帽子が持っている“3つの役割”とは?


TODAY'S BELOVEED ITEMS

Hat

頭に被る装身具の一つ。寒暖や落下物などから頭を保護する役割を持ち、大きく分けて「ハット(HAT)」と「キャップ(CAP)」の二種類がある。
▶関連Q&A|夏の強い味方「帽子」の種類や正しく学んでおきたい取扱い方法



*全て参考商品です。

帽子の役割は、突き詰めてゆくと以下の3つに集約されます。

一つ目は「頭の保護」。暑さや寒さ、雨や日差し…… それにもちろん様々な障害物から人間の司令塔である頭を守ることの大切さは、誰しも一度は思い浮かぶでしょう。
次に「所属先の表示」。人間は起きている時には頭が一番上になるので、そこに自らの所属先を示しておけば他人がすぐに気付ける…… 単純ながら合理な発想であり、制服と結びつくのは当然の帰結です。
そして三つ目はもちろん「装飾・ファッション」の役割も有します。実は後の2つの役割のうち、どちらを重んじて来たかの違いが帽子のマナーの男女での違いに直結します。

男性の場合は「所属先の表示」であったことから、それをわざわざ示す必要性の薄い屋内では帽子は被らないのが今もってお約束。一方「装飾・ファッション」の要素を重んじて来た女性の場合は、帽子はトータルコーディネートに不可欠であるがゆえ、屋内でも着用が許されているわけです。
大事なシーンこそ、このようなマナーを守りファッションを楽しみましょう。

文=飯野 高広
いいの たかひろ●大学卒業後大手鉄鋼メーカーに勤務したのち、服飾ジャーナリスト・研究家として独立。紳士靴やスーツなど男性の服飾品全般を執筆領域とし、ビジネスマン経験を生かした視点で論じる。また専門学校で近現代ファッション史の講義を受け持つと共に、テレビ番組への出演・総合監修を行うなど、メンズファッション全般の知識箱的存在として活躍中。著書には、『紳士靴を嗜む:はじめの一歩から極めるまで』『紳士服を嗜む:身体と心に合う一着を選ぶ』(朝日新聞出版)『大切な靴と長くつきあうための靴磨き・手入れがよくわかる本』(池田書店)がある。




Photo:ISETAN MEN'S net
Text:Takahiro Iino

お問い合わせ
メンズ館1階=カシーズン雑貨・帽子
03-3352-1111(大代表)

注目記事