーズを!フレッシャーズフェア開催

    2019.03.20 - 2019.04.23

    1975年よりオリジナルの機械式の時計製造に着手し、優れたデザインと高い技術力により、コストパフォーマンスが高いモデルを提供している<モーリス・ラクロア>。伝統と革新を掲げ、比較的手の伸ばしやすいモデルから、自社ムーブメントを用いたマニファクチュールコレクションまで幅広いラインナップを揃えている。3月20日(水)から本館4階=ジュエリー&ウォッチで開催する<モーリス・ラクロア>フレッシャーズフェアでは、2016年の登場から高い評価を得る「アイコンオートマティック」をご購入の方に、純正のストラップをプレゼン

  • 少数生産の独立ブランド!グラスヒュッテの新鋭<MORITZ GROSSMANN/モリッツ・グロスマン>の時計とは
    2019.03.02 update

    少数生産の独立ブランド!グラスヒュッテの新鋭<MORITZ GROSSMANN/モリッツ・グロスマン>の時計とは

    これまで、メンズ館8階でご紹介してきた拘りのメンズウオッチ。今年2月からは、本館4階=ジュエリー&ウォッチに場所を移設し、より充実したラインナップが一堂にご覧いただける環境が整った。 今回、そんな豊富なブランドラインナップから、ドイツの新鋭<モリッツ・グロスマン>にクローズアップし、その魅力に迫る。 19世紀に活躍をした時計師、モリッツ・グロスマン。ドイツ時計学校の設立に尽力をつくすなど、グラスヒュッテにおける時計産業の歴史的な人物として記憶されてきた。 2008年、そんな歴史の中に埋もれて

  • 美しい“青色”に魅了される!メンズウオッチで手にしたいのは<GRAND SEIKO/グランドセイコー>のブルーコレクション
    2019.03.01 update

    美しい“青色”に魅了される!メンズウオッチで手にしたいのは<GRAND SEIKO/グランドセイコー>のブルーコレクション

    2019.03.01 - 2019.04.02

    <グランドセイコー>といえば“ブルー”をイメージさせるほど、バリエーション豊かな青色ダイヤルやテンパー針など、とても美しく魅力的な青色で彩られた腕時計を豊富に打ち出している。3月1日(金)から本館4階=ジュエリー&ウォッチ/グランドセイコーでは、「ブルーコレクション」と題し、<グランドセイコー>が描く多彩な“ブルー”が特徴のコレクションを期間限定でご紹介する。 「SBGA377」 615,600円 SSケース:直径41mm、10気圧防水、自動巻スプリングド

  • ドイツ時計<ノモス グラスヒュッテ>のこだわりに迫る!期間限定スペシャル企画にもご注目を
    2019.02.27 update

    ドイツ時計<ノモス グラスヒュッテ>のこだわりに迫る!期間限定スペシャル企画にもご注目を

    ドイツにおいて、デザイン、芸術、建築など大きな影響を与えたバウハウス。今年創設から100年を迎えるが、デザインと機能性を融合した<NOMOS Glashutte/ノモス グラスヒュッテ>もそんなプロダクツのひとつといえる。現在本館4階=ジュエリー&ウォッチでは、<ノモス グラスヒュッテ>のラインナップを豊富にご紹介するとともに、4月21日(日)までの期間、<ノモス グラスヒュッテ>の時計をご購入の方には純正Dバックルをプレゼントするフェアを開催中。この機会に、同ブランドの“こだわり&rdquo

  • <TUDOR/チューダー>から日本初上陸の新モデル「ノースフラッグ」が登場!
    2019.02.23 update

    <TUDOR/チューダー>から日本初上陸の新モデル「ノースフラッグ」が登場!

    <ROLEX/ロレックス>の創立者、ハンス・ウイルスドルフが1926年にスタートし、2018年10月に日本上陸を果たした<チューダー>。60年以上にもわたるダイバーズウオッチの歴史を結集した「ブラックベイ」をはじめ、本格ダイバーズウオッチ「ぺラゴス」、かつてコレクターたちが熱狂的に愛したモデルからインスパイアされたスポーツウオッチ「ヘリテージ」など、ブランドを代表するコレクションを多彩に展開する。そんな<チューダー>のコレクションに、3月1日(金)から日本未上陸だった新モデル「ノースフラッグ」が仲間入りす

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN WATCHES
2020.10.31 update

ISETAN WATCHES

世界の名だたるハイエンドブランドからお求めやすいブランドまで、伊勢丹が厳選した約70ブランドの時計が結集。時計を楽しむ愛好家やユーザーを主役に、最新作をはじめ、ディテイルに拘りを持つ時計や機械式時計の魅力を代表する複雑機械式時計、華麗なジュエリーウォッチ、時計の魅力を広げる異分野とのコラボレーションなど、時計文化の豊かさも存分に味わうことができる。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】モデル・写真家/服部恭平|日常の中の人とモノの関係性を作品に写し出す
2020.10.30 update

【インタビュー】モデル・写真家/服部恭平|日常の中の人とモノの関係性を作品に写し出す

ブックストア「flotsam books/フロットサムブックス」 と、モデル・写真家として2つの顔を持ち活躍する服部恭平さんとのコラボレーションイベントを、伊勢丹新宿店メンズ館2階メンズクリエーターズ/パビリオンにて11月4日(水)より開催。本イベントでは、服部さんが独自の視点で「flotsam books」からセレクトした本をはじめ、自身の写真集やポスターなどの作品展示、またメンズクリエーターズからスタイリングしたルックを撮影したオリジナルファッションムービーをご覧いただける。 ファッションモデル

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.