ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】新たな下着で新年を迎えて心機一転!?「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選
    2019.12.21 update

    【特集】新たな下着で新年を迎えて心機一転!?「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選

    子年(ねずみどし)となる令和2年目は、新しい十二支のサイクルがスタートする年。そしてオリンピックイヤーの幕開けでもあります。モノの買い替え時というのはいろいろありますが、「新年を新しい下着で迎える」というのは日本の古くからのしきたり。日本だけの古い慣習かと思いきや、実は海外でもお正月や大晦日にちなんだ下着の風習があるそう。大晦日の夜は、お風呂で丁寧に身を清め、“縁起物=おろしたての下着”を身に着けて年越ししましょう! ■ 「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選

  • <TOOT/トゥート>|トレンド感満載!トラッドなタータンチェック柄ボクサーパンツ登場。
    2019.12.13 update

    <TOOT/トゥート>|トレンド感満載!トラッドなタータンチェック柄ボクサーパンツ登場。

    高度な縫製技術を持った国内生産による品質の高さと、独自構造がもたらす絶妙なフィット感で人気のブランド<トゥート>から新作ボクサーパンツが登場。メンズ館地下1階=肌着・靴下・ナイティにて発売中だ。 ボクサーパンツ 各4,730円 ソフトな肌当たりのナイロン生地に、色鮮やかなタータンチェックがプリントされた新作ボクサーパンツ。糸の織り目や毛羽などの素材感が繊細に表現されているほか、チェック柄がつながるように柄を合わせるなど、<トゥート>らしい細部への拘りが感じられる一品。下着もファッション感覚で楽しみたい!そ

  • <SEEK/シーク>|ウエストにゴムがない!"新感覚"ボクサーパンツ登場
    2019.01.29 update

    <SEEK/シーク>|ウエストにゴムがない!"新感覚"ボクサーパンツ登場

    2019.01.30 - 2019.02.05

    着心地が良くスタイリッシュに着られる肌着として、ビジネスマンを中心に高い支持を得ているアンダーウエアブランド<シーク>から、常識を変える新感覚ボクサーパンツが登場。1月30日(水)から、メンズ館地下1階=紳士肌着・ナイトウエア・リラクシングウエア・靴下・ハンカチにてご紹介いたします。 ボクサーパンツ 3,024円ご購入はこちら 白シャツのインナーに着ても、“透けにくく、ひびきにくい”とメンズ館で年間を通して売れ続けている<シーク>のアンダーウエア。昨年夏にイセタンメンズネットでご紹

  • 紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド
    2018.10.13 update

    紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド

    常に肌に触れているアンダーウエア(パンツ)ですがよ~く見てみると、ゴムが伸びていたり、生地がヨレてしまったり…クタクタになっていませんか?衣替えの季節となれば、スーツやジャケット・コートなどは入れ替えをするのに、肌着は案外忘れがちという方も多いはず。今回は、IMn肌着特集でもお馴染み、紳士肌着担当のアシスタントバイヤー大橋が、伊勢丹オンラインストアで買える機能性・見た目重視のボクサーパンツをご提案します。肌着も気持ちも入れ替えれば、仕事のパフォーマンスも向上するかも!? 快適性に直結!機能性

  • <TOOT/トゥート>|限定商品「TOOT×asamerryボクサー」は、メンズ日本肌着の未来に向けたメッセージ
    2018.03.05 update

    <TOOT/トゥート>|限定商品「TOOT×asamerryボクサー」は、メンズ日本肌着の未来に向けたメッセージ

    イセタンメンズが可能にした“伝統と革新のコラボレーション”――。メンズ・アンダーウェアブランド<TOOT/トゥート>と今年で65周年を迎える老舗高級肌着ブランド<asamerry/アサメリー>が、イセタンメンズのプロデュースのもと初のコラボレーションを実現したボクサーパンツ「TOOT×asamerryボクサー」が誕生。3月7日(水)より、三越伊勢丹限定としてメンズ館地下1階=紳士肌着・ナイトウエア・ルームウエア・靴下・ハンカチで販売します。 ともに日本製にこだわるブラ

  • レビュー企画第8弾|「SIDO ウエストゴムなし包帯パンツ®」を試していただきました
    2016.10.01 update

    レビュー企画第8弾|「SIDO ウエストゴムなし包帯パンツ®」を試していただきました

    みなさんご存じの「包帯」を、下着用に改良した生地でつくった「包帯パンツ®」が快適だと話題です。 どの部分が、どのように快適なのでしょうか? 人気の「SIDO ウエストゴムなし包帯パンツ®」を、実際に着用してもらいました。 <REVIEW1> 「通気性」について感想を聞いてみました 男性用下着で気になる大きなポイントである「通気性」はどうでしょうか? 蒸れ無し!不快感無し!気分良し! Reviewer jojoさん 包帯のような編み方でパンツが作られているので、風通しがすごく良いです

  • 【できる男のONとOFF】肌着(アンダーウエア)|できる男は、トランクスとボクサーを上手に穿き分ける
    2016.09.04 update

    【できる男のONとOFF】肌着(アンダーウエア)|できる男は、トランクスとボクサーを上手に穿き分ける

    男同士で旅行へ行ったり、ゴルフの上がりの入浴時に、「おっ、おまえはトランクス派なんだ」という会話はごく自然なこと。男のパンツ論争は、最近はボクサーパンツが優勢で、トランクスはやや押され気味です。この【できる男のONとOFF】では、どちらかではなく、どちらも上手に使いこなそうというのがテーマ。ボクサーとトランクスの穿きこなしを語るのは、メンズ館地下1階=肌着のマネージャーを2年、バイヤーを2年経験し、「実にさまざまなパンツを穿いてきました」と豪語する現・メンズ館計画担当マネージャーの岡田洋一です。男性は&l

  • 【インタビュー】<SIDO/シドー>|ボタニカル柄を纏ったオシャレな「包帯パンツ」新登場!
    2016.07.27 update

    【インタビュー】<SIDO/シドー>|ボタニカル柄を纏ったオシャレな「包帯パンツ」新登場!

    「ネクタイをしない日はありますが、パンツをはかない日はありません。」 締め付け感なし・通気性良し・フィット感抜群の「包帯パンツ」を考案し、ヒットさせた<SIDO/シドー>代表の野木 志郎(のぎ しろう)さんの話を聞くと、そんな当たり前のことがとても大切に感じます。世界初の包帯生地「HOHTAI®」を使用している包帯パンツから、ブランド初の“デートにはいていける包帯パンツ”となるボタニカル柄のショートボクサー(前閉じ)3色がメンズ館地下1階=紳士肌着・ナイトウエア・靴下で先行

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.01.15 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選
2020.01.15 update

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選

年が明けてから暖冬というニュースが目につくが、暦の上の立春を過ぎれば、寒さの中にも暖かい日差しを感じる日々が到来する。そんな春の到来を待ちつつも、着々と準備を進めておきたいのが大人の装い。ボリューム感のある冬のダウンコートや中綿のコートを脱いで、肌寒さの残る時期でも着られる春のレザーアウターをチョイスした。 春を感じながら軽快に着こなす、2020年春のレザーアウターが到着 実力を誇る名だたるレザーブランドが技術を駆使して仕上げた、軽くて薄い、やわらかな風合いの春のレザーアウターは、それぞれブランドならでは

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の