2020.02.07 update

<イシカワ>|代表・石川和男氏による「洋服ブラシ製作実演会」を、2月15日(土)と16日(日)に開催。【2月7日更新】

02.15 Sat -02.16 Sun
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

冬に欠かせないコートやニット、マフラーは、こまめなブラッシングをすることでアイテムが本来もっている素材感を大切にし、洋服とその風合いを長く楽しむことができます。

 

そんな日々の洋服ケアに欠かせない名品として、多くのお客さまから愛されている高級洋服ブラシ<イシカワ>が、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスにて製作実演会を開催。2月15日(土)と16日(日)の2日間は、代表の石川和男氏が来店し、製作実演を行いながらブラシの使い方をレクチャーするほか、以前お買い上げいただいたブラシのメンテナンス相談も承ります。

 

「柔らかい毛だとホコリを落とせないし、硬い毛だと洋服の生地を傷めてしまいます。」そう語る石川和男氏が、習字の筆をヒントに製作した馬の尾脇毛のみを用いた柔らかくコシの強い洋服ブラシ。驚くほど弾力があり、カシミヤなどに代表される柔らかい生地も布の奥からしっかり埃をかき出すことで、生地の状態を整えるとともに素材本来の風合いを保ちます。

 


左:洋服ブラシ(ビキューナ・カシミヤ・シルク・ウール対応/馬毛・羊毛)220,000円

右:洋服ブラシ(ビキューナ対応/羊毛)165,000円 

伊勢丹オンラインストアで
<イシカワ>の商品を見る



現在では、繊細なビキューナの毛に対応可能な羊毛のみで作られるブラシや、馬毛と羊毛を掛け合わせることでビキューナからウールまであらゆる生地に対応できるハイブリッドブラシも揃える<イシカワ>。季節の変わり目にはオーダー数に対して生産数が追い付かないほどの人気を誇ります。

日々のこまめなケアが、洋服を長く愛せる秘訣。妥協は一切せず、1つのブラシを3日間から4日間という手間と時間をかけて職人が作り上げる<イシカワ>洋服ブラシ。その工程の一部をご覧いただきながら、実際に手に取って違いをお確かめ下さい。

 

関連記事

<イシカワ>洋服ブラシ 親子2代インタビュー

<イシカワ>洋服ブラシ ウール製品のお手入れQ&A



イベント情報
<イシカワ>洋服ブラシ製作実演会
  • 2月15日(土)・16日(日)*代表 石川和男氏来店
  • メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

 

Text:ISETAN MEN‘S net

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら