2018.10.02 update

【特集】<PADRONE/パドローネ>の革靴が売れている理由とは? 売上ナンバー1販売員がその秘密を解説。

東京発の人気靴ブランド<PADRONE/パドローネ>に三越伊勢丹別注モデル2型が登場!これまで数々の別注を仕掛けてきた紳士靴担当アシスタントバイヤーの宮下と、売上ナンバー1販売員の塚原が<パドローネ>の人気の秘密を改めて解き明かしていく。

  1. コスパの裏に隠された職人技、オンオフ問わず支持される<パドローネ>の革靴とは?
  2. 革靴なのに“スニーカー感覚”で履ける理由
  3. "雨の日も快適に"人気No.1モデルの別注が登場
  4. 【SNAP】合わない服がない?!<パドローネ>を纏ったコーディネート

 


メンズ館地下1階=紳士靴担当アシスタントバイヤーの宮下(写真左)と、売上実績No.1スタイリストの塚原(写真右)

コスパの裏に隠された職人技、オンオフ問わず支持される<パドローネ>の革靴とは?


宮下
<パドローネ>の靴は、素材、木型(ラスト)、デザイン、仕上げのそれぞれに語れる部分がありますが、最近はビジネスシーンでも<パドローネ>を履く人が増えていて、“ビジネスカジュアルの雄”としての人気も高まっています。
塚原 <パドローネ>のベストセラーは、「7358‐2001」というプレーントゥシューズですが、トゥ部分にクセ付けを施したデザインが、ブランドの一つの特徴ですね。


宮下 このデザインのおかげで歩行の時に靴の先端部分が地面に当たらないのでつまずきにくく、踵(かかと)が軽く上がるので、とても軽く感じるという実用面でのメリットもあります。
塚原 ひと目見て<パドローネ>だとわかるデザインアイコンですね。私も愛用しています。
宮下 革靴なのに“スニーカー感覚”で楽に履けるので着用機会がとても多い。2年履いている<パドローネ>はアッパー(甲革)もいい感じにエイジングしてきました。
塚原 店頭でお客さまからよく尋ねられるのが、「×××(有名デザイナーズブランド)のOEM(委託生産)をしているブランドなんですよね?」という質問です。
宮下 確かに<パドローネ>は、×××のOEMを長年手がけていて、その経験が蓄積された木型は秀逸です。


塚原 販売していて、「足が痛い」などのお声はほとんどありません。
宮下 <パドローネ>は3種類の木型をメインに使っていますが、日本人の足の特徴を巧みに捉えて改良していて、前足部分はゆとりがあるのに、シューレース部分が低く設計されているので、紐を締めてしまえばしっかりとホールド感があります。とても秀逸な木型だなと履くたびに思いますね。
塚原 カタチもラウンドトゥなのにちょっとノーズが長い日本人好みになっています。

 

宮下 ドレッシー過ぎず、カジュアル過ぎず、合わない服がないのも<パドローネ>の魅力です。
塚原 若いお客さまに人気のカジュアルブランドだったのですが、最近は、「ビジネスでも履きたい」という方も増えてきました。

革靴なのに“スニーカー感覚”で履ける理由



宮下
<パドローネ>はとても履き心地の良い革靴ですが、その秘密は<パドローネ>オリジナル仕上げの「コンビ鞣(なめ)し」の革にあります。ベジタブルタンニン鞣しをベースに、薬品で鞣すクロム鞣しのメリットを合体。革の経年変化を保ちながら、強度もあって、履いているうちに馴染んでツヤが出てきます。
塚原 ベジタブルタンニン鞣しのみだとキズが付きやすいですし、耐久性も少し不安ですよね。
宮下 コンビ鞣しを採用していることで、革の耐久性が損なわれない程度に薄く仕上げられるので、それが軽さや柔らかさに繋がっています。また、仕上げのときにワックス加工で磨き上げているので、美しいツヤがある風合いも楽しめます。


塚原 <パドローネ>の革の雰囲気を好きになると、磨いて育てていきたくなりますよね。
宮下 非常に軽く、レザーソールですが返り(屈曲性)が良いのも特徴。ソールの糸もはっ水性のあるものを使用しているので、糸を伝っての水の侵入にも対策がなされています。

"雨の日も快適に"人気No.1モデルの別注が登場

 


左:シューズ「PX7358-2047-18c」34,560円
右:シューズ「PX7358-2046-18c」32,400円
*三越伊勢丹限定


塚原
<パドローネ>といえば、私も履いている「7358‐2001」が一番人気ですが、今回の「パドローネフェア」で別注2モデルが登場します。
宮下 メンズ館リモデル15周年も記念して、雨の日でもガンガン履けるゴム底仕様を三越伊勢丹別注で作りました。アッパーも木型も「7358‐2001」と同じですが、一つはボリューム感が楽しめる「ビブラムソール」で、もう一つはポストマン風に履けるリッジウェイソール仕上げです。


塚原
雨の日にも履けるゴム底仕様のものが欲しいという声が多い<パドローネ>にはぴったりの別注モデルが出来上がりました。
宮下 今回の「パドローネフェア」では、人気の高いワンサイドゴアブーツや、着脱が容易なバックジップ、サイドジップタイプもバリエーション豊富にラインナップします。
塚原 外側からはゴアが見えない内側ゴアのブーツは毎シーズン人気ですね。バックジップやサイドジップもスニーカー世代から「履きやすい」という声が多いです。
宮下 着脱がしやすいデザインが多いのも人気の理由の一つですね。また、今までは40~43のサイズ展開でしたが、店頭のお客さまの要望から人気モデルは、新たに「39」の展開をスタートしました。足が小さい方もぜひお試しください。
塚原 <パドローネ>はオールソール交換やファスナー交換などアフターケアが充実しているのもおすすめのポイントです。
宮下 12月には新たに別注2スタイルを加えたポップアップも予定しているので、そちらもご期待ください!

【SNAP】合わない服がない?!<パドローネ>を纏ったコーディネート



シューズ「PU7358-2001-11C」30,240円
ご購入はこちら



 
シューズ「PU7358-1232-17A」31,320円
ご購入はこちら
 



シューズ「PU7358-2001-11C」30,240円
ご購入はこちら



ブーツ「PU7358-1205-13D」33,480円
ご購入はこちら



シューズ「PX7358-2047-18C」34,560円
*三越伊勢丹限定




ブーツ「PU7358-1238-17c」33,480円
ご購入はこちら

 

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)