2019.01.22 update

NEW MATES──装いに、変化と進化を|#29 ミレニアルズをリードする、真の実力派

リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館に、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。

メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズでは、トレンドやスタイルの背景にある“カルチャー”にフォーカス。長野を拠点とする新進気鋭の若きデザイナーが手がける次世代ブランド、<amachi./アマチ>の取り扱いを開始する。


<アマチ>シャツ49,680円、Tシャツ22,680円、パンツ77,760円
■メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ
*2月27日(水)より展開

 

<アマチ>は、コレクションブランド数社でパタンナー、ブランドマネージャーとして経験を積んだ若干25歳という気鋭のデザイナー吉本天地氏によって、2016 年に創設されたブランド。活動の拠点を長野県の山奥に置いているというユニークなブランドだが、吉本氏のバックボーンもまた相当にユニークだ。

吉本氏は1993年、ミュージシャンとして活動する両親の元、ヒッピームーブメントの聖地として知られる北カリフォルニアのエルクバレーで生まれ、電気も水道もない大自然のなかで幼少期を過ごした。2000年に家族とともに“帰国”し高校卒業後はファッションビジネスに従事するも、自らのブランド<アマチ>立ち上げに伴い慣れ親しんだ自然へと回帰。長野県の山奥でデザイン活動を行っている。

そんな吉本氏だけに、コレクションは自然とのつながりを感じさせるスピリチュアルで有機的なデザインと素材使いが際立つ。パタンナーとしてのキャリアから、着心地においても妥協はない。世界広しといえども、<アマチ>でしか手に入らないと断言できる。そんな唯一無二のアイテムが満載だ。




 

Photo:Tatsuya Ozawa
Text:Junya Hasegawa(america)

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ
03-3352-1111(大代表)