ページトップへ
CLOSE
  • スケルトンウオッチコレクション|時計のメカニカルな美しさを味わえる、選りすぐりのスケルトンウオッチをご紹介
    2016.03.30 update

    スケルトンウオッチコレクション|時計のメカニカルな美しさを味わえる、選りすぐりのスケルトンウオッチをご紹介

    2016.04.06 - 2016.04.19

    文字盤からムーブメントを覗くことが出来るスケルトンウオッチ。様々なエングレービングが施されたそのデザインは、ラグジュアリーな雰囲気を感じさせるとともに、機械式時計を手にする楽しみ、喜びを与えてくれます。メンズ館8階=メンズウオッチに揃うこだわりのコレクションから、身に着ける人にさりげなく個性をプラスしてくれる、選りすぐりのスケルトンウオッチをご紹介いたします。モダンなデザインが印象的なネオ・スケルトン<モーリス・ラクロア>「マスターピース・スケルトン」 669,600円手巻(自社製)、SS、ケース径43m

  • 独立系ブランド<HABRING2/ハブリング2>と<KUDOKE/クドケ>が作る、それぞれのセクターダイヤルモデル
    2016.03.12 update

    独立系ブランド<HABRING2/ハブリング2>と<KUDOKE/クドケ>が作る、それぞれのセクターダイヤルモデル

    1930年代の短い期間に製造された、円周と放射状のラインによるリズミカルな意匠…そのデザインは“セクターダイヤル”と名付けられ、美しさと稀少性から今もなお世界的に高い評価を得ています。そうした過去の名品を現代に甦らせるべく立ち上がったのは、二人の独立時計師。普遍的なデザインと特殊機構の時計作りを得意とする、オーストリアの本格機械式時計ブランド、<ハブリング2>のリチャード・ハブリング氏。そしてもう一人は、ドイツの時計師であり彫金師でもある、<クドケ>のステファン・クド

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2019.11.13 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
2019.11.13 update

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

<Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。 「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 合わせて読みたいおすすめ記