2018.07.09 update

【2018年秋冬速報④】<イセタンメンズ>のオリジナルスーツが、この秋変わる!

この秋、伊勢丹メンズは15周年を迎える。クラシコ・イタリアブーム真っ只中に誕生し、つねに時代のクラシックと向き合いながら、紳士のドレスウェアを提案してきたスペシャリティストア。ここから今季の15周年を記念したスペシャルなアイテムと、最新ブランド&最旬トレンドを順次お伝えしていこう。

イセタンメンズが発信するプライベートレーベルスーツは、これまでリーズナブルな価格と上品かつスタンダードなデザインで支持されてきた。この秋からは、さらにオリジナルのアイデンティティをもつひとつのブランドスーツとして明確な地位を確立するという。





<イセタンメンズ>
左:スーツ 106,920円 *7月11日(水)より展開
右:ジャケット 85,320円*8月下旬展開予定


新たにローンチするフィレンツェモデルは、高い技術をもつファクトリーで仕立てた、これまでにない個性溢れる一着。従来の“控えめ””スタンダード”といったイメージから、“優雅”“華麗”“都会的”といったイメージを重視するデザインの採用により、これまでにないオリジナルスーツが完成した。

ワイドラペルと角度あるゴージラインの組み合わせは、北イタリアの趣が漂うエレメント。フルキャンバス仕立てで、肩周りは薄手にパットを用いた、やや構築的なフォルムだ。そのためインターナショナルなビジネスユースにも相応しいスタイルといえる。しかも前肩仕様で肩傾斜のある撫で肩ラインは、日本人体型を知る伊勢丹メンズならでは。これまで個性を押さえめのラインナップと思っていたオリジナルレーベルのコレクションで、明らかに一線を画している。

「従来通り、ナポリクラシコモデルやモダンクラシックモデルなどのラインナップも揃えながら新たに個性を打ち出せるフィレンツェモデルを投入することで、選択肢を広げました。このブランドを通してスーツの"奥深さ"や"楽しさ"を伝えていきたいです」(ビジネスクロージング バイヤー稲葉智大)

価格帯も10万円前後のインポートスーツに並ぶレンジで展開することで、ひとつのブランドとして認知を目指す。これまで百貨店のオリジナルブランドというと、国内外から買い付けたナショナルブランドの“隙間”を埋めるものというイメージが強かったが、イセタンメンズのオリジナルレーベルはコンセプトとクオリティが明確であることを示すことで、ひとつのブランドとして確立している。

「これまで数々の著名なインポートブランドを着てきた方、スーツに目の肥えた方にも納得して着ていただける、そんなブランドとしてさらに進化を遂げていくことでしょう」(ビジネスクロージング バイヤー稲葉智大)




*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=ビジネス クロージング
03-3352-1111(大代表)