小山薫堂氏とゲストが追求し続ける「湯道」とは・・

新年度が始まり、早くも2週間が経とうとしています。気候も落ち着き始め、過ごしやすい日々が続いていますね。皆さまは何か春ならではのイベントなどは行われましたか?

我らがCHALIE VICEはというと、、、「今年の春はイギリスでのんびりしようと思っていたんだけど、オランダにいる友人からこっちの春を見に遊びにおいでとお誘いを受けてしまってね。近々オランダの友人の元へ行って、久しぶりにキューケンホフ公園のチューリップを堪能できればいいなと思っているよ!」とのこと。世界中に友人がいるCHALIEならではの出来事ですね。

現在、THE GALLERY by CHALIE VICEでは、日本の新しい文化「湯道」をご紹介中。なんと今回のエンジェルズブログでは、本日行われたばかりの「湯道」特別トークショーの様子をお届けいたします!


「湯道」提唱者の小山薫堂さんは、何十年も昔から交流のあるCHALIEの大親友。今回のイベントでは、CHALIEと小山薫堂さんのスペシャルなお話しが聞ける・・!と思っていたのですが、またもや旅人CHALIE VICEは、日本行きの飛行機に間に合うことが出来なかったそうです・・残念。

イベントでは、小山薫堂さんと、日本の銭湯の文化をテレビ・雑誌・WEB・SNSなどを通じて国内外に発信し、2015年より銭湯大使を務めておられるフランス人のステファニーコロインさん、海外の方向けに日本文化を発信するウェブサイト「MATCHA」を運営する株式会社MATCHA代表取締役社長の青木 優さんの3名をゲストにお迎えして、トークは始まりました。


小山薫堂さんには「湯道」の裏話をたくさんお話しいただきました。THE GALLERY by CHALIE VICEにも飾られている「湯道温心」。これは、京都 大徳寺 真珠庵の山田宗正和尚によって書かれたものなのですが、これは竹ぼうきを改造して作った筆で書いたのだとか!また、小山さんが人生で初めて怒られた記憶は、三歳くらいの時に近所の銭湯で舟のおもちゃではしゃいで遊んでいた時なのだそう。その時から、他者を慮る日本人らしい気持ちをどこかで感じていたのではないでしょうか。

ステファニー・コロインさん
 青木 優さん

ステファニーさんと青木さんのお話しの中では、ステファニーさんが実際に撮影された銭湯の写真を見せていただき、日本人も気づいていない銭湯の素晴らしさや美しさを見せていただきました。また、海外のガイドブックには「温泉」というワードが髙い頻度で掲載されており、改めて日本文化の中の「湯道」は、注目されるであろうというお話しも。「湯道」の提唱者である、小山さんから「湯道」について学ばせて頂くという貴重な時間を過ごすことができました。

「黒川温泉 湯あがりカフェオレ」を飲みながら、イベントはスタート。

そして小山さんはこのような事を仰っていました。「歴史は未来に作られる」・・偉大な歴史上の人物と同じで、過去にあった出来事を未来で継承する人がいれば道は作られる、と。その未来に向かって小山さんは”種まき”をしているのだとか。

尚、現在THE GALLERY by CHALIE VICEでは「湯道」の魅力の一つである伝統工芸を用いた「湯道具」をご案内しています。中でも小山さんのおすすめは「おぼろタオル」。タオルとガーゼが半分になっていて、体を洗うのに丁度良い薄さのタオルは、今後は「湯道」上級者には、色が違う特別なタオルを家元として授けようか、と計画中なのだとか。

おぼろタオル 864円 

「湯道」は、4月17日(火)までのご紹介となっております。皆さまのご来店をTHE GALLERY by CHALIE VICEにて心よりお待ちしております! 

チャーリー ヴァイス オンラインストアはこちら


Photo:TAKU FUJII

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら