ページトップへ
CLOSE
  • 【春のイセタンサローネ メンズ(丸の内)】|「定番で良いモノがほしい、贈りたい」という声に応える肌着やフレグランスあります
    2016.04.23 update

    【春のイセタンサローネ メンズ(丸の内)】|「定番で良いモノがほしい、贈りたい」という声に応える肌着やフレグランスあります

    「ウイークデーは丸の内界隈のビジネスマンの来店が多いですが、皆さん、この街がとてもお好きですね。ふとした会話から街への想いが伝わってきます。また、土日になるとガラッと客層が変わるのも面白いですね」というスタイリストの感想が印象的な「ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ」。ギフトで人気のアンダーウエアやフレグランスをお教えします。メンズ館で人気の<包帯パンツ>、入荷しました「2月のバレンタインのときは、“チョコプラスワン”のギフトとして、ハンカ

  • 恋人への贈り物が必ず見つかる<イセタンサローネ メンズ>ガイド
    2015.12.24 update

    恋人への贈り物が必ず見つかる<イセタンサローネ メンズ>ガイド

    12月12日に丸の内にオープンした<イセタンサローネ メンズ>。店内は、「ビジネス」「カジュアル」「アクセサリー&サービス」の3つのゾーンに分かれ、約400ブランド、8000アイテムを取り揃えています。豊富なバリエーションのビジネス小物をはじめ、アクセサリー、雑貨など、丸の内らしく大人のニーズに応える贈り物を探して、モデルのシャウラさんにナビゲートしてもらいました。大切な恋人や家族、友人への贈り物。あるいは、一年間頑張った自分自身へのご褒美選びの参考にしてみてはいかがですか? 話題の<イセタンサローネ

  • <ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ> イセタンメンズが東京・丸の内に誕生! <イセタンサローネ メンズ>オープン速報(3)
    2015.12.07 update

    <ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ> イセタンメンズが東京・丸の内に誕生! <イセタンサローネ メンズ>オープン速報(3)

    2015.12.12

    日本伝統の雪花硝子越しの柔らかな光がラウンジのような空間に届いて、日本の伝統の良さと、今の新しさの両方を感じさせるファッションセレクトストア<イセタンサローネ メンズ>が、いよいよ12月12日(土)にオープン。和の精神性「おもあい」が随所に光る店舗は、上質なもてなしを体現。男性のライフスタイルのオンからオフまでを美しく演出します。左/<THOM BROWNE. NEW YORK/トム ブラウン ニューヨーク>スーツ 302,400円、シャツ 37,800円、タイ 24,840円、シューズ・チーフ・バッグ・

  • Fragrance Gallery | 視覚に訴える新しい香り選び
    2015.06.20 update

    Fragrance Gallery | 視覚に訴える新しい香り選び

    2015.06.24 - 2015.07.14

    2月に行われたフレグランスギャラリーの第2弾。香り選びをもっと楽しむために、今回はそれぞれのフレグランスが持つ“イメージ”を<ライカ>で撮影した写真で表現。期間中の週末には調香師によるフレグランスオーダー会などのイベントも。嗅覚と視覚を研ぎ澄まして”自分の分身”となる香りを見つけてみては… EVENT<MIRKO BUFFINI FIRENZE/ミルコ ブッフィーニ フィレンツェ>エグゼクティブマネージャーであるマルコ・マーリさんが来店し、香り

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」
2019.11.18 update

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」

『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー「Vゾーンの流儀」。ここでは、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由
2019.11.18 update

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由

ミリタリーウェアの機能性を日常的なカジュアルウェアへと落とし込み、“ガーメントダイ(製品染め)”という技法を考案したといわれる<C.P.カンパニー>。自社製品のファブリックに並々ならぬこだわりを見せるこのイタリアンブランドにおいて、“ファブリッククリエイター”という最重要職を担うステファノ・ポラト氏にインタビュー。<C.P.カンパニー>は他ブランドとどこが異なり、なぜ創設から半世紀を経てもなお“特別”であり続けられるのだろうか──。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。
2019.11.21 update

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。

メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。 その専任スタイリストの一人「カテゴリースペシャリスト」としてお客さまをご案内する関川 晃彦は、“カジュアル”を主に担当するイメージコンサルタントです。 ここでは、イメージコンサルタント関川の得意分野についてご紹介します。   イメージコンサルタント 関川 晃彦