デザイナー尾崎雄飛さんと歩く「秋のメンズ館」#1|リモデルした7階が「コーディネートが見える」フロアになった!

シーズン恒例になったファッションの達人との「メンズ館散歩」。この秋は、ファッションブランド<SUN/kakke/サンカッケー>を手がける尾崎雄飛さんが登場。今回は、この散歩で見つけたアイテムをミックスした尾崎流ミックスコーデも公開します!このコーデと共にメンズ館散歩をお楽しみください。


関連記事はこちらから



尾崎雄飛|Yuhi Ozaki
1980年、愛知県生まれ。2001年より大手セレクトショップのバイヤーとして勤務後、07年に<フィルメランジェ>を立ち上げる。11年に独立し、フリーランスのデザイナーとして様々なブランドのデザインやディレクションを手がけた後、12年に自身のブランド<SUN/kakke/サンカッケー>をスタート。ノンジャンルな作風でコアなファンを獲得している。http://sunkakke.jp/


散歩テーマは、「尾崎さんが今着たいミックスコーデづくり」


アパレル業界人の中で“変態”と呼ばれるのは褒め言葉ですが、尾崎さんはまさに変態中の変態。ドレスからカジュアル、クラシックからモード、ストリートまでを縦横無尽に着こなし、さらに興味があるオーダーメイドには果敢にトライするという好奇心旺盛な達人です。

秋のメンズ館散歩は、これまでの既成概念にとらわれない尾崎さんならではの“メンズ館串刺し”のミックスコーデ探しに行きます。まず、リフレッシュオープンした7階=オーセンティックウェアは尾崎さんの目にどう映るのか……。


▶<カナタ>のセーターを使った尾崎流ミックスコーデを見る


鮮度の高いアメカジの着こなし方を語る


7階が雰囲気もガラッと変わって新しくなりましたね。レイアウトも商品も変わって洗練された感じを受けました。<ポロ ラルフ ローレン><ブルックス ブラザーズ>の大御所アメトラブランドがドンと構えていますが、ひとクセある<オルテガ>や王道の<リーバイス>などはきちんと揃っていて、僕には「コーディネートが見える」売り場に感じました。

僕のファッションの中心は“アメカジ”です。いつも絶対に選ぶし、<ブルックス ブラザーズ>もよく着ます。でも、「アメリカの人はこう着ていたな」というのをなぞるだけでは今の鮮度が出ません。
例えば、デザイナーズブランドと組み合わせるとオーセンティックなアイテムの見え方が変わりますし、僕は「あり得ないブランド同士をどうくっつけるか」ばかり考えていますね(笑)。


<オルテガ>のベストはこれでもかってくらい持っています。秋になるとベストを加えるのは僕の定番で、<オルテガ>のインディアンベストは見つけると必ず買ってしまいます(笑)。
セレクトショップに入社した頃、<アナトミカ>の着こなしに憧れていて先輩に話していたら、<エミスフェール>というセレクトショップが提案したスタイルだということを知りました。当時のセレクトショップでは定番の着こなしだったんですが、いつしか自分に染みついてしまったんですね。

NEXT>自分のサイズに囚われず、大きいサイズ「スーパーメンズ」も覗いてみよう