本館地下1階連絡通路からアクセスすると、紳士肌着、その向こうに紳士靴が見える。その右手には紳士鞄。見慣れたその光景は、3月15日(金)から大幅にリニューアルされる。特に新設されれるラゲッジコーナーは、これまでとひと味もふた味も違うものになる。トラベルニーズの高まりに対応すべく、ラグジュアリーなラゲッジが集結するのだ。

最初に目に飛び込んでくるのは<RIMOWA/リモワ>、<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>といった、有名ラゲッジメーカー。なかでも<リモワ>は、昨年コレクションを一新。ヴァージル・アブロー率いる<オフホワイト>とのコラボレーションも記憶に新しい。

 ©RIMOWA

関連記事:<RIMOWA/リモワ>|待望の新店舗がメンズ館地下1階にオープン──カスタマイズサービスも同時スタート

今季は、ケースベルトやチャームなどスーツケース以外のアイテムを展開することが既に発表されているが、伊勢丹メンズ館では、アイコンの「オリジナル」や「エッセンシャル」シリーズを中心に幅広い品揃えを用意するほか、「クラシック」シリーズのハンドル*や、ホイールを自分好みにカスタマイズしたり、ラゲッジタグにイニシャル刻印ができるサービスも新たに提供するという。

*ハンドルのカスタマイズは、「クラシック」シリーズのみとなります。

©GLOBE-TROTTER

関連記事:【特集】パーソナライズした<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>のトラベルケースと共に旅に出る

<グローブ・トロッター>はこれまで銀座店でのみ承っていた常設のオーダーメイドサービスを、伊勢丹メンズ館でも可能にする。特別にプログラムされたビジュアルシステムで、グローブトロッターのフルコレクションをカスタマイズできる同サービスは、ボディはもちろんハンドルやコーナーパーツ、内装など各部の色を変更できるというもの。タブレット上で仕上がりをイメージをしながら愉しめる、オーダーの醍醐味を味わえる。

NEXT>トラベルラゲッジを思いのままにパーソナライズ

注目記事