ページトップへ
CLOSE
  • TODAY'S STYLIST|羽鳥 幸彦(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)
    2020.03.17 update

    TODAY'S STYLIST|羽鳥 幸彦(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)

    羽鳥 幸彦メンズ館5階=メンズテーラードクロージングアシスタントバイヤー(モデル身長:167cm) ITEMS ジャケット:<ビーアンドテーラー>パンツ:<アンブロージ>■メンズ館5階=メンズテーラードクロージングシャツ:<イセタンメンズ> 「オーダーシャツ」16,500円ネクタイ:<マリネッラ>■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイシューズ:<オールデン>■メンズ館地下1階=紳士靴 Photo:Hideyuki Seta*価格はすべて、税込です。 お問い合わせ メンズ館5階=

  • 数多くのエグゼクティブにも愛されている、イタリアを代表するネクタイブランド<E.MARINELLA/ マリネッラ>ポップアップ開催!
    2019.11.28 update

    数多くのエグゼクティブにも愛されている、イタリアを代表するネクタイブランド<E.MARINELLA/ マリネッラ>ポップアップ開催!

    2019.12.04 - 2019.12.13

    12月4日(水)から13日(金)メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて、イタリアを代表するネクタイブランド<マリネッラ>ポップアップを開催。モアバリエーションで、希少なコレクションをクローズアップする。 左:クラッチバッグソットブラッチョZIP 61,600円 約27×36×3㎝ (A4サイズが入る大きさ)右:ネクタイセッテピエゲ仕様33,000円 1914年ナポリにて創業し、イタリア元首相をはじめ、数多くのエグゼクティブにも愛されている<マリネッラ>。“セッテ

  • シャツ&ネクタイラバーに贈る2019春夏Vゾーン〜トレンド解説編〜
    2019.03.09 update

    シャツ&ネクタイラバーに贈る2019春夏Vゾーン〜トレンド解説編〜

    「Vゾーンの新しい傾向は、メンズドレスのファッショントレンドとよりリンクを強めて、個性的に楽しめるものになっています」と、ドレスシャツ・ネクタイのバイヤーの渡部。特にキーワードとして挙げるのは、「アーカイブ」と「サファリリゾート」で、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにメンズ館限定アイテムなど今シーズンのアイテムが続々と登場している。 2019年春夏 Vゾーンのトピックスはこちら! ドレスシャツ・ネクタイ 担当バイヤー渡部 智博 春夏トレンド「アーカイブ」では&

  • <E.MARINELLA/E.マリネッラ>|ナポリの名門でオーダー!当主自らお見立てする珠玉の一本
    2018.09.28 update

    <E.MARINELLA/E.マリネッラ>|ナポリの名門でオーダー!当主自らお見立てする珠玉の一本

    2018.10.06

    イタリアの老舗ネクタイ専門店<E.マリネッラ>のパターンオーダー会を、10月6日(土)に、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて開催。当日は、3代目当主マウリッツィオ・マリネッラ氏が来店し、特別な一本をお見立てする。 3代目当主マウリツィオ・マリネッラ氏 関連記事【インタビュー】マウリッツィオ・マリネッラ|<E.マリネッラ>は 他者へのリスペクトに満ち溢れている 1914年にイタリア・ナポリで創業した<マリネッラ>。海の目の前に位置するわずか20平米ほどの本店では、現当主であるマウリッツィオ氏自らが販

  • 男性の魅力を引き立てる、色彩効果を狙ったVゾーンの作り方。
    2018.03.23 update

    男性の魅力を引き立てる、色彩効果を狙ったVゾーンの作り方。

    アメリカ大統領の赤と紺のネクタイの使い分けの意味を考えたことがありますか?パーソナルカラーアナリストの資格を持つメンズフロアアテンダントの関川晃彦は、「色彩学はアメリカが発祥なので、アメリカ人は色が持つ効果を上手に使います。強く主張したいときには赤、誠意を示す場には紺と、彼の意思表示がネクタイで表現されていて、まさにパワータイの象徴だなと思います」と解説。 私たち日本人はVゾーンのカラーリングを無難にまとめがちですが、実は色は能弁に人となりを語ります。春の新生活がスタートする前に、“ネクタイの色で攻

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン羽田ストア」で。
2020.10.20 update

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン羽田ストア」で。

伊勢丹新宿店メンズ館のサテライトストアとしてオープンした「イセタン羽田ストア」。国内外をアクティブに飛び回るビジネスマンや、旅行や帰省などリラックスした時を過ごす方にむけ、上質で機能的なビジネスウェアから旬を楽しむシーズン雑貨まで、多彩なアイテムを取り揃えています。ラウンジを思わせる心地良い空間で、旅先に向かうお客さまのご要望に応じたお買い物と寛ぎの充実したひと時をご提供します。 【リニューアルオープンのお知らせ】 このたび、羽田空港 第2ターミナルの整備に伴い2019年1月より営業休止していたイセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル2を、新たに出発ゲートラウンジの北側に場所を移して、2020年7月9日(木)にリニューアルオープンいたします。 【営業時間変更のお知らせ】 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当店では下記の通り営業時間を短縮させていただきます。 ■変更期間:2020年9月9日(水)~ 当面の間 ■変更後の基本営業時間:午前8時~午後7時 お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】〈LEVI'S®〉〈A.P.C.〉ほか、定番デニム5ブランドの今季注目の1本!
2020.10.24 update

【特集】〈LEVI'S®〉〈A.P.C.〉ほか、定番デニム5ブランドの今季注目の1本!

ジーンズの魅力は無限大です。もともとは19世紀アメリカ西海岸の、鉱山労働者のための作業着だったジーンズは、20世紀に入り若者のシンボル・反抗の証として支持されるようになり、ファッションアイテムとして定番化されました。元来、デニムは生地そのものを指しており、ジーンズはデニム生地を使用したパンツを表していました。そしていまやジーンズはデニムと呼ばれ、流行が変わっても廃れることのない、ジェンダーレスで年齢も国籍も問わないアイテムとなっています。ストリートカジュアルもデザイナーズモードもデニムを取り入れてい

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.