2018.07.25 update

【2018年秋冬速報⑨】争奪戦を制するのは誰だ!?<Hender Scheme/エンダースキーマ>と<FACETASM/ファセッタズム>の”ONE OF A KIND”(1/2)

未来に残る唯一無二の希少性や、モノの背景にある人物やストーリーなどにフォーカスを当てる特別企画「ONE OF A KIND」が、いよいよ9月19日(水)からメンズ館=各階に登場する。国内外の錚々たるブランドが参加を表明するなか、特に注目しておきたい日本人クリエイターによる大人気2ブランドの、正真正銘の”マスターピース”をピックアップして紹介しよう。



 


レザージャケット「not riders jacket」356,400円
*9月19日(水)より展開

アイコニックなヌメ革の名作をパテントレザ―で


2010年にブランドが創設されておよそ8年。今や押しも押されもせぬ人気ブランドとして世界中で支持を集める<エンダースキーマ>を象徴する素材が、ナチュラルでイノセントなヌメ革だ。一口にヌメ革といっても<エンダースキーマ>では、カーフ、ホース、ゴート、ピッグなど、原皮の種類も仕上げも多彩に用意。常に研究開発を続けている。

そんな<エンダースキーマ>のヌメ革にこの秋、エナメル加工が施された「ナチュラルパテントレザー」が加わった。素朴で透明感のあるヌメ革とクリアで艷やかなエナメル加工のコンビネーションは、実に上品で洗練されて見え、定番化しつつあるヌメ革にもフレッシュな驚きを与えてくれる。


レザージャケット「not riders jacket」356,400円
シューズ「Guernica」66,960円
*9月19日(水)より展開


本企画では、タイムレスな人気を誇る名作、ライダースジャケット「not riders jacket」と、タッセル付きフルブローグシューズ「Guernica」という2型に、このパテントレザーを載せたスペシャルバージョンが登場。しかも各サイズ1点のみという極少展開とくれば、瞬殺されること間違いなしだ。買い逃しは致し方なし、だが見逃しは後悔必至ゆえに厳禁である。

NEXT>異素材ミックスが目を引く、<ファセッタズム>のMA-1