ページトップへ
CLOSE
  • 「Levi’s® Authorized Vintage(リーバイス オーソライズド ヴィンテージ)」がメンズ館15周年イヤーを記念したポップアップイベントを開催
    2019.03.04 update

    「Levi’s® Authorized Vintage(リーバイス オーソライズド ヴィンテージ)」がメンズ館15周年イヤーを記念したポップアップイベントを開催

    2019.03.06 - 2019.03.19

    多彩な実力派デザイナーとの古着再生プロダクトも発売 「伝統と革新」というコンセプトをもとにさまざまな名品を世に贈る、<リーバイス®>のユーズドデニムライン「Levi’s® Authorized Vintage(リーバイス オーソライズド ヴィンテージ)」のポップアップイベントがメンズ館7階=オーセンティックウエアに登場。3月6日(水)から19日(火)の期間限定で行われる同イベントでは、そのスペシャル企画として、<ENGINEERED GARMENTS/エンジニアード ガーメンツ

  • <ENGINEERED GARMENTS/エンジニアド ガーメンツ>|'50年代アメリカのリゾートスタイルを想起させる新作コレクションが到着
    2019.02.22 update

    <ENGINEERED GARMENTS/エンジニアド ガーメンツ>|'50年代アメリカのリゾートスタイルを想起させる新作コレクションが到着

    2019.02.20 - 2019.03.05

    2月20日(水)から、メンズ館7階=オーセンティックウェアでは、<エンジニアド ガーメンツ>2019年春夏プロモーションを開催中。今季注目のパッチワークシリーズを中心とした新作コレクションがラインナップした。<エンジニアド ガーメンツ>の今シーズンは、1950年代のアメリカを彷彿とさせるリゾートスタイル、また1970年代のアウトドアやアスレチックテイストの素材やカラーを落とし込んだコレクションを展開。 中でも一際目を引くのが、異なる素材やカラーを組み合わせたパッチワークシリーズだ。ブランド

  • 【特集】名作は「ビデイル」だけじゃない、<Barbour/バブアー>の新定番を発掘。
    2019.02.16 update

    【特集】名作は「ビデイル」だけじゃない、<Barbour/バブアー>の新定番を発掘。

    春の<Barbour/バブアー>は、鉄板モデル「BEDALE(ビデイル)」をはじめ、人気のヘリテイジモデルを現代風にアップデートした全6モデルが登場。「ビデイル」ではない<バブアー>の面白さを、従来のワックスドコットンに比べて65%も軽量で、防水性・防風性は遜色ない4オンスのライトウェイト素材に注目する。 春の"ド"定番アウター、名作「ビデイル」 1894年にジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業した<バブアー>は、北海の不順で極寒な天候の中で働く水夫や漁師、港湾労働者のためにオ

  • スタイリスト青柳光則がフレッシャーズに指南!<ブルックス ブラザーズ>のVゾーンコーディネート
    2019.02.15 update

    スタイリスト青柳光則がフレッシャーズに指南!<ブルックス ブラザーズ>のVゾーンコーディネート

    「社会人になったからにはリクルートスタイルとは一線を画して、セオリーに忠実にビジネスシーンでのおしゃれを楽しんでもらいたい」とフレッシャーズにエールを贈るメンズ館7階=オーセンティックウェアのセールスマネジャー、太田陽介。「ブルックス ブラザーズに始まり、ブルックス ブラザーズに終わる」といっても過言ではない男の基本のスーツ、ブレザーでファッションディレクター、スタイリストとして活躍する青柳光則氏にフレッシャーズのためのVゾーンコーディネートを依頼した。華々しい社会人デビューを飾るためにも、参考にしてみて

  • 【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」
    2019.02.09 update

    【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」

    昼間の陽射しに春を感じるとき、年を越してきた冬アウターはちょっと重く感じてしまうもの。そんな「ジャケットだけでは心許ない日」に重宝するのが、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現する“春アウター”だ。見た目はしっかりしていても、素材に薄・軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなるなど、ジャケット感覚で羽織れる新作が今シーズンは目白押し。イセタンメンズネットでは、近年では類を見ないほど充実している春アウターを3つの切り口でピックアップした。 1. 素材と仕

  • <HACKETT LONDON/ハケットロンドン>|優雅な英国を表現した2019年春夏コレクションが登場、「心斎橋リフォーム」のスペシャルイベントも開催
    2019.02.08 update

    <HACKETT LONDON/ハケットロンドン>|優雅な英国を表現した2019年春夏コレクションが登場、「心斎橋リフォーム」のスペシャルイベントも開催

    洒脱な英国紳⼠のライフスタイルを提案する、<HACKETT LONDON/ハケットロンドン>の2019年春夏コレクションがメンズ館7階=オーセンティックウエアに到着した。 ジャケット 140,400円 2019年春夏コレクションでは、クラシックでありながらドレスダウンしたスーツやセットアップをはじめ、リラックスしたアプローチで着⼼地の良い英国の優雅さを表現。 <ハケット ロンドン>を象徴するネイビーと、コロニアル時代のインドを彷彿とさせるカーキ⾊を軸に、フォーマルとカジュアルという概念を崩した新しい手法で

  • マンハッタン発、粋でサステイナブルなヴィンテージ生地の半袖シャツ
    2019.02.07 update

    マンハッタン発、粋でサステイナブルなヴィンテージ生地の半袖シャツ

    リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズに、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。メンズ館7階=オーセンティックウエアでは、ニューヨーク発の<ダッシュ エル ブラーマン>が雰囲気たっぷりなヴィンテージのファブリックを使って作り上げた、ビッグシルエットの半袖シャツコレクションを紹介する。 <ダッシュ エル ブラーマン>シャツ 各28,080~38,880円■メンズ館7階=

  • <H.R.REMAKE/エイチアールリメイク>|サスティナブルな価値観から生み出される“一期一会”の場が期間限定で登場
    2019.02.06 update

    <H.R.REMAKE/エイチアールリメイク>|サスティナブルな価値観から生み出される“一期一会”の場が期間限定で登場

    2019.02.06 - 2019.02.12

    メンズ館7階=オーセンティックウエアでは、2月6日(水)から同12日(火)までの期間限定で<H.R.REMAKE/エイチアールリメイク>のポップアッププロモーションが登場。同ポップアップでは、「リメイク・リユース・リサイクル」のブランドテーマのもと、現在では入手困難なヴィンテージウェアや価値あるデッドストック素材、過去のコレクションから掘り起こしたアーカイブ生地をミックスし再生されたコートやパーカ、Tシャツのほか、遊び心たっぷりのキャラクタードールなどもお目見え。 キャラクタードール (鶴)大:19,94

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.01.15 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選
2020.01.15 update

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選

年が明けてから暖冬というニュースが目につくが、暦の上の立春を過ぎれば、寒さの中にも暖かい日差しを感じる日々が到来する。そんな春の到来を待ちつつも、着々と準備を進めておきたいのが大人の装い。ボリューム感のある冬のダウンコートや中綿のコートを脱いで、肌寒さの残る時期でも着られる春のレザーアウターをチョイスした。 春を感じながら軽快に着こなす、2020年春のレザーアウターが到着 実力を誇る名だたるレザーブランドが技術を駆使して仕上げた、軽くて薄い、やわらかな風合いの春のレザーアウターは、それぞれブランドならでは

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の