【インタビュー】<HIDEAKI SATO>佐藤 英明|日伊のつくり手を結んだ家族愛(1/2)

ランチタイムはとっくに終わっているのにおおくの客が楽しそうに食事をしている。イタリア語も飛び交うホールにオーナーのエリオ・オルサーラが現れると、がぜん華やいだ。エリオはペコラ銀座の佐藤英明をみとめて親しげな挨拶を交わした。10年以上の付き合いになるというふたりのあいだに漂う空気は、まるで家族のそれだった。

左/川野浩輝 大賀、中:エリオ・オルサーラ エリオ ロカンダ店主、右/佐藤英明 ペコラ銀座店主


お互いのモノづくりを心から尊敬しあう

エリオ ボンジョールノォ。お待たせしました。
川野 お忙しいところ、ありがとうございます。本日はいきつけの店をとおして、佐藤さんのひととなりをあぶり出そうという趣旨です。
エリオ ぼくはお世辞をいわないよ。だから悪口いっぱいになるかも(笑)。

(一同笑)。

川野 どういう経緯でお知り合いになったのですか。
佐藤 もう10年以上まえになりますが、あるパーティで出会いましてね。イタリアに暮らしていたころからの悪友も一緒でした。わたしと一緒で食べることが大好きで、試しにふたりで顔を出したらハマってしまった。以来、1ヵ月あいたら恋しくなるくらいかよっていますね。イタリアから友人が来ると、昼も夜もエリオになっちゃうことも珍しくない。
エリオ 最近はご無沙汰だけどね。
佐藤 いやちょっと忙しくて。


川野 (ふたりの掛け合いがひとしきり終わるのを待って)イタリアの著名な方々も足繁く訪れているそうですね。
佐藤 イタリア“風”ではなくて、ほんもののイタリアですからね。料理のうまさは申し分がない。エリオはじめ、スタッフにもイタリア人が多く現地にいるのかと錯覚することも。
川野 佐藤さんって、ミラノにいらしたんですよね。エリオさんは南イタリアの料理ですが、馴染みはあったんですか。
佐藤 (佐藤さんが修業した)ペコラがシチリアで奥さんがプーリアの出身なんです。しょっちゅう夕食をごちそうになっていたから、すっかり舌が親しんでいます。量も魅力ですよ。わたしはこの歳になってもヒトの3倍は食べます。しかも早い。エリオのフルコースを最短で17分でフィニッシュしたこともあります(笑)。ポーションの小さな澄ました料理ははなからだめなんです。


エリオ 気持ちのいい食べっぷりを披露するこの男をぼくは日本の兄弟と思っています。ノン、日本人とは思えない。かれとの会話で日本語をつかったことはないからね。文化も深く深く理解している。いまでは仕事からプライベートの悩みごとまでなんでも話す間柄です。かれがつくるスーツも全幅の信頼をおいているよ。だから注文をつけたことはない。すべてお任せ。
川野 ワードローブにはすでに10着以上あるとか。
エリオ イタリアでもオーダーするし、値段だけでみたら向こうのほうが安い。だけどね、佐藤さんのスーツを着た姿はじぶんでみても惚れ惚れするからね。ぼく、デブなのにね(笑)。かっこういいだけじゃなくて仕事で一日着ていても疲れない。クオリティとプライスのバランスを考えればお得な買い物です。
古き良きテーラード文化をきちんと学べた最後の世代でしょうね。


佐藤 いまのわたしがあるのはペコラがあってこそです。かれのすごさを物語るエピソードにこんなものがあります。あるとき、あるヒトからスーツづくりのなにが難しいかと問われたかれは、全部と答えた。感じ入りましたね。日本人は几帳面といわれるけれど、ペコラはその比じゃない。ディテール一つひとつに完璧を追い求め、完璧を積み上げたのがペコラのスーツです。そして、一見なんてことないスーツなのに袖をとおすと着手の個性がにじみ出るんです。
70も半ばですが、朝の7時から夜の8、9時まで働きどおし。だから夜ご飯を食べながら寝ている(笑)。この2月にお邪魔したときも仕事の話ばかりでした。365日、仕立てのことを考えています。
エリオ 女性はアクセサリーや化粧で飾ることができるけれど、男はスーツで勝負するしかない。いざというときはかならず佐藤さんのスーツです。そうそう、これは5年まえにつくってもらったジャケット。いいでしょ?
佐藤 昨日届けたスーツはどうしたんですか?
エリオ とっても素敵だったから家にもって帰って自慢したんだ。そしたら忘れてしまった。奥さんにもってきてもらうよ。(スマートフォンを取り出して)プロォントォ…。

後篇へつづく≫