2019.06.14 update

<HUBLOT/ウブロ>と<Berluti/ベルルッティ>の稀有なる蜜月

06.19 Wed -06.25 Tue
本館1階=ザ・ステージ
「アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)」を掲げる<ウブロ>が手掛けてきた数々のコラボレーションの中で、最も入手困難なモデルに挙げられる「クラシック・フュージョン ベルルッティ」シリーズ。6月19日(水)からの1週間、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージに設けられた<ウブロ>のポップアップブティックでは、待望の新作クロノグラフを含む3種のモデルが先行販売される。

 
The Art of Fusion - 革新性とヘリテージの融合 -

「アート・オブ・フュージョン」。ブランドの原点に立ち返った今年の<ウブロ>。異なる素材や技術、アイデアを融合させてゆくというコンセプトに則り、独自の新素材を積極的に開発。同時に多くのアーティストとのコラボレーションも手掛け、そこから従来になかったケースフォルムやデザインが生み出されてきた。

しかし近年で最も大きな成功を収めたものと言えば、間違いなく<ベルルッティ>とのコラボレーションモデルだろう。

<ベルルッティ>のシグネチャーである“スクリット“は、オルガ・ベルルッティがオークションで入手したという18世紀フランスの手紙に由来。その手書きのカリグラフィーパターンを施したヴェネチアレザーをダイヤルとストラップ表面に用いた限定モデルは、“最も入手の難しい<ウブロ>の時計”のひとつとなっている。


オルガ・ベルルッティがオークションで入手したという、18世紀のフランスで書かれた手紙のカリグラフィーは、そのままアイコニックなモチーフとして、<ベルルッティ>のシグネチャー“スクリット”となった。新作の「クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ」シリーズでは、新たに、ケース自体に“スクリット”彫刻を施している。


「ベルルッティ」モデルを収納するスペシャルボックスには、<ベルルッティ>のシューケアセットが付属。2016年の初登場以来、このシリーズが大きな人気を博してきた理由のひとつである。

2016年に始まった両者のパートナーシップは今年も継続。新作として発表された「クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ」は、ケース自体に“スクリット”彫刻を施し、深みのあるブラックブラッシュ仕上げを加えた快作。ヴェネチアレザーを採用したダイヤルとストラップは、こちらも<ベルルッティ>らしいパティーヌ仕上げとなった。


6月19日(水)からの1週間、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージに<ウブロ>が登場。2種の新作に、日本限定モデルとして1月に発表された「クラシック・フュージョン ベルルッティ スクリット フラットビアンコ」を加えた3モデルが日本国内では、本会場と<ウブロ>ブティックのみで、先行販売される。またウォッチコレクターズ ウイーク期間中は、これらのモデルの他、<ウブロ>の豊富なコレクションの数々が伊勢丹新宿店に集結する。


HUBLOT × Berluti

 


「クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ コールドゴールド」2,397,600円
ブロンズケース:直径45mm/クロノグラフ/約42時間パワーリザーブ/5気圧防水/自動巻/世界限定200本

ブラックブラッシュ仕上げが施されたブロンズケースに、<ベルルッティ>のシグネチャーである“スクリット”を刻み込んだ新作クロノグラフ。ヴェネチアレザーのダイヤルとストラップは、パティーヌが施された“コールドゴールド”と呼ばれるブラウンカラーに。


「クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ コールドブラウン」2,160,000円
Tiケース:直径45mm/クロノグラフ/約42時間パワーリザーブ/5気圧防水/自動巻/世界限定200本

Tiケースに“スクリット”彫刻を施したクロノグラフ。ケースのブラックブラッシュ仕上げは、革靴の色が経年変化で濃くなっていく様を思わせる。ダイヤルとストラップカラーの“コールドブラウン”は、Tiケースとの色調が美しい。
 
「クラシック・フュージョン ベルルッティ スクリット フラットビアンコ」1,555,200円
Tiケース:直径45mm/約42時間パワーリザーブ/5気圧防水/自動巻/日本限定100本
 
1月のウブロジュネイブデイズで発表された日本限定の「ベルルッティ」モデル。こちらは“スクリット”彫刻を施したホワイトのヴェネチアレザーを、ダイヤルとストラップに採用している。マットなレザーの質感と3針ならではのシンプルさが魅力。

Text:Hiroyuki Suzuki

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
本館5階=ウォッチ/ウブロ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら