ページトップへ
CLOSE
  • 現在のリアルなトーキョーを世界に向けて発信する、クリエイティブな個性派3ブランドにフォーカス
    2018.09.01 update

    現在のリアルなトーキョーを世界に向けて発信する、クリエイティブな個性派3ブランドにフォーカス

    ますます加速するラグジュアリーストリートを軸に、クリエーションの醍醐味と喜びをストレートに味わえる個性豊かなコレクションが展開されるメンズ館2階=インターナショナルクリエーターズの秋冬。そんななかでもフレッシュなパーソナリティで異彩を放つ、トーキョー発信の3ブランドに注目してみよう。 左/<URU/ウル>ジャケット41,040円右/<HATRA/ハトラ>パーカ38,080円 支持者を増やし続ける、“血の通った”クリエーション   「居心地の良い服を作るユニセックスウェア・

  • 「スコティッシュ・イタリアン」の台頭で、英国トレンドがいよいよ本格化する!
    2018.08.29 update

    「スコティッシュ・イタリアン」の台頭で、英国トレンドがいよいよ本格化する!

    メンズスタイルのキーワードとして、よく聞かれる「ブリティッシュ」とは英国調の仕立て、素材、色柄などに総じて用いる形容詞だ。イタリアンクラシコと並ぶメンズスタイルの2大潮流だが、ここ数年台頭してきている「ブリティッシュ」が、今季も重要なトレンドキーワードとなっている。では、ここ数年続いた「ブリティッシュ」トレンドと今季は何が違うのか。明らかな違いとしていえることは、素材や色使い。英国においてもカントリーサイドの装いからインスパイアされているということだ。今シーズンのイセタンメンズは、英国紳士がかつて嗜んだハ

  • コートの新潮流は、"着丈長め"が今年的
    2018.08.15 update

    コートの新潮流は、"着丈長め"が今年的

    クラシックスタイルはストリートファッションやデザイナーズモードに比べて、ゆっくりと移り変わっていくものだ。だが、そのスピードは年々加速しており、ここ数シーズンは、ジャケットのアンコン化やパンツシルエットのテーパード化など、その変化は目に見えて著しい。メンズ館5階=ビジネス クロージングのバイヤー稲葉智大は、こう話す。「今年はコートのシルエットに変化が見られます。じつは2年ほど前からこの傾向は始まっていて、ピッティ・ウォモ(※世界最大級の紳士服展示会)でも顕著に見られていたのですが、今季は明確にトレンドとし

  • メッセージやストーリー性を伴って加速する、付加価値たっぷりなラグジュアリーストリート
    2018.08.13 update

    メッセージやストーリー性を伴って加速する、付加価値たっぷりなラグジュアリーストリート

    ストリートマインドたっぷりでありながら上質でラグジュアリーなカジュアルウエアに身を包み、セレブリティのような自由な意識と価値観を声高に主張する。そんなラグジュアリーストリートなスタイルの人気が本格化している。メンズ館2階=インターナショナルクリエーターズにラインナップされた注目ブランドの新作から、“ラグスト”の本質を探ってみたい。 ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   <LUV/ラヴ>デニムジャケット 92,880円 支持者を増やし続ける、&ldqu

  • ビッグシルエットで再認識する、オーセンティックの本質的価値
    2018.08.07 update

    ビッグシルエットで再認識する、オーセンティックの本質的価値

    時代を越えて愛されるモノを通して、その先にある新しいライフスタイルまでを提案するメンズ館7階=オーセンティック カジュアル。今季はヘリテージ、ワーク、ミリタリーといった普遍性、定番性をさらに強調しつつも、決して懐古主義的ではない独自の編集によって本質的な価値やリアルストアならでの魅力を追求。キーワードは、ストリートマインドあふれる自由な発想と“ビッグシルエット”だ。 ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   左:<キャプテン サンシャイン>ダウンジャケッ

  • ファッショニスタが待ち望んだデザートブーツの新機軸
    2018.07.30 update

    ファッショニスタが待ち望んだデザートブーツの新機軸

    90年代ファッションのリバイバルで注目を集める<Clarks/クラークス>のデザートブーツに念願のローカットバージョンが登場する。日本ではイセタンメンズのみの展開となる。 ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   <クラークス>シューズ「DESERT LONDON(デザート ロンドン)」23,760円 ヘビロテ確実な、ローカット   「夏場にも履けて、パンツはもちろん、ショーツにも合う。履くシーン、スタイルが飛躍的に広がるローカットへのアップデートはかねてリクエストし

  • 待望の<SAINT CRISPIN’S/サン クリスピン>のレディメイド
    2018.07.27 update

    待望の<SAINT CRISPIN’S/サン クリスピン>のレディメイド

    東欧を代表するルーマニアのビスポーク工房<SAINT CRISPIN’S/サン クリスピン>。そのプレタポルテのコレクションが満を持して登場する。 ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   シューズ 237,600円 シューズ 左・中:各237,600円、右:259,200円 *8月中旬より展開予定 繊細なシボ、有機的なパーフォレーション   繊細なシボ&ノルウィージャン・ウェルテッドのUチップや瀟洒なパーフォレーションをツートンで仕上げたフル

  • 争奪戦を制するのは誰だ!?<Hender Scheme/エンダースキーマ>と<FACETASM/ファセッタズム>の”ONE OF A KIND”
    2018.07.25 update

    争奪戦を制するのは誰だ!?<Hender Scheme/エンダースキーマ>と<FACETASM/ファセッタズム>の”ONE OF A KIND”

    未来に残る唯一無二の希少性や、モノの背景にある人物やストーリーなどにフォーカスを当てる特別企画「ONE OF A KIND」が、いよいよ9月19日(水)からメンズ館=各階に登場する。国内外の錚々たるブランドが参加を表明するなか、特に注目しておきたい日本人クリエイターによる大人気2ブランドの、正真正銘の”マスターピース”をピックアップして紹介しよう。 ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   レザージャケット「not riders jacket」356,4

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.01.20 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー
2020.01.20 update

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー

東京発のフットウエアブランド<YOAK/ヨーク>のポップアップが、1月22日(水)からメンズ館1階=紳士靴でスタート。ISETAN MEN'S netでは、毎シーズン恒例となったデザイナーの広本 敦氏へのインタビューを実施。広本氏が自身の旅からインスピレーションを受けて開発した新モデルや今シーズンの話を伺った。 アメリカを旅して生まれた、出張・旅行・遊びまでカバーする新作モデル 広本氏がアメリカ・サンフランシスコからポートランド、カナダのバンクーバーまで旅をして生まれたのが、待望の新作"JOURNEY"だ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の