ページトップへ
CLOSE
  • 【第19回】ジューンブライドを盛り上げるゲストの装い
    2016.06.11 update

    【第19回】ジューンブライドを盛り上げるゲストの装い

    皆さんこんにちは。そろそろ傘の出番が本格化する季節になりました。6月と言えば「ジューンブライド」。諸説あるようですが古くはローマ神話まで遡り、この月に結婚すると幸せになれるのだとか。さて、今回はそんな夏の結婚式に向けた装いをご紹介いたします。まずはジャケパンコーディネートから。 結婚式にジャケパン…なかなか難しそうですが、例えば海外の結婚式。近年流行りのリゾート婚や、カジュアルな2次会など、堅すぎないシーンにはこのようなカジュアル要素がある装いがおすすめです。チェック柄のピークドジャケット、

  • 【第10回】日本一の生地産地 尾州の歴史
    2015.11.03 update

    【第10回】日本一の生地産地 尾州の歴史

    前回からご紹介している生地産地の尾州。この地方ではウールを使って生地をつくる以前から、農業はじめ織物を中心とした繊維産業が盛んであり、桑畑(養蚕の絹)、綿花畑(綿糸)に良い土壌があり、糸、織物の染色加工や仕上げ整理に適した水(木曽川)があったため、1200年以上前から、麻・絹・綿と時代にあわせて生地を生産していたという資料が残っています。そして明治時代の濃尾大地震で大打撃を受け、それ以降、綿に替わってウールを全国に先がけて採り上げられ、先人の方々のたゆまぬ努力で毛織物の「尾州」として全国に知れわたり、その

  • 【第9回】世界三大生地産地のひとつ、尾州地区
    2015.10.27 update

    【第9回】世界三大生地産地のひとつ、尾州地区

    みなさまこんにちは。突然ですが、尾州という生地産地はご存じでしょうか?愛知県の一宮市、稲沢市、津島市、江南市、 名古屋市と岐阜県羽鳥市を中心とした日本最大の毛織物産地で、国内生産量の8割を占めており、 イタリアのビエラ、イギリスのハダースフィールド、日本の尾州が世界三大生地産地と称されるほど世界的に知名度の高い生地生産地区です。 世界共通で良い生地産地の近くにあるものが“水”です。 イタリアのビエラはアルプス山脈の麓に位置し、良質な水のもとにはエルメネジルドゼニア・ロロピアーナ・カ

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2020.02.17 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】<バブアー><バラクータ>ほか、春のドライブシーンに重宝するアウターブランド10選
2020.02.17 update

【特集】<バブアー><バラクータ>ほか、春のドライブシーンに重宝するアウターブランド10選

寒さも徐々に和らぎ、春の訪れを感じる今日この頃――桜の開花に合わせたこの季節のドライブには、まだまだアウターは外せない。車での外出時に活躍する春アウターは、デザインはもちろんのこと、素材、機能にも拘りたいものだ。2月19日(水)にリフレッシュオープンを迎えたメンズ館7階=メンズオーセンティックでは、そんな春のドライビングシーンを快適に着こなせるアウターを豊富にラインナップ。今回は、大人が着るべき選りすぐりの10ブランドをピックアップした。 実力派ブランドならではのエレガントさが魅力の春アウター5選

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の