ページトップへ
CLOSE
  • ラグジュアリーな<TUMI/トゥミ>が再び。尖った男のための "スタッズトゥミ" 第2弾
    2020.01.24 update

    ラグジュアリーな<TUMI/トゥミ>が再び。尖った男のための "スタッズトゥミ" 第2弾

    耐久性とともに使い勝手を追求し、デザイン性までも完璧を目指したモノ作りこそ、<TUMI/トゥミ>が「ビジネス鞄のロールスロイス」と呼ばれる所以。防弾チョッキにも使われる高耐久素材をベースに開発された素材に特殊コーティングを施したFXTバリスティックナイロンは、このブランドのアイコン。赤色のコーポレートカラーで配されるロゴよりも、この素材で見分けられるほどに有名だ。しかし2018年に誕生した“スタッズトゥミ”は、その斬新なデザインで話題となった。FXTバリスティックナイロンの定番モデ

  • <ポール・スチュアート>のディレクター 鴨志田康人氏によるコンサルティング販売会を9月28日(土)に開催。10月開催のポップアップやトークショーも必見!
    2019.09.26 update

    <ポール・スチュアート>のディレクター 鴨志田康人氏によるコンサルティング販売会を9月28日(土)に開催。10月開催のポップアップやトークショーも必見!

    2018.10.02 - 2019.10.08

    2019年秋冬シーズンより、鴨志田康人氏を日本におけるクリエイティブディレクターに迎えた<ポール・スチュアート>。今回、メンズ館5階=メンズテーラードクロージングでは、同氏を招いた1日限りのコンサルティング販売会を9月28日(土)開催する。 ※画像はイメージです。 鴨志田氏による貴重なコンサルティング販売会を開催 鴨志田康人氏は、(株)ユナイテッドアローズの創業に参画し、2007年には自身のブランド<Camoshita/カモシタ>を立ち上げ、現在までクリエイティヴディレクターとして、同社のバイイング

  • <NEEDLES/ニードルズ>|定番 “マイルズジャケット” に、メンズ館別注カラーが登場。
    2019.09.23 update

    <NEEDLES/ニードルズ>|定番 “マイルズジャケット” に、メンズ館別注カラーが登場。

    ジャケット 34,000円+税 パンツ 20,000円+税 *伊勢丹新宿店メンズ館限定 「NEPENTHES(ネペンテス)」の創設者・清水慶三氏が手がけるブランド<NEEDLES/ニードルズ>の立ち上げ当初から展開され、定番アイテムとして愛され続けている、“マイルズジャケット”。身頃と袖が1枚の布で構成されるジャケットは、シンプルなデザインながらも美しいドレープと流れるようなシルエットが魅力であり、さり気ない“抜け感”を演出してくれる。この秋、伊勢丹メ

  • 定番トレンチにパンクロックを注入。<JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ジョン ローレンス サリバン>に伊勢丹新宿店限定コートが登場。
    2019.09.21 update

    定番トレンチにパンクロックを注入。<JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ジョン ローレンス サリバン>に伊勢丹新宿店限定コートが登場。

    トレンチコート 160,000円 *伊勢丹新宿店メンズ館限定 <JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ジョン ローレンス サリバン>で高い人気を誇り、デザイナーである柳川荒士自身も溺愛するトレンチコートに、伊勢丹メンズ館別注モデルが登場。メンズ館2階=メンズクリエーターズにて堂々展開中だ。本作は、長年同ブランドの定番アイテムとして愛されているクラシカルなトレンチコートに、イタリア「Olmetex」社製生地を採用した限定仕様。衿に着脱式のレオパード柄を掛け合わせることで、上品なスタイルにパンク

  • <BALMAIN HOMME/バルマン オム>|ブランドを象徴するライダースジャケットに、贅を尽くしたメンズ館限定モデルが登場。
    2019.09.21 update

    <BALMAIN HOMME/バルマン オム>|ブランドを象徴するライダースジャケットに、贅を尽くしたメンズ館限定モデルが登場。

    ブルゾン 634,000円 *伊勢丹新宿店限定 2006年に再始動したブランド<BALMAIN HOMME/バルマン オム>のアイデンティティーともいえる、バイカースタイル。中でも、ブランドを代表する人気アイテムの一つが、ライダースジャケットである。前デザイナー、クリストフ・ドゥカルナンの頃から発表している観音開きのライダースジャケット。このアイコニックなモデルをベースに、マットな質感のラムレザーと上質なムートンを贅沢にあしらった伊勢丹メンズ館限定モデルは、かつてオートクチュールメゾン黄金時代の中核

  • 「カールハインツ」という名の傑作
    2019.09.21 update

    「カールハインツ」という名の傑作

    <シーサー リバイバル>カットアンドソーン 12,000円+税 肌着の起源ともいわれている“ヘンリーネック”の由来は、英国・ロンドンのテムズ河で行われるボートレース「ヘンリー・ロイヤル・レガッタ」に参加する選手が着用していた、中央部に胸ぐらいまで開きがあり、前立てがボタンや紐で留めるシャツから命名されたといわれる。1875年にドイツ・ラドルフツェルで創業し、欧州有数のアンダーウエアメーカーへと成長した<Schiesser/シーサー>は、2003年にアーカイブスタイルをコンセプトとす

  • 初めて世界に挑んだ記念碑的コレクション
    2019.09.20 update

    初めて世界に挑んだ記念碑的コレクション

    <ファセッタズム>ブルゾン 98,000円+税*伊勢丹新宿店限定   2016年春夏、デザイナー落合宏理氏が手がける<FACETASM/ファセッタズム>が、ジョルジオ・アルマーニ氏が新進デザイナーを支援するプログラムで、日本人として初めて選出され、ミラノコレクションの公式スケジュールでランウェイデビューを果たしたニュースは、日本のファッション業界を大いに奮い立たせた。<ファセッタズム>の世界観を世界に強く印象づけた同コレクションで発表したアイテムをアップデートし、3年の時を経て複刻。ブラン

  • "縫製もデザインの一つ"、手作業から生まれる温もり
    2019.09.20 update

    "縫製もデザインの一つ"、手作業から生まれる温もり

    1980年はじめの創業以来、レザー専門の職人がミクロ単位で革をチェックし、すべてのパーツを手作業で裁断。手縫いをする前に、縫製するための穴をキリで開けるという手間をかけて縫い付け、大切にしているブランドアイコンの「OMINO(オミノ)」も一つひとつ手作業で縫い入れることを続けているのが<HENRY BEGUELIN/エンリー ベグリン>である。この「オミノ」と呼ばれる小人のシグニチャーは、「<エンリー ベグリン>の持つ温かみそのもの」と称されるように、大きさや色合いなどが個々に異なり、まるでヴィンテージワ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

SUPER MEN'S
2020.01.20 update

SUPER MEN'S

メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズのイベント情報やおすすめ商品、コーディネート、人気の連載企画【「着られる服がない」をバイヤーが解決!】シリーズ、バーゲン情報など随時更新していきます!

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】至高の革と技が堪能できる<REGAL/リーガル>のビスポークシューズ
2020.01.20 update

【特集】至高の革と技が堪能できる<REGAL/リーガル>のビスポークシューズ

ビスポーク、九分仕立て、そしてふだんはお目にかかれないプレタポルテが一堂に会する「REGAL TOKYO ORDER WEEK」が開催される。会期は2月5日(水)から11日(火・祝)の1週間。8日(土)・9 日(日)・11日(火・祝)はビスポークシューメーカーも来店し、その技を披露する。見どころはトランクショーにあわせて登場するビスポーク・サンプルだ。あらたにラインナップに加わるのは、タッセルローファーとヴァンプのふたつ。靴好きならあらためて語るまでもないけれど、いずれもアメリカで広く親しまれてきた靴種で

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の