2019.06.05 update

父の日に特別な一本を!毎年人気の“扇子名入れイベント”を今年も開催!

06.08 Sat -06.09 Sun
メンズ館1階=シーズン雑貨・帽子
今年は5月に日本各地で猛暑日を記録するなど、例年より早く暑さを感じている方も多いのでは。そんな暑い日におすすめなのが持ち運びにも便利な扇子。バッグの中に忍ばせておけば、いつでもどこでも上品かつスマートに涼をとることができます。
現在、メンズ館1階=シーズン雑貨・帽子ではバリエーション豊富な扇子をご紹介中。さらに6月8日(土)、9日(日)の2日間は、毎年ご好評を頂いている「扇子名入れサービス」を実施するので、大切なお父さんへの心のこもったギフトとしてもおすすめです。




 
左:<白竹堂>京扇子 千歳緑 12,960円 ご購入はこちら
1718年に京都で創業した<白竹堂>は、伝統を継承しながら今のニーズにあった扇子を提案しています。京扇子とは、扇面、扇骨、仕上げ加工まですべて京都市を中心とした国内で生産した扇子のこと。松の葉のような緑色は、長寿の意味を持つ松から、めでたい色とされています。

右:<白竹堂>京扇子 デニム 7,560円
岡山デニムと京都の扇子職人がお互いの技術を集積して出来た京扇子。ライトブルーとインディゴブルーをご用意し、ファッションアイテムの一つとしてもおすすめです


開いた形が「末広」であることから、未来に向けての繁栄を表すと言われ、縁起が良いものとして知られている扇子。古くから日本の風物詩でもある扇子ですが、最近では素材や色柄、デザインの種類が広がり、和装だけでなくスーツスタイルにコーディネートして携帯する方が増えています。


左:<保赤軒>手描き60間 21,600円
東京の青山に工房のある<保赤軒>を代表する60間の扇子。60本の竹の骨と和紙で仕上げられており、広げた時の美しさ、仰いだ時の竹のしなりなどの使用感も含めて、職人の技術が駆使された一品です。

右:<ステファノビジ>×<保赤軒>扇子 16,200円
イタリアのネクタイブランド<ステファノビジ>の生地を使用した扇子。ブルーやホワイトベースの生地など今年は13種類色柄を取り揃えます。親骨のブラックがシックにまとまる一品です。

2日間限定で承る「扇子名入れサービス」では、賞状や目録など数多くの筆耕を行う渡邊桂伊瑚(わたなべけいこ)氏が来店。お買い上げいただいた扇子に、金、銀の2色からお選びいただき、苗字またはお名前をお入れいたします。ご自分用はもちろん、ギフト用としてもパーソナルな一点が完成する貴重な機会となるので、ぜひ足をお運びください。





扇子名入れサービス
渡邊 桂伊瑚氏来店
□6月8日(土)、9日(日) 各日11時30分~6時30分
□メンズ館1階=シーズン雑貨・帽子
□名入れ:無料(苗字または名前のいずれか)
□お渡し:15分程度
*混雑状況によりお待ちいただく時間が変更する場合がございます。
*都合により、来店予定が中止または変更になる場合がございます。また、時間帯により不在の場合がございます。予めご了承ください。

Photo&Text:ISETAN MEN'S net

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら