2019.01.31 update

NEW MATES──装いに、変化と進化を|#30 最新のナポリスタイルを具現化するVMDの手腕

リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズに、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。


▶「メンズ館5階=ビジネス クロージング」に関する記事一覧を見る




ピッティ・ウォモなどのファッションスナップには“常連”と呼ばれるひとたちがいる。彼らの多くはファッション業界人だが、なかでも近年フィーチャーされている人物がティト・アレグレット氏だ。「ロンドンハウス」「イザイア」「チェザレ・アットリーニ」などで、ショップディスプレイを手がけるVMDとしてキャリアを磨きナポリのファッション業界を渡り歩いてきた氏。現在も数々の有名ブランドのVMDを手がけている。

彼のファッション哲学を凝縮したシグニチャーブランドが立ち上げられたのは2012年のこと。そのコレクションは現代的な、最新のナポリスタイルを具現化するコレクションとして注目されている。


ジャケット 137,160円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング


今季、伊勢丹メンズに初登場となる彼のジャケット&スーツは、フルマシンメイドながら手仕事の妙を活かすナポリ仕立てが巧みに取り入れられたもの。直線的なワイドラペルのカッティング、たっぷりとイセ込んだマニカカミーチャにフラップレスのチェンジポケットを備えたデザインは、モダン・サルトリア・ナポレターノの真髄を映し出す。シルク、リネンを混紡した白糸のメランジが立つ表面感ある素材のセレクトも、彼のこだわりを表す。ナポリの太陽と海の色とが似合うカラーパレットにも注目したい。



 

Photo:Tatsuya Ozawa
Text:Yasuyuki Ikada

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=ビジネス クロージング
03-3352-1111(大代表)