2017.02.01 update

<visvim/ビズビム>|ブランド初のランウェイショー体験とともに、春夏コレクションのキーアイテムを発売(1/2)

02.08 Wed -02.14 Tue
メンズ館1階=プロモーション
昨年6月にピッティ・イマージネ・ウオモでの初のランウェイショーを行った<visvim/ビズビム>。2017年春夏コレクションを振り返ったディレクターの中村ヒロキ氏は、「日本の伝統と職人技術、そして50年代のアメリカのハッピーな部分のミックステイスト、和とカウボーイ、ウエスタン、アメリカンネイティブなど自分が好きなものを織り交ぜたコレクションとなっています。」とインタビューで語る。


関連記事
【オープンレポート】<visvim/ビズビム>|ピッティのショー会場を再現した空間も楽しめるポップアップ
【インタビュー】<visvim/ビスビム>ディレクター・中村ヒロキ|ハートに訴えかけるものづくり
商品に関する情報はこちら

2月1日(水)よりスタートする「ピッティ・イマージネ・ウオモ アット イセタンメンズ(PITTI IMMAGINE UOMO AT ISETAN MEN'S)」の期間中、2月8日(水)から、メンズ館1階=プロモーションで<ビズビム>の最新コレクションが“体感”できる。


見て、感じて、買える、五感を刺激する<ビズビム>の尽きない魅力

昨年6月にイタリア・フィレンツェで開催された第90回ピッティ・イマージネ・ウオモの特別デザイナープロジェクトに招待された<ビズビム>。特別デザイナープロジェクトは、ピッティが注目するデザイナーのプロジェクトを単独のランウェイ形式でプレゼンテーションするもので、<ビズビム>はメンズとウィメンズのトータルコレクションを発表した。

ディレクター中村ヒロキ氏によるアメリカのワークウェアをベースにしたテキスタイルによる再解釈や、ヴィンテージ感覚のデニム、ジーンズ、そしてファンに圧倒的に支持されるシューズデザインなど、<ビズビム>らしさが満載のコレクションは、現地で大きな話題をさらった。


商品に関する情報はこちら

今回のポップアップでは、コレクションのキーアイテムとなっている手漉(す)きの和紙を使用したジャケットやコート、シャツなどはもちろん、雷=ライトニングボルトや竹柄、鯉の柄など、キャッチーなモチーフのアイテムがラインナップする。

特に、和を意識した「法被(はっぴ)」は、さまざまなバリエーションのアイテムとして登場し、中村ヒロキ氏が目指す“アメリカンヴィンテージと和の美学”を象徴する。

<ビズビム>のランウェイショーをイセタンメンズが独自撮影

さらにポップアップでは、ヘッドセットをかぶることで、360度全方向の映像を楽しめるVR(ヴァーチャルリアリティ)のブースをご用意。昨年6月16日にイタリア・フィレンツェのボーボリ庭園で開催されたランウェイショーの臨場感を体験できる。

NEXT≫2月8日(水)の販売方法はこちら

<visvim/ビスビム>プロモーション
□2月8日(水)~14日(火)
□メンズ館1階=プロモーション

「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN’S」
■2月1日(水)~14日(火)
■メンズ館=各階