ページトップへ
CLOSE
  • 【第2回】シャツとタイのバランスの整った“Vゾーン”を
    2018.01.29 update

    【第2回】シャツとタイのバランスの整った“Vゾーン”を

    新社会人は、4月から何をどう着る?――前回記事(スーツは、正しいサイズ感と好印象を与える生地を)でご覧いただいたように、フレッシャーズスタイルで、スーツを選んだら、次はシャツとネクタイです。メンズ館1階=ワイシャツ・ネクタイで、今年4月入社予定の2人を待ち受けるのは、自前で<ANNA MATUOZZO/アンナ・マトゥッツォ>の“13ポイント”フルハンド仕立てのシャツを誂えたスタイリストの花野です。   Vゾーンを制するものは好印象を制するという鉄則   就活時

  • Q.ネクタイのお手入れ方法や保管方法を教えてください
    2017.12.29 update

    Q.ネクタイのお手入れ方法や保管方法を教えてください

    スーツスタイルで最も個性を反映できるのがVゾーンと呼ばれる胸元の装い。今回は、そのVゾーンを作り上げる上で重要なネクタイのお手入れ方法や、保管方法についてご紹介します。お気に入りのネクタイほど痛みや汚れが気になってしまうもの。日頃のちょっとしたお手入れで、永く愛用していきましょう。 Q1. 今日からできる簡単お手入れ方法 Q2. シミなどの汚れが付着してしまった時の対処法 Q3. 毛羽立ち・捻じれが目立ってきた時の対処法 Q4. 収納スペースに合わせた3つの保管方法 お問い合わせメンズ館1階=ドレ

  • ファッションディレクター  大住 憲生×バイヤー 佐藤 巧
    2017.12.27 update

    ファッションディレクター 大住 憲生×バイヤー 佐藤 巧

    1980 年代にナポリのサルトリアとして、ネクタイづくりを開始したウルトゥラーレ。そのオーダーが日本でもたのしめるようになった。 左:ファッションディレクター 大住憲生おおすみ のりお●『Six』(ダイヤモンド社)のスーパーバイザー。森と都市のつながりを創出する株式会社モア・トゥリーズ・デザイン取締役、大学非常勤講師をつとめる。  右:シャツタイ・洋品雑貨 バイヤー佐藤 巧さとう たくみ●ドレスシャツ、ネクタイのバイイングに携わり8年。年4回ほど欧米に買い付けに赴き、日本人に合うシャツ・

  • イタリア人の発想と手仕事の味が凝縮した、<TIE YOUR TIE/タイ ユア タイ>の軽くフワッと巻ける名品
    2017.12.04 update

    イタリア人の発想と手仕事の味が凝縮した、<TIE YOUR TIE/タイ ユア タイ>の軽くフワッと巻ける名品

    運命のように出会って惚れ抜いたネクタイ1本から、それと相性の良いシャツを選べば、さらに上質なスーツを纏うようになる――メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーの「ラ コルタ アルティジャーノ(職人集団)」では、男を正しく美しく装う世界最高峰のブランドを展開。ネクタイはもちろん<タイ ユア タイ>の「セッテピエゲ=7つ折り」1本勝負だ。 <タイ ユア タイ>ネクタイ 各27,000円 しなやかに生きたい男たちへの最高の贅沢 イタリアのクラシックスタイルをこよなく愛する創業者フランコ・ミヌッチ氏により

  • <Drake's/ドレイクス>|ネクタイに加え、メンズ館初となるシャツのカスタムオーダーを承る1日限りのオーダー会を開催
    2017.11.20 update

    <Drake's/ドレイクス>|ネクタイに加え、メンズ館初となるシャツのカスタムオーダーを承る1日限りのオーダー会を開催

    2017.11.26

    メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは、伝統的な柄を基調としながらも、意表をつくカラーやモチーフをミックスさせた斬新なデザインのネクタイで人気を博す<Drake’s/ドレイクス>が、11月26日(日)にパターンオーダー会を開催。今回は、毎回ご好評いただいているネクタイのオーダーに加え、メンズ館では初となるシャツのカスタムオーダーも承ります。1977年にマイケル・ドレイク氏によって創業した<ドレイクス>は、ハイクオリティなウールやシルク、カシミヤ素材のマフラーやスカーフなど小物のコレクションか

  • Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」Drake's tie
    2017.10.21 update

    Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」Drake's tie

    今年も待ちに待った「おしゃれの秋」が到来。取り入れ方は十人十色でも、トレンドを意識することでおしゃれがグッと楽しくなるのはきっと誰もが同じはず―――。担当バイヤーのトレンド解説をチェックしたら、メンズ館1F=ドレスシャツ・ネクタイが提案する"旬なVゾーン"を参考に、今年も「おしゃれの秋」を満喫しましょう!クラシック回帰をテーマにお届けする今回のVゾーン。ダブルブレステッド、タブカラーのストライプシャツ、大柄のプリントタイと、今季のトレンドが盛りだくさんで仕上げました。シャツ、ネクタイ、ポケットチーフの色合

  • Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」NICKY tie
    2017.10.17 update

    Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」NICKY tie

    今年も待ちに待った「おしゃれの秋」が到来。取り入れ方は十人十色でも、トレンドを意識することでおしゃれがグッと楽しくなるのはきっと誰もが同じはず―――。担当バイヤーのトレンド解説をチェックしたら、メンズ館1F=ドレスシャツ・ネクタイが提案する"旬なVゾーン"を参考に、今年も「おしゃれの秋」を満喫しましょう!クラシック回帰をテーマにお届けする今回のVゾーン。トレンドを押さえつつ、様々なビジネスシーンに相応しいスタンダードな装いにまとめました。タブカラーシャツやペイズリー柄のプリントタイといった個性的なアイテム

  • <FRANCO SPADA/フランコスパダ>|本格セッテピエゲを自分好みに!ネクタイパターンオーダー会を開催
    2017.10.11 update

    <FRANCO SPADA/フランコスパダ>|本格セッテピエゲを自分好みに!ネクタイパターンオーダー会を開催

    2017.10.11 - 2017.10.17

    創業70年となる日本のネクタイ専門メーカーのファクトリーブランド<FRANCO SPADA/フランコスパダ>では、本格セッテピエゲのネクタイのパターンオーダー会を開催。10月11日(水)から、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにてご紹介いたします。裁断から縫製までの全工程を、日本トップレベルの京都の工房で熟練した職人による手作業で作り出す<フランコスパダ>のネクタイは、まさにMADE IN JAPANの真髄ともいえます。イタリア語で七つ折りを意味する「セッテピエゲ」は、通常のネクタイの約2倍もの生地を贅

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」
2019.11.23 update

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」

『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー「Vゾーンの流儀」。ここでは、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】三越伊勢丹女性社員が本音で語る、好印象なビズスタイル×革靴とは?
2019.11.23 update

【特集】三越伊勢丹女性社員が本音で語る、好印象なビズスタイル×革靴とは?

ビジネススタイルのカジュアル化に伴って、足元の靴の合わせ方にも変化が見られる時代に、最新"ビジカジ"はどのように見られるのだろう。そこで実例を上げて、「同僚・上司がこんなスタイルで出勤したらどう?」という質問を、三越伊勢丹の女性社員に聞いてみることにした。集まったのは、店頭、内勤と職種は様々だが、公私にわたってメンズファッションと触れる機会はある女子社員4名。対談に先立って、雑談程度に聞いてみたところ、みなさん常日頃から男性の靴はチェックしているのだそうで、そんなに足元ばかりじろじろ見ているの? と尋ねる

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?
2019.12.04 update

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?

自分に似合うカラー、TPOや目的に適した着こなし方はご存知ですか。 メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。     第一印象はたったの0.5秒で決まるからこそ、装いに自分らしさを   たとえば、会社の大切なプレゼンテーションの場に相応しいスタイル、セレモニーや記者会見に出席するためのコーディネート、婚活用の写真撮