ページトップへ
CLOSE
  • 【完全保存版!ブランド徹底ガイド】vol.3|ジェイエムウエストン
    2021.04.08 update

    【完全保存版!ブランド徹底ガイド】vol.3|ジェイエムウエストン

    1891年の創業以来 、卓越した職人技とタイムレスなデザインによって、パリジャンのシンボルとなっているシューズブランド<ジェイエムウエストン>。伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴のなかでもひときわエレガントで気品を放つ人気ブランドだ。 今回のブランドガイドはこの<ジェイエムウエストン>を6つのポイントに絞り徹底解析していく。知れば知るほどブランドの魅力を実感するに違いない。 ISETAN MITSUKOSHI LUXURYで <ジェイエムウエストン>の商品一覧を見る 1.ヒストリー編

  • <ジェイエムウエストン>|「ウエストン・ヴィンテージ」が国内先行で販売開始となるポップアップストアがオープン!
    2021.03.24 update

    <ジェイエムウエストン>|「ウエストン・ヴィンテージ」が国内先行で販売開始となるポップアップストアがオープン!

    2021.04.07 - 2021.04.20

    創業以来シューズの耐久性を誇り、数々のモデルを発表してきた<J.M. WESTON/ジェイエムウエストン>が、4月7日(水)より伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーションにてポップアップを開催。会期中は、2020年にスタートした新プロジェクト「WESTON VINTAGE/ウエストン・ヴィンテージ」によるシューズの下取りに加え、熟練の職人によって生まれ変わったリペアシューズが、100足を超える圧倒的規模感で国内初登場。このほかにも、限定シューズの受注販売や新作のローンチなど、充実したラインナップをお届け

  • ISETAN MEN'S SNAP|関川 晃彦(メンズ館 カテゴリーセールス)
    2020.07.17 update

    ISETAN MEN'S SNAP|関川 晃彦(メンズ館 カテゴリーセールス)

    - イセタンメンズのファッションスナップ - 関川 晃彦伊勢丹メンズ館 カテゴリースペシャリスト ITEMS ジャケット・シャツ・パンツ:<ドリス ヴァン ノッテン> ■メンズ館2階=メンズクリエーターズ シューズ:<ジェイエムウエストン>126,500円 ■メンズ館地下1階=紳士靴 アイウェア:<テンアイヴァン>63,800円 ■メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス 関川 晃彦 Select Item「いいものはいい」はこちらから Photo:Yu

  • 【特集】最旬バッグで洒落感をぐっと上げる、​ あえて持ちたいメンズ巾着バッグ
    2020.07.06 update

    【特集】最旬バッグで洒落感をぐっと上げる、​ あえて持ちたいメンズ巾着バッグ

    ハンディサイズのバッグは機能性重視から、持ちものに合わせた最適化へアップデート!──日本人が感じる夏らしい雰囲気と合わせて、じわじわと人気に火が付いているのが巾着バッグ。その魅力はお洒落感を印象付けるフォルムに加え、カジュアルコーデだけでなくドレスコーデに合わせればハズシの役目を担う、抜け感を演出してくれる点だ。 新宿店メンズ館のカテゴリースペシャリストの多田野悠祐も、「着こなしのスパイスとしてひとつは持ちたい」と巾着バッグが気になっているとのことで、メンズ館全フロアより選りすぐりの巾着バッグ3点

  • 【特集】<JOHN LOBB/ジョンロブ>ほか、素材の良さが際立つ大人顔の「白スニーカー」19選
    2020.03.26 update

    【特集】<JOHN LOBB/ジョンロブ>ほか、素材の良さが際立つ大人顔の「白スニーカー」19選

    大切なのは、装うスタイルに最も似合うフォルムの一足を選ぶこと 足元を軽やかで爽やかな白スニーカーに変えてみる――それだけでも一気に着こなしが春らしくなる。そんな大人が白スニーカーで差をつけるなら、今シーズンは何を選ぶだろう? ひと口に白スニーカーといっても、フォルムが違えば印象は当然違ったものになる。大切なのは、装うスタイルに最も似合うフォルムの一足を選ぶことだ。 老舗・名門の靴ブランドによるクラシック基調のスニーカーも、ラグジュアリーメゾンのハイテクを搭載したスニーカーも、白スニーカーの魅

  • 【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い
    2020.03.25 update

    【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い

    2020年春夏シーズンも「ローファー」は足元の主役 長らく続いたスニーカートレンドのカウンターとして、伊勢丹メンズ館が猛プッシュする「ローファー」は、古きよきクラシックモデルから、色とりどりのカーフやソフトなコンストラクション、あるいは軽快なソールに置き換えたシューズ群など、どれも普遍的でありながらも瑞々しい魅力に溢れている。 今回ピックアップしたのは、「もの作りに対する真摯な姿勢と品質に対するこだわりの強さ、クオリティの追求、伝統に甘んじることなく時代に合った新しいものへのチャレンジ」す

  • 【特集】タイプ別、2019年に売れた革靴、全部教えます!
    2019.12.25 update

    【特集】タイプ別、2019年に売れた革靴、全部教えます!

    2019年一年を通して、メンズ館地下1階=紳士靴のナンバーワンセラーモデルを大発表! 今回はレースアップシューズ・ローファー・ブーツをタイプ別にベスト3を選定。働き方の多様化やコンフォート志向などで、“革靴離れ”が進んでいると言われるなか、お客さまから支持を集めた靴とは? またその理由も探ります。■ タイプ別、2019年に売れた革靴、全部教えます!▼ 1. 王道から機能性シューズまで多彩に揃う基本の紐靴3選▼ 2. ポイントは“脱ぎ履きのし

  • <J.M. WESTON/ジェイエムウエストン>|永久定番「180シグニチャーローファー」に新色が登場!快適度が増したラバーソールにも注目
    2019.12.24 update

    <J.M. WESTON/ジェイエムウエストン>|永久定番「180シグニチャーローファー」に新色が登場!快適度が増したラバーソールにも注目

    2019.12.18 - 2019.12.31

    1891年の創業以来 、卓越した職人技とタイムレスなデザインによって、パリジャンのシンボルとなっているシューズブランド<ジェイエムウストン>が、メンズ館地下1階=紳士靴にてプロモーションを開催中。さまざまなシーンで活躍するラバーソールを採用した「180シグニチャーローファー」の新色をご紹介する。会期は12月31日(火)まで。 シューズ 110,000円▶商品画像をもっと見る <ジェイエムウストン>創業の地、フランス・リモージュ地方で今なおつづく靴作りは、皮革の裁断、アッパーの縫合、組み立て、ツヤ出しなど多

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ
2021.06.16 update

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ

“男性特有の肌悩み”を多角的に解決するのが『#イセタンコスメンズ』。スキンケア・グルーミング・ヘアケア・フレグランスアイテムの役割や使い方を詳しく解説。さらに、新作情報・スタイリストのおすすめメンズスキンケアアイテムをご紹介する他、メンズビューティコンシェルジュによる深堀りコラムも連載。メンズスキンケアの疑問に幅広くアプローチしたコンテンツを発信します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【完全保存版!ブランド徹底ガイド】vol.4|クロケット&ジョーンズ
2021.06.15 update

【完全保存版!ブランド徹底ガイド】vol.4|クロケット&ジョーンズ

英国靴の聖地、ノーサンプトンに誕生した老舗<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>は、本格革靴の中でも長きに渡り世界中から愛され続けているシューズブランド。>タッセルローファーの代名詞としても知られる「キャベンディッシュ」や高級感溢れる佇まいの定番モデル「オードリー」などは、おしゃれを嗜みたい大人の男性ならまずは持っていたい1足として、一度は目にしたことはあるのではないでしょうか。 今回のブランドガイドでは140年も続く<クロケット&ジョーンズ>の愛される秘密を深掘りして

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

印象が勝負のビジネスマン必見|プロが解説!スーツの着こなし【色柄合わせ編】
2021.05.12 update

印象が勝負のビジネスマン必見|プロが解説!スーツの着こなし【色柄合わせ編】

伊勢丹新宿店メンズ館カテゴリースペシャリスト 岩見和貴が解説する「スーツの着こなし」シリーズ第2弾は、印象をテーマに色と柄の組み合わせについて。実際、ビジネスシーンでの装いは、カラフルな色より、ネイビー、グレー、ブラウンなどのベーシックカラーの服やスーツを着る機会が多いはずです。その中でも組み合わせる色や柄によって、相手に与える印象が変化したり、自分自身のモチベーションになったりと、ビジネスマンとして色や柄の取り入れ方は実はとても重要なのです。 そこで、ここからはカラーアナリストの資格も有する岩見が