2020.11.20 update

〈コヒーレンス〉を象徴するモデル「AL」と「MUTT」の過去と現在の哲学を紐解くプロモーションをメンズ館5階にて開催。

11.18 Wed -12.01 Tue
伊勢丹新宿店 メンズ館5階 メンズテーラードクロージング

ヨーロッパで服飾スキルを長年磨いた中込 憲太郎氏が手掛けるコートブランド〈COHERENCE/コヒーレンス〉から、11月18日(水)から伊勢丹新宿店 メンズ館5階 メンズテーラードクロージングにてプロモーションを開催している。同ブランドの象徴的なモデルである「Al(アル)」と「MUTT(マット)」にフォーカス。


 
「ALⅡ」
ダブルトレンチコート 201,300円

世の服好きがたどり着くコート専業ブランドは数多くあるが、近年その一つとして必ず名が挙がる日本ブランドがある。それが、〈コヒーレンス〉だ。
設立は2015年とまだ歴史は浅いものの、素材の開発から縫製まで日本で行い、細部まで抜かりなく積み上げられるものづくりは、かの“Pitti imagine Uomo(ピッティ イマジネ ウオモ)”でも、各国の目利きから称賛されている。その技術が惜しみなく集約された美しくシンプルなコートは、歴史を彩った哲学者や芸術家、そして作家などが愛用したワードローブがイメージソースとなっている。


 
「MUTTⅡ」
タイロッケンコート 319,000円

エポーレットのないトレンチ「ALⅡ」は、ノーベル文学賞を受賞したフランス人作家、アルベール・カミュ氏が1950年代に着用していたものをモチーフ。そして、ある名高い芸術家が1916年に撮影されたポートレートで着用していたコートをベースに、同時代のミリタリーコートの仕様を融合した「MUTTⅡ」は、すでに登場しているが、本プロモーションでは、この二つのモデルが誕生するのにインスパイアされたさまざまな素材や資料を展示している。

「AL」と「MUTT」の過去と現在の〈コヒーレンス〉の哲学を、この機会に紐解いてみてはいかがだろうか。


三越伊勢丹オンラインストアで〈コヒーレンス〉の商品を見る



イベント情報
〈コヒーレンス〉プロモーション
  • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館5階 メンズテーラードクロージング

Text:ISETAN MEN‘S net

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館5階 メンズテーラードクロージング
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら