2018.10.21 update

【特集】今、着たいニット③|トレンドを意識した<ジョンスメドレー>の「ニットポロ&ヘンリーネック」で秋を満喫

グッと秋めいてきたら着たくなるのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。
スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。





イギリスで最も古い歴史を持つニットブランド


ファインゲージニットウエアの代名詞的存在で、古くから英国王室御用達として知らぬ者はいない<JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー>
メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツでは、日本人体型にフィットする「ITALIAN FIT」を採用した定番の30ゲージニットを豊富にラインナップ。「雪のようにソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢感」と担当者も評するほどだ。

<ジョンスメドレー>は1784年に創業した英国を代表するブランドで、2世紀以上にわたって築き挙げられた手仕事による仕上げ技術を保持しながら、更なる革新を続けている。さらに、製品はニュージーランド産のメリノウールとジョンスメドレーズ シーアイランドコットンの2つの素材によって生産され、高級な素材への取り組みにも積極的で、超軽量な編み目の細かいニットウエアを生み出している。

ニュージーランドの牧場と直接契約して独占的に仕入れる良質なメリノウールはヨレが少なく、ストレッチに富んだ糸で、なにより家庭洗いができるのがうれしい。シワの回復力が高く、裏返して洗濯ネットに入れての丸洗いが可能という、とても扱いやすいウールセーターなのも<ジョンスメドレー>の魅力だ。
 

<ジョンスメドレー>ニットポロ 38,880円

今秋のイチ推しは、「ニットポロ」と「ヘンリーネック」

 
定番ニットだけでなく、常にトレンドを意識したニットウエアの新作をシーズン毎に提案するのも<ジョンスメドレー>の人気を高めている理由の一つだろう。今秋に注目してほしいのは、トレンドを掛け合わせた「ニットポロ」と、過去の肌着ラインからデザインを起こした「ヘンリーネック」だ。

アメリカントラッドの流行を背景に、ラガーシャツからインスパイアされたニットポロ。素材はメリノウール、ベーシックな襟型を採用した上等なラガーニットだ。紺のブレザーなどと合わせて、若々しく着こなしたい。


ヘンリーネック 36,720円

またヘンリーネックは、太目のリブデザインと大ぶりのボタンが特徴。ボタンを開けると前立ての内側に白が見えて、襟元にカジュアルな雰囲気が漂う。ニットの可能性を広げる大人の上品なカジュアルアイテムだ。
メンズ館5階=ビジネスクロージングで展開する、上質なジャケットやスーツのクオリティとバランスが整い、インナーで活躍する<ジョンスメドレー>のニット。今年はニットポロの人気が加熱しているが、“<ジョンスメドレー>のニットポロ”を指名買いしたい。




*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら

注目記事