2018.07.10 update

「一枚で2度おいしくなる」長年愛用したオーダーシャツは、“クレリック”でもう一度生き返らせる!


メンズ館5階=オーダーシャツで仕立てたシャツや、紳士大市などの催事で作ったイセタンメンズのオーダーシャツ、「まだ着られるのに、捨てるのはもったいない」と、タンスの肥やしになっていませんか?――
オーダーシャツ担当の加藤がおすすめするのは、襟とカフスを付け替えて、『クレリックシャツ』としてもう一度シャツを蘇らせる。「一枚で2度おいしい」シャツ蘇生術を伝授!


オーダーシャツに関する記事はこちら


お気に入りのシャツだけど、襟とカフスが…。直せないですか?


まだまだ着たいのに、襟の剣先がほつれていたり、襟の首が当たる部分が毛羽立っていたり、汚れていたり、カフスが時計とこすれて擦り切れたり……というシャツを、どうしていますか?


実際にお客さまが店頭にお持ち込みになった交換前のカフスと襟。
左/時計によるすり切れが全体的に広がり、ほつれている。
右/襟の内側全体に毛羽立ちが目立ち、ほこりや皮脂による変色も。

「そういうシャツは気に入っていて、よく着用された証拠。襟とカフスを交換すれば、また愛着に応えてくれます」と加藤。「すり切れや汚れでの交換はもちろん、昔作ったシャツの襟型が大ぶりでコンパクトにしたいというお客さまや、時計を買い替えたので、カフスのデザインを変えたいというこだわりの方もいらっしゃいます。」

そのような場合におすすめしているのが、襟とカフスを交換して作るクレリックシャツです。「クレリックの魅力は、白がもたらす清潔感。Vゾーンの見え方が変わって、ネクタイの色が映えたり、顔が襟の白さで明るくなったりする効果もあります」と、自ら直したクレリックを着ている加藤も推奨します。


“清涼感”と“華やかさ”をシャツ1枚で演出


クレリックシャツは、タイドアップではもちろん、ノータイでも上品さを演出しれくれるので、多くのシーンで活躍するのも魅力。
「ビジネスマンにとって“清潔感”はとても重要なファクターの一つ。襟の白さが明るい印象を引き出し、涼しげな雰囲気を引き出します。ノータイならボタンダウンやホリゾンタル、ビジネスならレギュラーやワイド、セミワイド、あるいはラウンドのタブカラーなど、襟の形で着こなしをお楽しみください。襟型もカフスデザインもお好みのものをお選びいただけます」と加藤。
クレリックシャツは、華やかさと品格を際立たせてくれるもの。オーダーシャツならではの“特典”である襟とカフスの交換を上手にご利用ください。

カフス・襟交換について
□カフス交換 2,700円
□襟交換 3,240円
□お渡し時期:承りから約4週間後以降

*お持込いただいたシャツの状態によっては交換を承ることが出来ない場合がございます。
*メンズ館5階=オーダーシャツ・紳士ファッション大市他、催事にてお作りいただいたオーダーシャツ以外のカフス・襟交換は承っておりません。予めご了承ください。
*詳しくは係員までお問い合わせください。

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=オーダーシャツ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら