ページトップへ
CLOSE
  • 山下英介さんと歩く「秋冬のメンズ館」前編|永遠のアイコン、ウディ・アレンの着こなしに憧れて
    2019.10.31 update

    山下英介さんと歩く「秋冬のメンズ館」前編|永遠のアイコン、ウディ・アレンの着こなしに憧れて

    雑誌『メンズプレシャス』のファッションディレクターを務める山下英介さんが「ファッションの達人のあの人とメンズ館散歩」でショッピング&スタイリング!――メンズ館の各階をぶらりと散歩する本企画。まず山下さんと向かったのは、7階=メンズオーセンティックと、5階=メンズテーラードクロージングです。 7階|<バラクータ>の永遠の定番「G9」のアオハル的思い出 雑誌『メンズプレシャス』では、メンズ館5階にあるブランドをよく掲載していますが、7階は久しぶりに来ました。7階はリモデル前のイメージが強いですが、こうやって

  • 希少な生地が揃う世界で唯一の百貨店
    2019.09.19 update

    希少な生地が揃う世界で唯一の百貨店

    「珍しい生地が入ったのです」と馴染みのテーラーから連絡を貰ったら、仕立て服好きなら断る理由はない。次の休みにアトリエを訪れると、店主が店奥から厳かに取り出してきた貴重な生地。1着分しか無いと聞けば、オーダーせずに帰るわけにはいくまい。そんな懇意のテーラーとの秘密の愉悦を伊勢丹メンズ館で味わえる。バイヤー渾身の生地を揃えた「ヴィンテージ・ファブリック・マーケット」が、この秋、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーに出現する。 <チェザレ アットリーニ>スーツ 583,200円*伊勢丹新宿店限定 <Ces

  • 【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。
    2019.09.04 update

    【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。

    時代や価値観が変わっても、変わらぬ価値を持った“名品”は必ず存在し、時を超える魅力が備わっている。イセタンメンズネット編集部は、「名品といわれるものにある所以(ゆえん)」にフォーカスし、世界のジェントルマンが愛用している10のアイテムをご紹介。名品に込められた秘密を知れば、あなたもすぐにその虜に……。 1. <JOHN LOBB/ジョンロブ>の「CITY 2」 シューズ「CITY 2/E」 189,000円商品を見る 「永遠の“ファースト・

  • <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|ナポリスタイルと至極の着心地を体感できるス ミズーラを2日間限定で開催
    2019.09.02 update

    <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|ナポリスタイルと至極の着心地を体感できるス ミズーラを2日間限定で開催

    2019.09.07 - 2019.09.08

    1930年にナポリの地でブランドを創業して以来、「針と糸と指貫と鋏さえあば良い」をポリシーのもと、いつの時代も変わらない普遍的なカッティングを現在も守り続ける<チェザレ アットリーニ>。メンズ館5階=メンズテーラードクロージングでは、9月7日(土)と8日(日)の2日間、同ブランドによるオーダー会を開催する。ナポリの伝説的テーラー「ロンドンハウス」でサルトとして活躍し、比類なき名カッターとして語り継がれているヴィンツェンツォ氏を父に持つチェザレ アットリーニ氏。彼が生み出すスーツは、軽快さを追求しながらも、

  • “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。
    2019.07.27 update

    “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。

    2019.07.24 - 2019.08.06

    7月24日(水)から、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーでは、イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催いたします。雑誌『THE RAKE』の最新号では、“一生モノを仕立てる”と題し、伊・英・仏の名門テーラーの世界初となる“本国仕立てのMTMスーツ”や、それらの服にふさわしいスペシャルな生地などのオーダー特集が掲載されています。素材を選ぶことの楽しさに加え、どのテーラーが自分の個性を最大限に引き出してくれるのかを吟

  • <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|ナポリ仕立てのオリジンを体感できるス ミズーラが2日間限定で開催
    2019.02.26 update

    <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|ナポリ仕立てのオリジンを体感できるス ミズーラが2日間限定で開催

    2019.03.02 - 2019.03.03

    スーツ572,400円 1930年にイタリア・ナポリの地でブランドを創業して以来、「針と糸と指貫と鋏さえあれば良い」をポリシーに、いつの時代も変わらない普遍的なカッティングを現在も守り続ける<Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>。メンズ館5階=ビジネス クロージングでは、3月2日(土)と3日(日)の2日間、同ブランドによるオーダー会を開催する。  ナポリの伝説的テーラー「ロンドンハウス」でサルトとして活躍し、稀代の名カッターとして語り継がれているヴィンツェン

  • ジェントルマンが集う男の語り場、"il Barbiere"の全貌
    2019.02.13 update

    ジェントルマンが集う男の語り場、"il Barbiere"の全貌

    この春、伊勢丹メンズ館は大きくリニューアルされる。フロア構成や取り扱いブランドの再編成とともにオーダー環境の拡大など、より深く、よりパーソナルな空間へと生まれ変わろうとしているのだ。このリモデルにあたりメンズテーラードクロージングを担当し、「アルチザン」をキーワードに新たに誕生する編集売場の指揮を執るバイヤーの山浦勇樹に、今回の新ショップへの想いを聞いた。===== 「とくに意識したのはパーマネントやアルチザンといった、メンズ館の春夏キーワードにもなっているテーマ性です。伊勢丹メンズ館はつねに世界中から

  • 2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた
    2018.12.30 update

    2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第3弾は、メンズ館5階=ビジネスクロージング担当バイヤーの稲葉に話を伺いました。トレンドが最も気になるフロアが選ぶキーワードとはいかに…。最後までじっくりとご覧ください。 ▶『2018年を振り返る

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>
2019.11.12 update

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>

東京・丸の内に伊勢丹の新しいメンズストア<イセタンサローネ メンズ>。三越伊勢丹初となる路面メンズファッションセレクトストアは、丸の内・仲通りと、4車線ある馬場先通りの交差する角にあります。 営業時間:午前11時~午後8時

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
2019.11.12 update

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

<Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。 「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 合わせて読みたいおすすめ記