ページトップへ
CLOSE
  • <ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>|機能と品質が高次元で融合──乗馬靴世界トップシェアを誇る名門による現代のアメリカ靴
    2018.10.19 update

    <ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>|機能と品質が高次元で融合──乗馬靴世界トップシェアを誇る名門による現代のアメリカ靴

    乗馬用品において世界一のシェアを誇る、知る人ぞ知るアメリカンブランド<ARIAT/アリアット>。そのライフスタイルレーベルとして2016年にデビューした<ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>がこの秋、革新的な進化を遂げ“再デビュー”を果たす。いよいよ10月17日(水)からメンズ館地下1階=紳士靴で開催される、期間限定のポップアップで明らかになるその全貌。ブランディングとディレクションを任されたグランドフリート社の伊藤和彦氏に、その魅力やポップア

  • 世界の一流バイヤーが猛プッシュする次世代スニーカー<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>
    2018.10.17 update

    世界の一流バイヤーが猛プッシュする次世代スニーカー<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>

    2015年のデビューながら、今はなきパリのコレット、ミラノのアントニオーリ、ニューヨークのキースなど、シーンをリードする海外の著名セレクトショップがこぞって買い付け、瞬く間に人気ブランドの仲間入りを果たしたフットウエアブランド<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>。今回は、デザイナーである太田圭輔氏にインタビューを実施。謎に包まれたニューカマーが、世界中で支持されているその理由とは?ふたりの血が混ざり合うような、セッションのごときクリエーション「フェスやキャンプ、野外でのアクティビティ

  • 【連載】帽子デザイナーインタビュー①<グリ オム>デザイナー 内山グリ|無意識に吸収したものの先に見えてくるデザイン
    2018.10.16 update

    【連載】帽子デザイナーインタビュー①<グリ オム>デザイナー 内山グリ|無意識に吸収したものの先に見えてくるデザイン

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具では、国内外の帽子ブランドの商品を多数揃えており、その中には個性溢れる日本人のデザイナーの帽子もご紹介しています。デザイン性に富んだものから、シンプルなもの、細部まで拘りが凝縮された一品まで。そして、その作品を手掛けるデザイナーの達も、帽子に対する想いや感性が魅力的な方ばかりです。今回、そんな帽子デザイナーの方々へのインタビューする全6回連載企画としてスタート。担当アシスタントバイヤー豊田は、「帽子という個性を表現できるアイテムだからこそ、デザイナーの”想い&

  • リフォームのプロに訊く、「洋服のお直し」の意義とその仕事
    2018.10.11 update

    リフォームのプロに訊く、「洋服のお直し」の意義とその仕事

    サイズが合わなくなってしまったり、デザインが古く思えてきたり...「気に入っているけど、今のシルエットではないなぁ」とまたクローゼットの奥に戻す――そんな経験は誰にでもあるはずだ。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーには、そういった洋服を"再生"するプロがいる。新しい「洋服のリフォーム」を提案するお直し工房の<SARTO/サルト>だ。©SARTO一般的な修理やお直しはもとより、体型をより美しく見せるためのサイズやパターンの補正、さらにはリメイクやカスタマイズといった洋服を再

  • 道具のように使ってほしい<graf lantz/グラフ ランツ>のバッグ
    2018.10.11 update

    道具のように使ってほしい<graf lantz/グラフ ランツ>のバッグ

    メンズ館地下1階=紳士鞄で扱っているLA発のバッグブランド<graf lantz/グラフ ランツ>のデザインを統括しているアメリカ人のダニエル・ランツ氏が来日。19歳の時に初めて訪れた外国が日本で、日本にも住んだことがあるランツ氏が、流ちょうな日本語でインタビューに応えてくれた。伊勢丹オンラインストアで<グラフ ランツ>の商品一覧を見るフェルト地のカラーブロッキングが魅力的なバッグバッグブランド<グラフ ランツ>は、エンジニアだったドイツ人のホルガー・グラフ氏とアメリカ人のダニ

  • 紳士靴担当バイヤーが語る、圧巻の進化を遂げた"ハイエンド"の全貌
    2018.10.05 update

    紳士靴担当バイヤーが語る、圧巻の進化を遂げた"ハイエンド"の全貌

    メンズ館地下1階=紳士靴に2005年に誕生したハイエンドコーナーが9月19日(水)、リニューアルオープンを果たした。売り場面積を拡充するのみならず、その品揃え、サービスの内容も円熟味を増した。世界に冠たるこの紳士靴フロアの進化の全貌を同担当バイヤーの福田隆史が明らかにする金箔と和紙を思わせる壁面で囲まれた、セミクローズドのコーナー。15㎡増の70㎡に拡充したハイエンドコーナーは“ジャパン”をテーマにした館全体のコンセプトに合わせ、かつてない紳士靴フロアへと脱皮した。「ハイエンドコー

  • 【インタビュー】島本亘|世界4位のシューメーカー
    2018.10.05 update

    【インタビュー】島本亘|世界4位のシューメーカー

    さる4月。ロンドンであらたに開催された「ワールドチャンピオンシップ イン シューメイキング」で名だたるシューメーカーを押しのけて4位に選ばれた。島本亘。あの深谷秀隆の一番弟子だ。弟子入りして10年目の来年をめどにデビューを目論んでいる。"世界一の靴職人"パトリック・フライ氏の作品を特別展示、「ワールドチャンピオンシップインシューメイキング」上位入賞靴がメンズ館に集結!イベント情報「ワールドチャンピオンシップインシューメイキング」エキシビジョン□10月3日(水)~9日(火)□メンズ館地下1階=紳

  • イセタンコスメンズ #⑬|<FIVEISM × THREE/ファイブイズム バイ スリー>ついに誕生、男の身だしなみとしてのメイクアップブランド
    2018.09.30 update

    イセタンコスメンズ #⑬|<FIVEISM × THREE/ファイブイズム バイ スリー>ついに誕生、男の身だしなみとしてのメイクアップブランド

    出かける前に鏡で身だしなみをチェックするように、顔にも自信をみなぎらせよう。朝起きて、洗顔、歯磨き、ひげ剃り、そしてこれからはメイクアップもプラス!――スキンケアに励む“美容男子”が当たり前になってきた今、次のアクションは、「身だしなみとしてのメイクアップ」。自分を格好良く見せる=センスアップにも通じる、化粧品業界初の総合メンズコスメブランド<FIVEISM × THREE/ファイブイズム バイ スリー>がついに9月19日(水)にデビュー。メンズ館1階=メンズアクセサリ