2018.08.24 update

<Luca Grassia/ルカグラシア>|ナポリの今を体現するスーツの極み──2日間限定のス ミズーラ会に英国老舗の特別生地を多数用意

08.31 Fri-09.01 Sat
メンズ館5階=ビジネス クロージング
イタリア・ナポリの地で3代に渡り続く実力派サルト<Luca Grassia/ルカグラシア>が、8月31日(金)と9月1日(土)の2日間に渡ってス ミズーラ会を開催。メンズ館5階=ビジネス クロージングにて開催されるイベントでは、同サルトの3代目、ルカ・グラシア氏とその弟サルヴァトーレ・グラシア氏が来店。自ら採寸を行うほか、デザインやディテール、生地選びなど独自のスタイルを提案する。

 

<ルカグラシア>は、今日のナポリ仕立ての礎を築いた名店ロンドンハウスにて、オープンした当初の1930年代に腕をふるった初代が、1963年にナポリ郊外カザンドリーノに開いた家族経営のサルトリア。ナポリに拠点を構え、半世紀以上、3世代に渡って続くスミズーラ工房が、伝統と独自の感性を結集し、2017年春夏シーズンよりスタートさせたのが3代目ルカ・グラシア氏自身の名を冠したブランドだ。

その魅力は、3代目のルカの若い感性を最大限に活かした他にはない艶やかなシルエット。その特徴として、ほとんどの工程が手で行われているため、ナポリ仕立て特有の柔らかな着心地はもちろん、サルトリア感溢れる丸みを帯びたジャケットに、サイドアジャスターが付いたベルトレスで、ボタンフロント、たっぷりとしたプリーツが取られたパンツは、エレガントそのもの。クラシックなサルトリアルなディテールだが、"今"の雰囲気を体現している。もちろん名立たるブランドのOEMを長年手掛けてきた経験と幼少の頃から多くのサルトリアで修行を積んできた確かな腕は折り紙つきだ。


今回のス ミズーラ会では、ルカ・グラシア氏自身がお薦めする、世界で最も古い高級服地マーチャントとして名高い英国老舗「ホーランド&シェリー」社製生地やフランネルの名門「フォックス ブラザーズ」社製生地、さらには現地から直接持ち込まれるヴィンテージ生地も特別に用意。100を超える豊富な生地ラインナップからセレクトが可能だ。

オーダーメニューは、スーツやジャケット、コートの3アイテム。仮縫い付きのオプションもあり、2019年2月上旬お渡しの予定となる(仮縫いなしの場合は、2018年12月上旬予定)。




イベント情報

<ルカグラシア>ス ミズーラ会

□8月31日(金)~9月1日(土)各日11時~6時
□メンズ館5階=ビジネスクロージング

オーダー詳細
■価格:スーツ 378,000円から、ジャケット 324,000円から、コート 399,600円から(仮縫いオプション ジャケット、コート +43,200円、スーツ +54,000円、スリーピース+64,800円)
■お渡し:仮縫いなし 2018年12月下旬予定 / 仮縫いあり 2018年11月下旬仮縫い、2019年2月上旬お渡し予定

*都合により、来店予定が中止または変更になる場合がございます。時間帯により不在の場合がございます。予めご了承ください。
*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=ビジネスクロージング
03-3352-1111(大代表)