ページトップへ
CLOSE
  • Vol.6 マーク・ヴァサーロ | ひたむきに捉えた花の影に、日本古来の美意識が宿る
    2019.06.13 update

    Vol.6 マーク・ヴァサーロ | ひたむきに捉えた花の影に、日本古来の美意識が宿る

    メンズ館2階=メンズクリエーターズのギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」で6月27日まで、日本在住の英国人写真家マーク・ヴァサーロの作品展「Emptiness is Form」を開催中だ。会場には、静謐の中に確かな鼓動を感じる、美しい花々のコレクションが陶芸作品とともに並ぶ。モノトーンの陰影から浮かび上がる、彼の創作意欲をかき立てた日本の美学とは? 静岡県の伊豆下田の白浜海岸沿いにあるスタジオで話を聞いた。 イベント情報 「Emptiness is Form」 □6月5日(水)〜6

  • 【特集】古き良き美徳から生まれた、「JOJO(ジョジョ)」という名のサンダルの秘密とは。
    2019.06.11 update

    【特集】古き良き美徳から生まれた、「JOJO(ジョジョ)」という名のサンダルの秘密とは。

    京都・祇園、世界遺産に指定される建仁寺にほど近い場所にて140年以上に渡り履物店を営む「祇園ない藤」といえば、すべてをお誂えで作る草履が思い浮かぶだろう。しかし今、ファッションの世界では、老舗ながらも気鋭な存在として名を馳せる一風変わった履物店として注目を浴びている。その正体は、"JOJO(ジョジョ)"。草履本来の美しく放物線を描く花緒や普遍的な機能性と構造美を新たなサンダルのカタチとして描き直したのだ。5月中旬、筆者は、京都市の歴史的意匠建造物にしてされ、創業時と変わらぬ姿を残すお店を訪ね、JOJOの発

  • 【特集】専属テーラーが語る、<BRIONI/ブリオーニ>至高のテーラーリング
    2019.06.11 update

    【特集】専属テーラーが語る、<BRIONI/ブリオーニ>至高のテーラーリング

    <BRIONI/ブリオーニ>は妥協のないテーラーである。常駐する専属テーラーは、一人ひとりの身体やライフスタイルに合わせた最前の提案を提供する。それは店頭でも自宅でも、オフィスでも、世界中どこにいても同じクオリティで供される。 <ブリオーニ>テーラー難波 賢 なんばかたし●1996年より銀座にある老舗テーラーにて7年間フルオーダーの補正からカッティング、縫製までを行う。2006年よりブリオーニ銀座店のテーラーとなり、補正の提案からVIPの対応までを行う。2017年10月より百貨店初のブランド専属テーラーと

  • Vol.3 ステファニー・クエール|英国・マン島に生まれ、育ち、暮らすアーティストが示す、クマとヒトとの優しい関係。
    2019.06.10 update

    Vol.3 ステファニー・クエール|英国・マン島に生まれ、育ち、暮らすアーティストが示す、クマとヒトとの優しい関係。

    去る5月14日(火)、5週にわたって開催され大盛況のうちに終了した「アートアップ」第3弾でフィーチャーされたアーティスト、ステファニー・クエール。だが東京・神宮前のGallery 38では、英国・マン島出身、大自然に触発された生命力みなぎる動物たちの造形作品を手掛ける彼女の、国内では2年ぶりとなる個展「Bear Nature」が開催中だ。この個展と作品たちに込められた思いを、作家自らが語ってくれた。 実は建築家志望だった、自然を愛する芸術家   英国屈指の芸術大学であるスレード・スクール・オブ・

  • 【特集】ヴィンテージアイウエアの常識をくつがえす、十人十色の楽しみ方。
    2019.06.08 update

    【特集】ヴィンテージアイウエアの常識をくつがえす、十人十色の楽しみ方。

    美しく、希少性が高いだけでなく、現代の実用に耐える状態のヴィンテージアイウエア、そして博物館級の歴史的価値を持つジュエリーばかりを世界中から選りすぐって紹介するショップが<SOLAKZADE/ソラックザーデ>だ。その圧倒的なコレクションと世界観が味わえるプロモーションが、ついに約5年ぶりに伊勢丹新宿店メンズ館で開催される。実弟・竜氏との二人三脚でこの唯一無二のショップを牽引する岡本龍允氏に、<ソラックザーデ>の理念やこだわり、イベントの見どころなどについて話を訊いた。 イベント情報 <ソラックザーデ>ト

  • 【特集】和魂"再生"洋才──東北発、<Samurai ALOHA/サムライアロハ>がベールを脱ぐ
    2019.06.07 update

    【特集】和魂"再生"洋才──東北発、<Samurai ALOHA/サムライアロハ>がベールを脱ぐ

    東北で生まれたアロハシャツ、<Samurai ALOHA/サムライアロハ>が話題だ。追い風に乗って6月にフランス・マレ地区のレクレルール、そして7月には伊勢丹新宿店と立て続けにポップアップショップがオープンする。CEOの櫻井鉄矢とクリエイティヴ・ディレクターのgon!が<サムライアロハ>にかける思いを語る。 <サムライアロハ>を運営する株式会社サムライアロハのCEO櫻井鉄矢さん(左)とクリエイティヴ・ディレクターのgon!さん(右)。 櫻井鉄矢の場合──2億着のタンス在庫と待機児童がつながった &nbs

  • Vol.4 AZU KIMURA/Saori Ohwada/Ginkgo Sisters|植物を愛し、植物に愛された気鋭アーティスト3名による華麗な共演
    2019.06.01 update

    Vol.4 AZU KIMURA/Saori Ohwada/Ginkgo Sisters|植物を愛し、植物に愛された気鋭アーティスト3名による華麗な共演

    今春のリニューアル以降、ますます注目を集めるメンズ館2階=メンズクリエーターズのギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」では現在、「THE BOTANIC GARDENS」と題し、植物や樹木をモチーフにアート活動を展開する3名の若手アーティストの作品を展示している。今回は出展者であるAZU KIMURA、Saori Ohwada、Ginkgo Sistersという個性豊かな3組にインタビューを敢行。植物を通じアートを表現するようになったきっかけから、今後のヴィジョンに至るまで幅広く訊いた。

  • 【インタビュー】ルーク・ゴダディンの洗練とユーモアが、1887年創業の老舗ブランド<SMYTHSON/スマイソン>にエレガントな革新をもたらす
    2019.05.15 update

    【インタビュー】ルーク・ゴダディンの洗練とユーモアが、1887年創業の老舗ブランド<SMYTHSON/スマイソン>にエレガントな革新をもたらす

    130年以上の歴史を誇り、世界中のセレブリティに愛される英国のステーショナリー&レザーグッズブランド<スマイソン>が、<バーバリー>で辣腕を振るったルーク・ゴダディンを新クリエイティブ・ディレクターに迎えた。偉大なヘリテージを継承し、さらなる進化と飛躍が期待される王室御用達ブランドの未来について、ゴダディン本人に直撃した。 創始者フランク・スマイソンのスピリットを、今こそ蘇らせたい。 英国を象徴する老舗ブランド<スマイソン>が、新時代に突入する。そのプロジェクトを牽引するのは、昨年2月に新クリエイティブ・