ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】ポケTから衣替えするなら、2019年の秋冬は“ヘンリーネック”が好印象
    2019.09.28 update

    【特集】ポケTから衣替えするなら、2019年の秋冬は“ヘンリーネック”が好印象

    本格的な秋の装いにシフトし始めた今日この頃。そろそろジャケットやカーディガンを羽織って、出かけたくなるシーズンですよね。ここ数シーズン初夏から秋口までシンプルなポケTが主役となっていましたが、イセタンメンズネット編集部は次なる主役として、『ヘンリーネックTシャツ』をセレクト。一枚でも、ジャケットなどの下に着てもシンプルになり過ぎず、ボタンの開閉でちょっとしたニュアンスの変化も楽しめちゃう、超実用派なTシャツなんです!そこでイセタンメンズネット編集部がおすすめヘンリーネックシャツを、着こなしと共にご紹介。あ

  • トラッドを知り尽くす3ブランドが<Barbour/バブアー>とコラボレーション
    2019.09.14 update

    トラッドを知り尽くす3ブランドが<Barbour/バブアー>とコラボレーション

    125周年を迎えた、<バブアー>の快進撃が止まらない。メンズ館7階=メンズオーセンティックでは、英国を代表するオーセンティックブランドの大定番モデル「ビデイル」にスポットをあて、日本が世界に誇る実力派デザイナーたちによって手が加えられた限定コレクションがローンチされる。 <オーベルジュ>や<ケネスフィールド>、<モヒート>といえば、オーセンティックな“洋服”を、西洋のプロフェッショナルよりも深く掘り下げ、モダンに表現することで知られる人気ブランド。そんな3ブランドが125周年という

  • 【Amvaiコラボ企画】名著から紐解く達人のファッション考vol.3|山下裕文が「本物を知る」きっかけになった83年の雑誌
    2019.05.27 update

    【Amvaiコラボ企画】名著から紐解く達人のファッション考vol.3|山下裕文が「本物を知る」きっかけになった83年の雑誌

    「無難」でも「どうでもいい」でもなく、「ちょうどいい」アイテムを探し、発信する男性向けファッションメディアサイト「Amvai」で異彩を放つのが、こだわりを持ち、あらゆるモノを知り尽くしているAMVAR=メンバーたち。そのAmvaiとイセタンメンズネットのコラボ企画として、メンズ館7階=メンズオーセンティックで扱っている3ブランド=3人のデザイナーにインタビューを敢行。テーマは、「名著から紐解く達人のファッション考」。なぜその本が刺さったのかという答えから、デザイナーたちの現在・過去・未来を紐解く。 ▽名著

  • 出張から戻りました!!(前編)
    2019.02.22 update

    出張から戻りました!!(前編)

    オーセンティックウェアのバイヤー柴田です。 先週は雪の日本を尻目にアメリカ横断出張に行って参りました! しかし普段の行いが祟って、、、、NYでは雪のブルックリンを歩き回る羽目に涙。 まさしく天国から地獄! ▶ブログ『徒然なるモノ語り』の過去記事はこちらから こちら天国LAのメルローズアベニュー。 極寒地獄のNYはブルックリン。ビーンブーツが役立ちました。 ↑この上の2枚の写真↑同じ時期とは思えない寒暖差!これが一番体調を崩しやすく、この時期のパッキングは非常に頭を悩ませ

  • 手軽に季節を先取り!初秋に選びたいカジュアルシャツを厳選
    2017.08.29 update

    手軽に季節を先取り!初秋に選びたいカジュアルシャツを厳選

    メンズ館各階で彩り祭がスタートし、「今年はどんな秋冬アイテムが出ているかな?」なんて気になる一方で、まだまだ暑さが残る9月。そんな時期におすすめしたい秋色夏素材アイテムを集めました。季節を色や柄で先取りしながら、気温の変化に対応しやすいを取り入れてはいかがでしょうか? >秋を先取り!キレイめスタイルに秋を注入 >休日カジュアルも気分は秋モードへシフト NEXT>秋を先取り!キレイめスタイルに秋を注入 ===== 秋を先取り!キレイめスタイルに秋を注入 1.ストレッチの効いたジャージ素材。やや起

  • 【特集】"My Best Coat"──デザイナーの感性と匠の技術を掛け合わせた、“背姿”で魅せる春仕様
    2017.03.02 update

    【特集】"My Best Coat"──デザイナーの感性と匠の技術を掛け合わせた、“背姿”で魅せる春仕様

    3月14日(火)まで、メンズ館7階=オーセンティックカジュアルで展開中の“My Best Coat(マイベストコート)”は、<KENNETH FIELD/ケネスフィールド><MOJITO/モヒート><KAPTAIN SUNSHINE/キャプテン サンシャイン><Soundman/サウンドマン>の4ブランドを中心にラインナップ。担当バイヤーの柴田信友は、「今回は、新しい季節の訪れを感じながら、一番楽しく着こなせる服としてのスプリングコートに着目。春のコートを着て街を歩いていてウインド

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」
2019.11.18 update

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」

『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー「Vゾーンの流儀」。ここでは、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由
2019.11.18 update

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由

ミリタリーウェアの機能性を日常的なカジュアルウェアへと落とし込み、“ガーメントダイ(製品染め)”という技法を考案したといわれる<C.P.カンパニー>。自社製品のファブリックに並々ならぬこだわりを見せるこのイタリアンブランドにおいて、“ファブリッククリエイター”という最重要職を担うステファノ・ポラト氏にインタビュー。<C.P.カンパニー>は他ブランドとどこが異なり、なぜ創設から半世紀を経てもなお“特別”であり続けられるのだろうか──。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。
2019.11.21 update

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。

メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。 その専任スタイリストの一人「カテゴリースペシャリスト」としてお客さまをご案内する関川 晃彦は、“カジュアル”を主に担当するイメージコンサルタントです。 ここでは、イメージコンサルタント関川の得意分野についてご紹介します。   イメージコンサルタント 関川 晃彦