ページトップへ
CLOSE
  • 山瀬まゆみによる“色”をテーマとした作品展、「colours」をアートアップで開催
    2019.08.17 update

    山瀬まゆみによる“色”をテーマとした作品展、「colours」をアートアップで開催

    2019.08.21 - 2019.09.17

    8月21日(水)から9月17日(火)までの期間、メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP/アートアップ」では、山瀬まゆみ氏による作品展「colours」を開催する。 関連記事:【インタビュー】山瀬まゆみ | 国境や年齢を超える、かくも美しき色の世界 山瀬まゆみ氏は、パリファッションウィークでの「MAN/WOMAN」のキャンペーンビジュアルや<COMME des GARÇONS>のアート製作、今年5月にはN0.12 Galleryにて個展「HOW OBJECTS SPREAD」を開催

  • Vol.8 山瀬まゆみ|国境や年齢を超える、かくも美しき色の世界
    2019.08.17 update

    Vol.8 山瀬まゆみ|国境や年齢を超える、かくも美しき色の世界

    2019.08.15 - 2019.09.17

    伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP(アートアップ)」において、アーティストとして活動をする山瀬まゆみさんの作品展「colours」を8月21日(水)より開催する。ポップなカラーを用いたアブストラクトな絵画と立体物は、東京はもちろん、ロンドンやシンガポールなど海外でも評価が高く、近年では〈COMME des GARCONS〉の制作に携わるなど、今注目を集めているのだ。今回の展示に対する思いや今後の展望などを訊いた。 イベント情報 山瀬まゆみ 作品展「colours」 □8

  • Vol.7 山田智和 |映像クリエイターが写真で切り取る都市の表情とノスタルジー
    2019.07.25 update

    Vol.7 山田智和 |映像クリエイターが写真で切り取る都市の表情とノスタルジー

    2019.07.31 - 2019.08.20

    伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP(アートアップ)」において、映像作家、映画監督、写真家として活動をする山田智和さんの写真展「都市の記憶」を7月31日(水)より開催する。米津玄師やあいみょんなど、多くの人気ミュージシャンのMVを制作する一方で、CMやショートフィルムも手がける屈指のアーティストだ。そんな山田さんが映像ではなく、今回は写真で日常の瞬間を切り取っている。自身初となる個展への思いや写真の見どころなどを訊いた。 イベント情報 山田智和 個展「都市の記憶」 □7

  • 米津玄師やあいみょんのMVを手掛ける、山田智和初の個展を開催。「都市の記憶」をテーマにアート展示や限定Tシャツも販売。
    2019.07.11 update

    米津玄師やあいみょんのMVを手掛ける、山田智和初の個展を開催。「都市の記憶」をテーマにアート展示や限定Tシャツも販売。

    2019.07.31 - 2019.08.20

    © Tomokazu Yamada 2019年7月31日(水)より、メンズ館2階=メンズクリエーターズに常設されるギャラリースペース 「ART UP(アートアップ)」 にて、映像監督・映像作家である山田智和氏初の個展「都市の記憶」を開催。本イベント「都市の記憶」では、山田氏の様々な作品の中で度々登場する、自身が生まれ育った街 “東京” をベースに、撮影で訪れた様々な都市での記憶や体験を、映像監督・映像作家としての独自の観点で表現し、映像と写真を組み合わせた一つの個展とし

  • 多彩な顔をもつグラフィックデザイナー、安田昂弘氏による作品展「EMERGING」を開催。
    2019.07.05 update

    多彩な顔をもつグラフィックデザイナー、安田昂弘氏による作品展「EMERGING」を開催。

    2019.07.10 - 2019.07.30

    メンズ館2階=メンズクリエーターズのギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」では、7月10日(水)より、気鋭のアートディレクターであり、グラフィックデザイナーでもある安田昂弘氏による作品展「EMERGING」を開催する。 安田氏へのインタビューを公開中►Vol.6 安田昂弘 | 曖昧なデジタル“ドローイング”の可能性 EMERGING_01/Takahiro Yasuda 2019 安田昂弘氏は、NIKEの広告やNITRO MICROPHONE UNDERGROUND、

  • Vol.6 安田昂弘|曖昧なデジタル“ドローイング”の可能性
    2019.07.02 update

    Vol.6 安田昂弘|曖昧なデジタル“ドローイング”の可能性

    メンズ館2階=メンズクリエーターズのギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」では、日本が世界に誇る気鋭のアートディレクターであり、グラフィックデザイナーでもある安田昂弘さんの作品展「EMERGING」を7月10日から開催する。NIKEの広告やm-floのアートワークなど、引く手あまたのクライアントワークに追われながらもクリエイターとしての作品も発表し続ける氏に、そのインスピレーション源やクリエイターとしてのルーツ、本作品展のテーマなどについて話を訊いた。 イベント情報 「EMERGING

  • Vol.5 マーク・ヴァサーロ | ひたむきに捉えた花の影に、日本古来の美意識が宿る
    2019.06.13 update

    Vol.5 マーク・ヴァサーロ | ひたむきに捉えた花の影に、日本古来の美意識が宿る

    メンズ館2階=メンズクリエーターズのギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」で6月27日まで、日本在住の英国人写真家マーク・ヴァサーロの作品展「Emptiness is Form」を開催中だ。会場には、静謐の中に確かな鼓動を感じる、美しい花々のコレクションが陶芸作品とともに並ぶ。モノトーンの陰影から浮かび上がる、彼の創作意欲をかき立てた日本の美学とは? 静岡県の伊豆下田の白浜海岸沿いにあるスタジオで話を聞いた。 イベント情報 「Emptiness is Form」 □6月5日(水)〜6

  • Vol.3 ステファニー・クエール|英国・マン島に生まれ、育ち、暮らすアーティストが示す、クマとヒトとの優しい関係。
    2019.06.10 update

    Vol.3 ステファニー・クエール|英国・マン島に生まれ、育ち、暮らすアーティストが示す、クマとヒトとの優しい関係。

    去る5月14日(火)、5週にわたって開催され大盛況のうちに終了した「アートアップ」第3弾でフィーチャーされたアーティスト、ステファニー・クエール。だが東京・神宮前のGallery 38では、英国・マン島出身、大自然に触発された生命力みなぎる動物たちの造形作品を手掛ける彼女の、国内では2年ぶりとなる個展「Bear Nature」が開催中だ。この個展と作品たちに込められた思いを、作家自らが語ってくれた。 実は建築家志望だった、自然を愛する芸術家   英国屈指の芸術大学であるスレード・スクール・オブ・