ページトップへ
CLOSE

ショップ、施設の場所など変更になる場合がございます。

CELINEセリーヌ

お取り扱いフロア
  • 1F=シーズン雑貨
  • 3F=メンズデザイナーズ
CELINE

1945年、第二次世界大戦が終戦を迎えたばかりの頃、セリーヌ・ヴィピアナは30歳を前にして、自らの名前を冠したブランドを立ち上げました。

<セリーヌ>は子供向けのメイド トゥ メジャーのシューズブランドとして始まりました。やがて彼女のブティックはパリ全体に広がり、すぐに著名な顧客の子どもたちのために「オートクチュール」シューズを手がけるようになると、その成功が後押しとなって女性向けのブランドとしてそのビジネスを拡大します。
1960 年代には初のレザーグッズおよびアクセサリーラインを発表。その後、1968 年に「スポーツウェア」コレクションをデザインしたのは自然な流れだったといえるでしょう。この頃から<セリーヌ>はブランドの柱として、サヴォアフェール(匠の技)と最高品質の素材を融合するという考えを打ち出すようになり、パリジャン・シックを象徴するブランドとなりました。

現在、その精神は、パリのヴィヴィエンヌ通り16 番地にあるアトリエを通じて、アーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターのエディ・スリマンによってより確かなものになっています。

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.05.29 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成
2020.04.07 update

【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成

既成のシャツに悩みを抱える体型の違う2名の男性にオーダーシャツを体験していただく本企画。 【体験レポート3】に続いて、過去のスポーツ経験に加えて不規則な生活で体重の変動が激しく、既成で合うサイズのシャツが無いと悩む、ガッチリ体型の松島隆晴さん(30歳)の体験レポートをご紹介します。 「新しいシャツができるのがうれしくて、ひと目惚れしたネクタイを買ってきました」とうれしそうにメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト花野友彦に話しかけるのは松島さん。出来上がったばかりのシャツが入った箱を開ける

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【まとめ】いまさら聞けない!?ビジネスシーンで役立つ装いのテクニック&愛用品のお手入れ方法を伝授
2020.04.07 update

【まとめ】いまさら聞けない!?ビジネスシーンで役立つ装いのテクニック&愛用品のお手入れ方法を伝授

ビジネスマンなら抑えておきたい装いのテクニックや、靴や革小物など愛用品のお手入れ方法を伊勢丹メンズ館のスタイリスト(販売員)が伝授します。あなたはいくつ答えられますか?ぜひ毎日のコーディネートに、お手入れの参考に取り入れてみてはいかがでしょうか。 伊勢丹メンズ館のスタイリストがズバリお答えします! 1. 基本テクニックを伝授!美しく見せる、正しいネクタイの結び方 ネクタイをきちんと結んで得られるのは、着こなしの清潔感。スーツを着たときの好印象の条件の一つです。結び方のちょっとしたコツや