Sustainable Future──22世紀を見据えたファッション

サステイナブルファッションの現場は、ものづくりに限らない。“再利用する”という選択も、環境への立派な貢献だ。今回は、着られなくなった服をよみがえらせる「服のリフォーム」にフォーカス。


株式会社サルト代表取締役 檀 正也
お直し専門会社の営業を経て、2000年にサルトを開業。単なるお直しにとどまることなく、トレンドまで意識した高い技術で、ファッション業界にもファンが多い。最近ではオリジナルスーツのオーダーメイドも行っている。


「服から土、土から服への循環を」


銀座に本店を構えるサルト。お直しのスペシャリスト集団と形容される同店には、さまざまな理由から着られなくなった服が数多く持ち込まれる。「単に“丈を詰める”“身幅を細くする”というだけでなく、いかにトレンド感を演出できるか。ひとえにお直しといえど、高い創造性が必要です。服装は人を映す鏡。値段にかかわらず、きちんと服を着てもらいたいですね」。

10年前のスーツが、旬のムードをまとってよみがえる――。トレンドを意識したお直しこそが、全国の洒落者たちから支持される所以だ。「 ヨーロッパには、お直しを繰り返し服を受け継いでいく習慣があります。日本でもそうなっていけばいいなと」。最終的には、究極のリサイクルを目指す。「着られなくなった服は、途上国へ寄付しています。また、東北にある(株)ハザカプラントというバクテリアの研究機関と提携して、廃棄された服を土に返す構想も進めています。服が土に還り、その土が綿や羊毛などを生む。それが“お直し”の理想ですね」

 

お問い合わせ
メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー
03-3352-1111(大代表)