ページトップへ
CLOSE
  • ムートンも艶っぽくこなしてナンボです──<HACKETT LONDONハケット ロンドン>のボンバージャケット
    2017.09.29 update

    ムートンも艶っぽくこなしてナンボです──<HACKETT LONDONハケット ロンドン>のボンバージャケット

    イタリアオヤジの大好物であるボンバーって何かご存知ですか?ひとつは、リブ付きのブルゾン。MA-1のイメージからか、リブ襟&袖のものはすべてボンバー。そしてもうひとつはムートンジャケット。これはまんま爆撃機の搭乗員が着用していたB-3が基ですが、短丈のムートンブルゾンもボンバーのひとつ。と、ふたつのボンバーのなかでも、今季はいつになくムートンのボンバーが大豊作。ちょい骨太でありながら、どこか優し気な雰囲気が魅力ですよね。 短く刈

  • クラシコの範疇で遊んだ脱ブナンな一足です──<SANTONI/サントーニ>のシューズ
    2017.09.28 update

    クラシコの範疇で遊んだ脱ブナンな一足です──<SANTONI/サントーニ>のシューズ

    ダブルモンク?いや、レースアップかと思いきや、その実エラスティックも配されているこちら、我々のよく知るクラシックシューズのディテールが盛りだくさん。ショールームで発見した時にピンときましたよ。このなんともいえないディテールの集積とバランスの良さが、足元を差別化する選びになる、と。 <サントーニ>102,600円 履き心地も合わせやすさもうれしい稀有な一足ですぞ─ソフトなレザーとエナメルをコンビにした三越伊勢丹×LEONの別注モデル。オンビジネスからド

  • ネオクラシコの雄と手がけた最楽ラクスーツ──<Gabriele Pasini/ガブリエレ パジーニ>のスーツ
    2017.09.27 update

    ネオクラシコの雄と手がけた最楽ラクスーツ──<Gabriele Pasini/ガブリエレ パジーニ>のスーツ

    ガブリエレ・パジーニ。LEONをお読みいただいている方ならご存知かと思いますが、言わずと知れたネオクラシコの旗手であり小誌が名付けた呼称は「モデナの怪人」。若くして、仕立ての聖地ナポリ有数のサルトリアたちの下で研鑽を重ね、独自の道を開拓。クラシックであることを重んじながら、ミニマルではないイタリアンダンディズムを標榜した彼のテーラードスタイルはまさに脱ブナン、脱コンサバを地でいく雰囲気が最大の魅力です。 <ガブリエレ パジーニ>スーツ 145,

  • これぞ軽快&セクシーなオヤジの別注コートです──<HERNO/ヘルノ>のラミナーステンカーコート
    2017.09.26 update

    これぞ軽快&セクシーなオヤジの別注コートです──<HERNO/ヘルノ>のラミナーステンカーコート

    アーバンスポーツのもつ軽やかでアクティブなムードが隆盛のいま、オヤジとしては、上手くそれらを咀嚼しつつ、ちょいひとヒネリして取り入れたいところ。では、どういう点で差別化するかということですが、欲しいのは軽快ななかにあるちょっとした艶感であると、LEONは考えました。 コート:<ヘルノ>128,520円 ご購入はこちらスーツ:<ベルヴェスト>248,400円シャツ:<ヴァナコーレ>27,000円タイ:<アントニオムーロ>19,440円 スーツスタイルを艶っぽくそして軽

  • <BORSALINO/ボルサリーノ>|厳選した素材と伝統製法で作られる至高のハット──「クァリタ スーペリオーレ」のパターンオーダー会を開催
    2017.09.25 update

    <BORSALINO/ボルサリーノ>|厳選した素材と伝統製法で作られる至高のハット──「クァリタ スーペリオーレ」のパターンオーダー会を開催

    2017.09.26 - 2017.10.10

    1857年の創業以来、160年以上を経た今日でも創業時と同様の製法を守り続けている、世界最高峰のイタリア帽子ブランド<ボルサリーノ>がパターンオーダー会を開催。9月26日(火)から10月10日(火)の期間限定でメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にて行われます。 「クァリタ スーペリオーレ」ミドルブリム イタリア・アレッサンドリアの地にフェルト帽の芸術的職人だけを集めた工場を設立したことから、その歴史をスタートさせた<ボルサリーノ>。時代と共に職人技術に磨きをかけ、創業当時と同様に約7週間の手間暇をかけて

  • イタリアウィーク|日伊国交150周年を迎えた今年は、より洗練されたイタリアのモノづくりを一挙にご紹介
    2016.09.27 update

    イタリアウィーク|日伊国交150周年を迎えた今年は、より洗練されたイタリアのモノづくりを一挙にご紹介

    2016.09.27 - 2016.10.04

    伊勢丹新宿店全館にイタリアの風が吹く「イタリアウィーク」を10月4日(火)まで開催。日伊国交150周年を迎える今年、洗練されたイタリアをクローズアップし、ご紹介いたします。メンズ館では、イタリアならではのモノづくりを堪能できるイベントやアイテムが目白押し!往年の銀幕スターたちの装いを現代に1881年にイタリア・リビエラで創業したファブリックメーカーを、一大ファッションブランドへと急成長させ、イタリアファッション界を牽引してきたニノ・チェルッティ氏。特筆すべきは、往年の映画へも衣装提供を行い、映画を通じてメ

  • <HENRY COTTON'S/ヘンリーコットンズ>|優雅な大人の旅にこそふさわしい新カプセルコレクションをイセタンメンズ先行発売
    2016.09.24 update

    <HENRY COTTON'S/ヘンリーコットンズ>|優雅な大人の旅にこそふさわしい新カプセルコレクションをイセタンメンズ先行発売

    2016.09.27 - 2016.10.04

    英国の伝統的ライフスタイルに、イタリアの洗練されたデザインが融合した<ヘンリーコットンズ>。9月27日(火)から、伊勢丹新宿店全館キャンペーンとしてスタートする、「イタリアウィーク」に合わせて、”世界を旅する”をテーマにした新カプセルコレクション「ファーストクラス」が、メンズ館先行でお披露目となります。 左/コート 270,000円、パンツ 43,200円 右/ジャケット 118,800円、カットアンドソーン 21,600円、パンツ 54,000円 <ヘンリーコットンズ>は英国のプ

  • 【イベント情報】<チェルッティ>が衣装を手掛けた名作映画からインスパイア 国内外のテーラー&メゾンが競演する特別企画
    2016.09.22 update

    【イベント情報】<チェルッティ>が衣装を手掛けた名作映画からインスパイア 国内外のテーラー&メゾンが競演する特別企画

    2016.09.27 - 2016.10.04

    9月27日(火)から始まる三越伊勢丹全館キャンペーン「イタリアウィーク」。日伊国交150周年の記念すべき年、メンズ館では「イタリアウィーク チェルッティ シネマ企画」と題し、さまざまな名作映画の衣装から着想を得たアイテムが競演します。メンズ館1階=プロモーションでは、イタリアから届いたチェルッティ社のアーカイブの展示やイタリア人スタッフによる販売など、映画への衣装提供を積極的におこなったことでも知られる<CERRUTI/チェルッティ>の世界観を体感いただけるプロモーションを開催します。 左/<チェルッティ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>
2019.09.20 update

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>

東京・丸の内に伊勢丹の新しいメンズストア<イセタンサローネ メンズ>。三越伊勢丹初となる路面メンズファッションセレクトストアは、丸の内・仲通りと、4車線ある馬場先通りの交差する角にあります。 営業時間:午前11時~午後8時

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】時を超えて愛される名品たち
2019.09.20 update

【特集】時を超えて愛される名品たち

名品は寡黙だ。それ自体が雄弁に語りかけることはないが、熟練の技術と高い意匠性が相まって格別のオーラを纏う。そしていつしか時代を超え、卓越した存在になっていく。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ
2019.08.06 update

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ

"洗濯ブラザーズ"こと、<リブレ ヨコハマ>の茂木貴志氏(左)と康之氏(左)第2弾となる今回も、稼働中の工場に取材班がお邪魔させていただき、洗濯にまつわるお話を伺いました。 メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスのギフトコーナーで人気のナチュラルな洗濯洗剤ブランド<リブレ ヨコハマ>を手がける洗濯ブラザーズが、白い衣類専用の粉洗剤「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」をリリース。液体洗剤だけでは落としきれなかった頑固な汚れにアプローチし、白い洗濯物(肌着やタオル、靴下な