2017.03.14 update

【インタビュー】<スマイソン>トーマス・ダニエル氏|世界最高峰のステーショナリーの価値を高める“専属スタンパー”という仕事(1/3)

「1年間毎日付き合うダイアリーは、美しい佇まいを持つ<SMYTHSON/スマイソン>に決めています」というお客さまに好評をいただいたのが、メンズ館1階=革小物で昨年9月に開催した刻印サービス。期間中にノートやダイアリーを購入された方のほとんどが表紙に箔押しの刻印をオーダーされました。そのサービスを担当したのが、<スマイソン>スタンパーとして1年目、24歳のゴールドスタンパー、トーマス・ダニエル(Thomas Daniel)氏。初来日で大忙しだった彼に、「スタンパーの仕事」を伺いました。


関連記事
<スマイソン>|専門スタンパーの再来日が決定!期間限定で「刻印」をサービス


ボンドストリート本店に5人、全世界で15人いるスタンパー


英国王室御用達のステーショナリーブランド<スマイソン>のノートやダイアリーを愛用する人にお馴染みの刻印サービス。昨年9月からのメンズ館1階=革小物での<スマイソン>商品常設を記念して、トーマス・ダニエル氏が専用のスタンプ機を携えて初来日を果たしました。

――メンズ館でのスタンプサービスに指名されたとき、どんな気持ちでしたか?

日本での「GOLD STAMPING SERVICE」に指名されてとてもハッピーでした。初めての日本で、こんな機会をもらえたのは、会社が自分のことを認めてくれたと感じました。こんな素晴らしい機会を与えてくれたスマイソン社に感謝の気持ちでいっぱいです。


――なぜ<スマイソン>に入社したのですか?

まず、英国を代表するラグジュアリーブランドとして、とても素晴らしい商品を作っている。それも毎日使うことができるノートやダイアリーから、セレブリティが好む革小物やバッグなど高級なものまで、どれもおしゃれで機能的です。とにかく「いつも身近にある特別なモノ」という商品が好きです。

――<スマイソン>のスタンパーの仕事を教えてください。

フラッグシップストアのボンドストリート本店に5人、あと、ロンドン、パリ、香港、NYなど全世界で15名のスタンパーがいます。私はまだ1年目ですが、この仕事に就けたことを誇りに思っています。<スマイソン>のスタンプはとても大切な仕事なので、責任も感じています。