ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】一枚でコーディネートが決まる「ハイゲージニット」、2019年のおすすめブランド9選。
    2019.09.29 update

    【特集】一枚でコーディネートが決まる「ハイゲージニット」、2019年のおすすめブランド9選。

    大人の男にはマストハブといってもいい「ハイゲージ」ニット。 薄くて軽いので、初秋から春先まで、長く着られて、1枚ではもちろん、気温や室温の“調節着”としても優秀。定番のクルーネックやVネック、今季注目のモックネック、冬に欠かせないタートルまで、早くもデザインとカラーバリエーションが豊富に揃う。今回は、この秋おすすめのハイゲージニット全9ブランドをセレクト。オフィスカジュアルが浸透する中、オン・オフ隔たり無く使えるものも多く揃うので、ぜひ気になった一枚は店頭でその良さを確かめて欲しい

  • 装いを愉しむ紳士に捧ぐ2日間限定フェス、”FUN TO DRESS”がメンズ館5階で開催
    2019.09.16 update

    装いを愉しむ紳士に捧ぐ2日間限定フェス、”FUN TO DRESS”がメンズ館5階で開催

    9月21日(土)と22日(日)の2日間、メンズ館5階=テーラードクロージングでは、"FUN TO DRESS(装いを楽しむ)"をテーマにした特別なイベントを開催。自分らしい装いを発見し、体験できるさまざまなモノやコト企画をご用意し、作り手と直接出会うことのできるオーダー会や普段目にすることのできないパフォーマンスが行われる。 ■関連記事・【特集】注目の秋アイテム、個性と装いを愉しむ "最旬名品" 7選 メンズ館5階に"PITTI IMMAGINE UOMO"を模したブランドブースが登場   毎

  • 【特集】ネクタイ&下着メーカーetcが作る "他とちょっと違う" 最新メンズ水着4選
    2019.07.09 update

    【特集】ネクタイ&下着メーカーetcが作る "他とちょっと違う" 最新メンズ水着4選

    この夏新たに水着を選ぶなら、、、ネクタイメーカーやアンダーウェアメーカー、ニットブランドなどが作る「他とちょっと違う」今季注目の水着をおすすめしたい。今回は、イタリア・ナポリのブランド<TIKI/ティキ>をはじめ、ネクタイやストールを展開する<SEAWARD & STEARN/シーワード&スターン>、ラグジュアリーな素材にこだわる英国老舗の<SUNSPEL/サンスペル>や世界最古のニットブランド<Drumohr/ドルモア>の4ブランドをピックアップ。プールサイドに映える派手柄水着から街着感覚で着こなせる上

  • 【特集】今、着たいニット⑧|世界最古のニットブランド<ドルモア>が丁寧に作る格上のカシミヤニット
    2018.11.12 update

    【特集】今、着たいニット⑧|世界最古のニットブランド<ドルモア>が丁寧に作る格上のカシミヤニット

    マフラー・コートと並んで冬の装いに欠かせないのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。 【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらから ニット 各41,040円 <ドルモア>の代名詞は、シームレスニット 1770年にスコットランドで創業した“最も古いニットブランド”として知られる<Drumohr/ドルモア>。現在はイタリア生産

  • <Drumohr/ドルモア>|ウールとは思えない肌触り!世界最高峰ウールを使用した新作ニットが登場
    2018.09.07 update

    <Drumohr/ドルモア>|ウールとは思えない肌触り!世界最高峰ウールを使用した新作ニットが登場

    2018.09.05 - 2018.09.18

    世界最古のニットブランド<ドルモア>から、カシミアの様な肌触りの新作ニットがお目見え。メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツにて紹介中だ。1773年スコットランドで創業した老舗ニットブランド<ドルモア>。世界で初めて継ぎ目のないシームレスニットを考案し、その柔らかな手触りと素晴らしい着心地を変えることなく今も受け継いでいる。現在ではイタリアに生産拠点を置き、伝統的な製法を継承しながらクラシックなテイストを崩さず、トレンドを取り入れ洗練されたコレクションを展開。その同ブランドが、2018年秋冬シーズンの新

  • <Drumohr/ドルモア>|英国の伝統とイタリアのエッセンスが紡ぐニットコレクション――2018年秋冬早期受注会を開催
    2018.01.24 update

    <Drumohr/ドルモア>|英国の伝統とイタリアのエッセンスが紡ぐニットコレクション――2018年秋冬早期受注会を開催

    2018.01.24 - 2018.02.04

    1月24日(水)から2月4日(日)までの期間、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツでは、老舗ニットブランド<ドルモア>による早期受注会を開催。メンズ館にて開催の「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN'S」に合わせ、2018年秋冬シーズンのコレクションをいち早くご紹介し先行受注を承ります。 メリノウール スーパージーロンラムズウール 1773年スコットランドで設立された<ドルモア>。世界で初めて継ぎ目のない「シームレスニット」考案し、その柔らかな手触りと素晴らし

  • 自分のファッションの原点「ジーンズ」を今年のご褒美に
    2017.12.18 update

    自分のファッションの原点「ジーンズ」を今年のご褒美に

    新しいスタイルとアイテムを求めて世界を飛び回り、モノにこだわるバイヤーが“自分のご褒美”として今年選ぶものは?――メンズ館5階=ビジネス クロージング担当バイヤーの山浦は、「それなら、7階へ行きましょう!」と<Levi’s®/リーバイス®>へ。「自分がファッションを好きになったルーツがデニムなんですよ」と、少年時代の話から始まって…。 自分の1本を探しにメンズ館7階へ   メンズ館5階を担当するようになって、イタリアブランドのス

  • バイヤーが厳選!「ニットの松竹梅」──選んだのはコーディネートの主役になれる、秋冬の推しニット
    2017.12.06 update

    バイヤーが厳選!「ニットの松竹梅」──選んだのはコーディネートの主役になれる、秋冬の推しニット

    メンズ館5階=ビジネス クロージング担当バイヤー山浦勇樹のセレクトの基準は、「新たなニットの着こなしの楽しみ方」の提案。今回は、ドレススタイルにフィットする“新しいインナーとしてのニット”をセレクト。同階で展開しているスーツやジャケットに合わせたい旬ニットが登場する。 着こなしの中で魅力を放つニットアイテム 今回の「ニットの松竹梅」は、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ担当バイヤー佐藤巧との共通テーマで、それぞれがニットをセレクト。「1階で取り扱っているニットは揺るぎないスタ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS
2019.12.07 update

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!
2019.12.07 update

【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!

紐靴からスリッポンへ、革靴からスニーカーへ、紳士の足元に変革期が訪れている。しかしそんな時代にこそ、革靴を履く意味を見出したいと、伊勢丹メンズ館は考える。革靴を履くことで、周りからどう見られ、履いている自分がどのような気分でいるのか。男の足元が革靴だと、何が変わるのか掘り下げていこう。 ■ ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!▼ 1. 紳士服&紳士靴バイヤーが考える靴選びの新時代▼ 2. ドレスシューズ新時代を牽引する革靴5選▼ 3. 三越伊

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?
2019.12.04 update

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?

自分に似合うカラー、TPOや目的に適した着こなし方はご存知ですか。 メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。     第一印象はたったの0.5秒で決まるからこそ、装いに自分らしさを   たとえば、会社の大切なプレゼンテーションの場に相応しいスタイル、セレモニーや記者会見に出席するためのコーディネート、婚活用の写真