ページトップへ
CLOSE
  • 【インタビュー】30年以上手仕事でデザインと向き合う帽子ブランド〈キジマ タカユキ〉が愛され続ける理由
    2020.10.14 update

    【インタビュー】30年以上手仕事でデザインと向き合う帽子ブランド〈キジマ タカユキ〉が愛され続ける理由

    アトリエメイドの帽子ブランド〈KIJIMA TAKAYUKI/キジマ タカユキ〉デザイナーの木島隆幸さんは帽子作りを始めて30年以上に。トレンドだけでは終わらず、時代とともに変化しても長年愛され続けるデザインを追求しながらも、真摯に向き合ってきたモノづくりの制作工程はずっと変わらない。 今回約3年ぶり3度目のインタビューでは、初めて同ブランドのアトリエにお邪魔し、改めてモノづくりへの想いから、帽子作りの工程、2020年秋冬コレクションの新作、今後の展望についてお話を伺った。 三越伊勢丹オンラ

  • <Borsalino/ボルサリーノ>あなただけのオリジナルハットを…メンズ館8階にて、パターンオーダー会を開催!
    2020.08.14 update

    <Borsalino/ボルサリーノ>あなただけのオリジナルハットを…メンズ館8階にて、パターンオーダー会を開催!

    2020.08.19 - 2020.09.01

    1857年の創業以来、160年以上を経た今日でも創業時と同様の製法を守り続けている、イタリア帽子ブランド<Borsalino/ボルサリーノ>。8月19日(水)から9月1日(火)の期間限定で、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスにて、パターンオーダー会を開催します。 イタリア・アレッサンドリアの地にフェルト帽の芸術的職人だけを集めた工場を設立したことから、その歴史をスタートさせた<ボルサリーノ>。時代と共に職人技術に磨きをかけ、創業当時と同様に約7週間の手間暇をかけてハットが完成します。上質

  • <Tokio hat/トーキョーハット>|パンチングフェルトカスタムオーダー会をメンズ館8階で開催!
    2020.08.14 update

    <Tokio hat/トーキョーハット>|パンチングフェルトカスタムオーダー会をメンズ館8階で開催!

    2020.08.19 - 2020.09.01

    渋沢栄一氏により、1892年に日本初の製帽会社として創業し、日本での帽子文化発展の礎ともなった日本を代表する帽子ブランド<Tokio hat/トーキョーハット>。メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは、8月19日(水)から期間限定で“パンチングフェルト”カスタムオーダー会を開催します。 同ブランドでは、昭和初期に“サマーフェルト”と名付けた商品を発売していた歴史があり、当時からオールシーズン被れる帽子を提案していました。そして、その歴史を継承しながら現代風にアレンジした、“パンチングフェ

  • メンズ館8階リフレッシュオープン!!<BORSALINO/ボルサリーノ>をはじめとする国内外の人気5ブランドが登場!
    2020.03.03 update

    メンズ館8階リフレッシュオープン!!<BORSALINO/ボルサリーノ>をはじめとする国内外の人気5ブランドが登場!

    これまでメンズ館1階でご紹介してきた帽子コーナーが、2月19日(水)よりメンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスに移設され、リフレッシュオープン!日本初の製帽会社を起源とする<Tokio hat/トーキョーハット>をはじめ、イタリアの<BORSALINO/ボルサリーノ>と<DORIA1905/ドリア1905>、1676年創業の英国老舗<James Lock/ジェームスロック>、アメリカの<STETSON/ステットソン>の人気5ブランドが、メンズ館8階に登場です。 メンズ館8階=イセタンメンズ

  • 実は、帽子が敬遠されていた時代があった!?
    2019.07.04 update

    実は、帽子が敬遠されていた時代があった!?

    TODAY'S BELOVEED ITEMS Hat 頭に被る装身具の一つ。寒暖や落下物などから頭を保護する役割を持ち、大きく分けて「ハット(HAT)」と「キャップ(CAP)」の二種類がある。 ▶関連Q&A|夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法 信じられない読者の方も多いでしょうが、帽子がメンズファッションの舞台から遠ざけられていた時代がありました。1960年代から80年代にかけてで、当時の男性の頭のお洒落は専らヘアスタイルであり、それを隠す帽子は年寄りじみた存在として敬遠

  • 時代の変化と共に、担う役割が変化した“ハンチング”
    2019.06.28 update

    時代の変化と共に、担う役割が変化した“ハンチング”

    TODAY'S BELOVEED ITEMS Hat 頭に被る装身具の一つ。寒暖や落下物などから頭を保護する役割を持ち、大きく分けて「ハット(HAT)」と「キャップ(CAP)」の二種類がある。 ▶関連Q&A|夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法 19世紀半ばに原型が登場したとされるハンチングは、もともと英国の貴族の方々が読んで字のごとく狩猟をする際に被る帽子として考案されたものです。これが登場する以前は、狩猟の際にはシルクハットやボーラーハットのような硬い芯の入った帽子をヘ

  • パナマハットの『パナマ』の由縁をご存知ですか
    2019.06.22 update

    パナマハットの『パナマ』の由縁をご存知ですか

    TODAY'S BELOVEED ITEMS Hat 頭に被る装身具の一つ。寒暖や落下物などから頭を保護する役割を持ち、大きく分けて「ハット(HAT)」と「キャップ(CAP)」の二種類がある。 ▶関連Q&A|夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法 本文で書いた通りパナマハットの原料の「パナマ草(トキヤ草)」はパナマではなくエクアドルが原産。また、パナマハット自体もエクアドルで長年愛用されている帽子が原型です。ではどうして「エクアドルハット」ではなく「パナマハット」と呼ばれるの

  • 夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法
    2019.06.22 update

    夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法

    性別や年代に関係なく帽子、特に夏物の帽子は今日では長引く酷暑の影響もあり日常生活に欠かせないアイテムになりつつあります。その一方で、天然素材を使用したストローハットのお手入れが分からない、美しい形状を長続きさせるために知っておきたい取扱い方法などが知られていないのも実情です。そこで今回は、知っておくと必ず得をする夏の帽子にまつわるお話を服飾評論家の飯野 高広氏に伺いました。 帽子についての知っておきたい知識&お手入れ方法 *全て参考商品です。 「ハ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン羽田ストア」で。
2020.10.20 update

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン羽田ストア」で。

伊勢丹新宿店メンズ館のサテライトストアとしてオープンした「イセタン羽田ストア」。国内外をアクティブに飛び回るビジネスマンや、旅行や帰省などリラックスした時を過ごす方にむけ、上質で機能的なビジネスウェアから旬を楽しむシーズン雑貨まで、多彩なアイテムを取り揃えています。ラウンジを思わせる心地良い空間で、旅先に向かうお客さまのご要望に応じたお買い物と寛ぎの充実したひと時をご提供します。 【リニューアルオープンのお知らせ】 このたび、羽田空港 第2ターミナルの整備に伴い2019年1月より営業休止していたイセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2を、新たに出発ゲートラウンジの北側に場所を移して、2020年7月9日(木)にリニューアルオープンいたします。 【営業時間変更のお知らせ】 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当店では下記の通り営業時間を短縮させていただきます。 ■変更期間:2020年9月9日(水)~ 当面の間 ■変更後の基本営業時間:午前8時~午後7時 お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】メンズ館5階が提案するレザーアウター|レザーで愉しむ、最新ドレス・スタイリング
2020.10.23 update

【特集】メンズ館5階が提案するレザーアウター|レザーで愉しむ、最新ドレス・スタイリング

朝晩が寒くなり、今年はどんなレザーを着ようかな、どう着こなそうかなと思っている方も多いのでは・・・。伊勢丹新宿店メンズ館5階 メンズテーラードクロージングでは、今シーズン、レザーアウターのブランド数と価格帯のバリエーションを拡大。オンで着られるジャケットタイプから、人気のライダース、メンズ館ならではのアイテムまで豊富なラインナップは必見です!特に、ドレスシーンにレザーを上手く活用して、タイドアップなどで上品にコーディネートする方が増えています。今回は、定番、本格的、拘り満載の3つのテーマに合わせて、スタ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.