ページトップへ
CLOSE
  • 【インタビュー】<CLOUDY/クラウディ>銅冶勇人|作り手とお客さまと一緒に「チーム・クラウディ」の輪を広げていく
    2018.07.24 update

    【インタビュー】<CLOUDY/クラウディ>銅冶勇人|作り手とお客さまと一緒に「チーム・クラウディ」の輪を広げていく

    アフリカの民族の色柄、伝統の織、特産品などを中心に扱い、“アフリカンテイスト”を大胆に取り入れたアパレルブランド<CLOUDY/クラウディ>が7月31日(火)までポップアップを開催中だ。メンズ館地下1階=紳士肌着で披露されるのは、アフリカ・ガーナの象徴的な民俗柄の中でもモダンに映えるシャツや"ポケT"、ポーチなど、現地のファブリックを使用したものばかり。今回は、<クラウディ>を展開する株式会社 DOYA代表の銅冶勇人(どうやゆうと)氏にインタビュー。ポップアップ初日に来店した同氏に

  • 【インタビュー】 <AS2OV/アッソブ>富士松大智| プレイフルなライフスタイルに寄り添うバッグ&ギアブランド<AS2OV/アッソブ>の魅力とは?
    2018.07.13 update

    【インタビュー】 <AS2OV/アッソブ>富士松大智| プレイフルなライフスタイルに寄り添うバッグ&ギアブランド<AS2OV/アッソブ>の魅力とは?

    「カバンもヒトも、中身が大事」──そんなコンセプトのモノづくりを続けるブランド<AS2OV/アッソブ>をフィーチャーしたイベントが、7月18日(水)から26日(木)にかけて開催される。メンズ館地下1階=紳士鞄で披露されるのは、美しくも機能的なバッグやギアといったコレクションのみにあらず。仕事だけでなく趣味やレジャーもしっかり楽しむ、モダンジェンツのライフスタイルを充実させるアイデア、そして世界観が凝縮されているのだ。そんな<AS2OV>を展開するUNBY(アンバイ)株式会社の代表・富士松大智氏にインタビュ

  • 【インタビュー】アイウェアデザイナー 渡辺利幸|<BLANC/ブラン>のサングラスを全身鏡で見て選んでほしい理由(ワケ)
    2018.07.12 update

    【インタビュー】アイウェアデザイナー 渡辺利幸|<BLANC/ブラン>のサングラスを全身鏡で見て選んでほしい理由(ワケ)

    「アイウェアは小物だけど、スタイルを完成するために不可欠な名脇役なんです」──そう語るデザイナー渡辺利幸氏が手掛けるブランド<BLANC/ブラン>にフォーカスしたポップアップイベントが、7月11日(水)より22日(日)までメンズ館2階=インターナショナル クリエーターズにて開催される。今回は、同氏へのインタビューを敢行。「<ブラン>を選ぶときは、首から上だけで見るのではなく全身が写る鏡の前で“引き”で見て、トータルのスタイリングで、自分のスタイルにフィットしているかを判断してほしい

  • ヤツらのスタイルを叶える 「ルパン ザ テーラー」が登場
    2018.07.12 update

    ヤツらのスタイルを叶える 「ルパン ザ テーラー」が登場

    『ルパン三世』のスタイリッシュな世界観をファッションで表現する「ルパン ザ テーラー」が、伊勢丹新宿店の「#ルパンの夏祭り」に登場!中でも目玉となるルパンのジャケット、次元や銭形のスーツを手がけるのが、オーダーメイドブランド〈LA SCALA/ラ・スカーラ〉の山口信人。伊勢丹新宿店メンズ館4階のオーダーメイドの工房で腕を振るう気鋭のテーラーであり、『ルパン三世』という作品のファンでもあるという山口が表現する、ルパンたちのファッションスタイルに迫る。イベント情報 ISETAN×ル

  • 【インタビュー】<YOAK/ヨーク>広本 敦|シンプルさに「意味と理由」があるスニーカーブランド初の別注モデルが登場
    2018.07.04 update

    【インタビュー】<YOAK/ヨーク>広本 敦|シンプルさに「意味と理由」があるスニーカーブランド初の別注モデルが登場

    スニーカーブランド­<YOAK/ヨーク>のデザイナー広本 敦氏の足元は、3年間履いているというブランドのファーストモデル「ULYSE」。履き心地を訊くと、「時を経ても心地よく履けますよ」と一言。「ファッショントレンドは刻々と変わっていきますが、3年前のモデルも今の雰囲気に合わせられるデザインにしているのが<ヨーク>の特徴です」と広本氏。“ジャケットやシャツに合わせることを前提に作る”というブランド哲学のもと、「シンプルでかっこいい」デザインにこだわる<ヨーク>が、7月4日(

  • 【インタビュー】<ジ・ウォームスクラフツ マニュファクチャー>ヨネダヒロシ|コードバンが、わたしの未来を照らしつづけてくれた。
    2018.06.05 update

    【インタビュー】<ジ・ウォームスクラフツ マニュファクチャー>ヨネダヒロシ|コードバンが、わたしの未来を照らしつづけてくれた。

    1951年に姫路で呱々の声をあげたタンナー、新喜皮革を母体とするレザーグッズ・ブランドが <ジ・ウォームスクラフツ マニュファクチャー>だ。デザイナーのヨネダヒロシが語るブランドに込めた思いと、新喜皮革の凄み。イベント情報<ジ・ウォームスクラフツ マニュファクチャー>プロモーション□6月6日(水)~19日(火)□メンズ館1階=メンズアクセサリー関連記事:Masterpiece Makers──名品の担い手【新喜皮革】 伊勢丹オンラインストアで<ジ・ウォームスクラフツ マニ

  • おんな伊勢丹放浪記①──倉本康子が父の日にうってつけの酒とポロを選ぶ「乾杯ビール編」
    2018.05.30 update

    おんな伊勢丹放浪記①──倉本康子が父の日にうってつけの酒とポロを選ぶ「乾杯ビール編」

    『おんな酒場放浪記』(BS-TBS)の豪快な呑みっぷりで人気の倉本康子さん。あるときは下町の“酒”都、立石で呑んだくれ、またあるときはビートたけしも通った浅草の老舗、捕鯨船で呑んだくれ……しかしてその実体は、モデルで自身のブランドももつファッション畑のヒトなのです。というわけで、父の日の鉄板アイテム、お酒とポロシャツについて語っていただくのが当企画の趣旨。第1回は倉本さんにとって水代わり(笑)のビール。いつもより(笑)多めでお送りします。伊勢丹オンライ

  • 【イベントレポート】各業界のインフルエンサーがオーナーを務める一夜限定のサロン「B SALON」にクリエイティブユニットAmPmが登場
    2018.05.30 update

    【イベントレポート】各業界のインフルエンサーがオーナーを務める一夜限定のサロン「B SALON」にクリエイティブユニットAmPmが登場

    ビジネスパーソンに向けて機能的なアイテムを提案する、ニューヨーク発のバッグブランド<マンハッタン ポーテージ ブラック レーベル>が、各界のトップランナーを招き、お酒を片手にトークセッションを愉しむサロン型イベント「B SALON」がこの程、伊勢丹新宿店メンズ館で初めて開かれた。同ブランドの直営店を中心に開催され、通算で6回目を迎えた本イベントのゲストオーナーは、覆面クリエイティブユニット「AmPm」。音楽配信サービスSpotifyで作品を発表し、異例のスピードで世界的に知られるようになったデジ