2018.06.20 update

<MINASE/ミナセ>|「ディヴァイド」のカスタムオーダーや実演会を開催する特別な1週間!

06.27 Wed-07.03 Tue
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
伊勢丹新宿店で開催中のウオッチコレクターズウイーク。6月27日(水)からメンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは、<ミナセ>のプロモーションを開催。日本の職人によるクオリティを追求した時計の数々を一堂にご紹介するほか、丸型ケースの「ディヴァイド」のカスタムオーダーも実施。日付ディスクやダイヤルなど複数の組み合わせから、ご自身だけの一本を作ることが可能だ。さらに、6月30日(土)、7月1日(日)の2日間は、ムーブメントの分解・組立実演会も開催する。





秋田県湯沢市にファクトリーを構える<ミナセ>。1963年創業の切削工具メーカー、協和精工が生み出した同ブランドは、時計ケースにリューズの穴を開ける「段付きドリル」の製造をきっかけに時計産業に参入。その後、ケースの製造や切削、研磨、組み立て、そして腕時計完成品のOEMへと事業を拡大し、100年後も語れるモノ創りを目指して真摯に時計作りに向き合っている。ブランド名は生産地名の「皆瀬」に由来しており、ロゴマークには時計づくりのルーツとなった「段付きドリル」が採用されている。

「ディヴァイド」
VM04-M01SB
496,800円
SSケース:直径40.5mm、5気圧防水、自動巻

見る角度によって表情を変える造形、雪平模様を施し複雑な輝きを放つダイヤルが特徴。

ブランドの最大の特徴といえるのが、ケースやブレスレットに施されるザラツ研磨。仕上げ前にこのザラツ研磨を行うことで金属面の歪みが低減され、よりフラットな面が得られる。これには、職人の経験と感覚が頼りであり、現在では一部の高級品をのぞいては、省かれることが多くなった研磨工程である。ケースやブレスの総パーツ約200点に対し約500もの工程が、職人の妥協なき手仕事によって労力を惜しまず行われているのだ。
この機会に、ほかにはない個性と美しさを持ち合わせた<ミナセ>の時計に注目したい。


「ファイブウィンドウズ(ミッドサイズ)」
 VM07-M02SB
496,800円
SSケース:45.6×32mm、5気圧防水、自動巻

5枚のサファイヤガラスを正面、裏蓋、ケースサイドに使用。立体感のある構造をケースサイドからも堪能できるモデル。


「ホライゾン(ミッドサイズ)」
VM06-M02SB
486,000円
SSケース:45.6×36.8mm、5気圧防水、自動巻

大きく隆起し弧を描く風防と大胆な造形美。サファイヤガラスを表裏から切削しているため、シリーズの中でも最も薄く繊細なモデル。




ウオッチコレクターズウイーク
<ミナセ>プロモーション
□6月27日(水)~7月3日(火)
□メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

ムーブメント分解・組立実演
□6月30日(土)・7月1日(日) 各日1時~2時、3時~4時

ウオッチコレクターズウィークの特設ページはこちら

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら