カビ・水濡れへの対策方法

■カビ発生の予防



汚れをそのままにしておくと、カビの発生に繋がってしまう可能性があります。
対策方法としては、ブラシでホコリをよく払い、型くずれしないよう太いハンガーに吊るして、風通しの良い日陰に干ししましょう。直射日光を当ててしまうと、日焼けしてしまい色あせや乾燥に繋がるので避けましょう。

■水濡れへの対策



急な雨などにより水に濡れてしまった場合は、クロスで濡れた部分を丁寧にふき取り、太いハンガーにかけ形を整えてから陰干しをして乾燥させましょう。この際に、強く擦ったりドライヤーなどの熱風を当てて乾燥するのは、皮革を極度に乾燥させてしまい、ひび割れや退色の原因になるので避けましょう。

完全に乾いたら、①クリーナーで汚れを落とす、②クリームで保革する、③ブラッシングする、④防水スプレーを吹きかける。この4つの順番でお手入れを行うことで、乾燥やカビの発生を未然に防ぎましょう。
いずれのお手入れも、表から見えにくいジャケットの内側などでシミにならないことを確認してから行いましょう。



<コロンブス>レザーキュア カビ用ミスト 1,320円
商品を見る
 

長期保管する場合

次のシーズンに着ようと思ってクローゼットから出したところ、カビが発生していたという苦い経験は避けたいもの。長期保存する場合は、カビなどの原因となる汚れをしっかり落とし、日の当たらない、風通しの良い場所に保管しましょう。 さらに、一連のケア方法に加えて、最後の仕上げにカビの発生を防ぐミストをかけてから、保管するのがおすすめです。

*表から見えにくいジャケットの内側などでシミにならないことを確認してから行いましょう。


もし、自分では取り除けないシミやカビが発生してしまったら、皮革のお手入れに精通している設備・技術のあるクリーニング店へ相談ください。



その他のお手入れ方法はこちら
  1. 日常の基本的なお手入れ
    1. ■スムースレザーの場合
    2. ■スエード(起毛革)の場合
  2. 長期保管する場合
  3. デリケートクリームと、ミンクオイルの違いについて

注目記事