2016.09.22 update

【イベント情報】<チェルッティ>が衣装を手掛けた名作映画からインスパイア 国内外のテーラー&メゾンが競演する特別企画(1/5)

09.27 Tue-10.04 Tue
メンズ館1階=プロモーション
9月27日(火)から始まる三越伊勢丹全館キャンペーン「イタリアウィーク」。日伊国交150周年の記念すべき年、メンズ館では「イタリアウィーク チェルッティ シネマ企画」と題し、さまざまな名作映画の衣装から着想を得たアイテムが競演します。
メンズ館1階=プロモーションでは、イタリアから届いたチェルッティ社のアーカイブの展示やイタリア人スタッフによる販売など、映画への衣装提供を積極的におこなったことでも知られる<CERRUTI/チェルッティ>の世界観を体感いただけるプロモーションを開催します。


左/<チェルッティ 1881>スーツ 183,600円
右/<テーラー&カッター>スーツ仕立て上り 210,600円から


映画×ファッションブランド、そのコラボレーションの先駆け

1881年、イタリアのビエラにて設立された<チェルッティ>。生地メーカーだった一企業は、3代目のニノ・チェルッティ氏の就任とともにファッションブランドとして急成長を遂げてきました。
同氏はこれまで培った高級生地を生産するノウハウをもとに、1957年ミラノコレクションにてメンズウェアを発表。生地ブランドが、素材からアパレル製品に仕上げるのを一貫しておこなう手法は、多くのブランドの先駆けとなり、時代の流れを的確にとらえたスタイルで世界で一躍人気ブランドとなりました。
そんなニノ・チェルッティ氏のもう一つの大きな功績は、さまざまな映画への衣装を積極的に提供したこと。フランス=イタリア合作映画『ボルサリーノ』をはじめ、ハリウッド作品など数多くの映画でチェルッティの服が着用されています。

メンズ館1階=プロモーションで開催する「チェルッティ シネマ企画」では、普段目にすることができないイタリアのチェルッティ社から届いた、アーカイブの展示を行うほか、メンズ館=各階では、映画のコスチュームからインスパイアされた世界の新進テーラーやメゾンのアイテム、復刻生地などが並びます。


NEXT≫一見して上質な仕立てとわかるキャメルカラーのコートを