ページトップへ
CLOSE
  • MY BELOVEED ITEMS──紳士の嗜み
    2018.12.05 update

    MY BELOVEED ITEMS──紳士の嗜み

    深まる秋の夜長にはジャズが合う。趣味が高じて始まったジャズレーベル、“澤野工房”の澤野由明氏に、その魅力を聞いた。 1950年、大阪・新世界の履物店の4代目長男として生まれる。一時は家業を継ぐものの、趣味のジャズ好きが高じて、1980年に澤野商会を設立し、復刻レコードの制作、輸入販売をスタート。1998年にオリジナルCD制作を開始し、現在の澤野工房に至る。 氏名|澤野由明(さわの よしあき) 生年月日|1950年 5月 20日生( 68歳) 職業  職業|澤野工房代表・

  • "新鋭"が手がけるのは常識を超えた既製靴
    2018.11.19 update

    "新鋭"が手がけるのは常識を超えた既製靴

    <ガジアーノ&ガーリング>シューズ 345,600円 ■メンズ館地下1階=紳士靴 ノーサンプトンを中心に、英国には高級靴のメーカーがひしめき合う。世に名を馳せるブランドの多くは、100年を優に超える歴史をもつが、その一方で、それら信用度の高い老舗を凌りょうが駕するほどの実力をもつ新鋭ブランドも存在する。その筆頭とも言えるのが、<エドワード グリーン>でモデリスト兼ビスポーク責任者を務めていたトニー・ガジアーノ氏と、<ジョンロブ>でビスポークを手がけていたディーン・ガーリング氏が2006

  • MY BELOVED ITEMS──紳士の嗜み
    2018.09.05 update

    MY BELOVED ITEMS──紳士の嗜み

    毎日を慌ただしく駆け抜けている紳士は、余暇も大切にする。若かりしころ憧れたアート、ワイン、クルマ、カメラ…。そして、シガー。谷本龍哉氏に、その嗜みの極意を聞いた。 和歌山県議会議員を経て、2000年に衆議院議員に初当選。2008年8月発足の福田内閣で、内閣府副大臣に。政界引退後は、企業再生コンサルタント、経営者として活動。現職のほか、政治経済評論家としても活躍中。 氏名|谷本龍哉(たにもと たつや) 生年月日|1966年 10月 26日生( 51歳) 職業|航空会社代表取締役会長 &nbs

  • Vol.8 前原光榮商店
    2018.06.15 update

    Vol.8 前原光榮商店

    日本の洋傘産業の礎は明治初頭に芽生え、東京では城東地区を中心に技術と伝統が育まれてきた。三代続く家業として傘の“名品”をつくりつづける前原光榮商店は、下町情緒漂う台東区三筋にあった。 1階は前原光榮商店ショールームとして、既製品からオーダーメイド品まで、メンズ&レディスのこだわりの傘を販売。上階に工房があり、ここで生地の裁断・縫製をして骨組みに張り、手元を付けて出荷まで行う。 前原光榮商店──ヨーロッパの高級傘より手が込んだ匠の技の結晶 創業は1948年。いまから70年前に東京の

  • JAPAN-MADE, REFINED──さらに磨きのかかった日本のものづくり #2
    2018.03.27 update

    JAPAN-MADE, REFINED──さらに磨きのかかった日本のものづくり #2

    日本ならではの精緻な技と繊細な感性から生まれた服には、独特の奥行きと美意識が宿る。 ジャパンセンスィズ □3月28日(水)~4月10日(火) □メンズ館=各階 1.CALMANTHOLOGY ►日本人の感性が生んだ100年先も残る靴のカタチ 2.OLDE HOMESTEADER ►毎日使うものだからこそ、本当にいいと思えるものを 3.CANTATE ►非日常を楽しめる美意識と日常を意識した普遍性 4.BIG YANK ►ビンテージマニア垂涎のビックヤンクの新しい提案 ====

  • Vol.7 新喜皮革
    2018.03.27 update

    Vol.7 新喜皮革

    姫路・龍野の皮革素材づくりの歴史は古く、鎌倉時代から培われ、江戸時代後期に革なめしが盛んに行われていたという。そんな伝統ある土地で、日本で唯一コードバンを生産しているのが新喜皮革である。 金田光泰かねだ みつやす●新喜皮革に入社して17年。そのうちの14年は、染色業務に従事する。2008年より約20名のスタッフを束ねる工場長に。 新喜皮革――世界屈指のコードバンを供給するタンナー <ジ・ウォームスクラフツ マニュファクチャー>は、日本国内で唯一コードバンを生産するタンナー(製革工場)、新喜皮革を母体とする

  • Customize It Yourself !──「ハイシャイン仕上げ」&「アンティーク仕上げ」を自らの手で
    2017.12.29 update

    Customize It Yourself !──「ハイシャイン仕上げ」&「アンティーク仕上げ」を自らの手で

    これまでは、一部の好事家のみの楽しみだった靴磨きにおいてブートブラックはその要因のひとつともいえる、マニアックなコツを不要にした。靴好きでもなかなか難しいといわれるハイシャイン(鏡面)仕上げ、そして、シューメーカーの領域だったアンティーク仕上げさえも、お手のものだ。 イベント情報 靴磨き日本選手権大会 □銀座三越5階=紳士靴 □2018年1月27日(土)・28日(日) *2018年1月28日(日)は、27日(土)開催の本大会上位3名と審査委員特別賞1名の全4名で靴磨きエキシビションを実施(有料) 靴磨き

  • Holy Morning for Gents──朝いちばんの、紳士の身だしなみ
    2017.12.23 update

    Holy Morning for Gents──朝いちばんの、紳士の身だしなみ

    ひげ剃りを男だけに許された神聖な儀式、という人もいる。手軽なドライシェービングもよいが、ここいちばんのときには、両刃カミソリを用いたウェットシェーブですっきりとさせたいもの。 電気シェーバーでは味わえない剃り心地こそ、ウェットシェービングの魅力。本格的な方法を、いまあらためて学んでみては。 process.1 シェービングクリームを泡立てる前に顔に塗ることで、ひげをさらに柔らかくし、カミソリ負けを防ぐ。  10種類ものエッセンシャルオイルを配合。柑橘系の香りが心地よい。<トゥルフ