2016.10.20 update

【特集】肌寒い今こそ着たいレザーアウター②|モードなエッセンスがディテールに宿る最旬デザインと革に注目「ダブルライダース」(1/5)

着こなしのイメージは「Wild but Elegant」。バイカーのオリジンであるダブルライダースは、ブレない男の代名詞。重厚感があって、クラシックで、武骨な印象のアウターですが、実はインナーを選ばない優等生でもあります。何と合わせてもクールな男になれるダブルで、新しい自分のアピールを。

伊勢丹オンラインストアで「レザージャケット」の商品一覧を見る


「ロッカーやバイカーに憧れていた青春時代から、また大人になって着てみたい」と人気なのが本格的なダブルライダースです。シンプルなデザインが魅力のシングルライダースと比べて、襟やエポーレット(肩章)、スナップボタン、ポケット位置、全体的なファスナーワークなど見どころ満載。厚手のレザーは着るほど身体に馴染んできて、長年の相棒になっていきます。この秋冬は、シャツやニットなどとのレイヤードで個性的な着こなしをどうぞ。

関連記事
【レザーアウター特集①】ミニマムなデザインで旬のスタイリングを楽める「シングルライダース」編
【レザーアウター特集③】着るほど愛着に変わっていく、男の色気を演出する「レザーブルゾン」編
【レザーアウター特集④】レザーの素材感の魅力をワンランクアップするデザインアウターに注目!「コート&ジャケット」編*10月26日(水)公開

<ジョン ローレンス サリバン>レザージャケット 162,000円
メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ

着丈の短いシャープなシルエットが創り出す都会的な表情

<JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ジョン ローレンス サリバン>が得意とする細身のシルエットに短めの丈でエレガントな印象を与えるダブルライダース。ジップを多めに配した硬質なデザインながら、イメージに反したソフトで軽い着心地を実現。軟らかい質感で動きやすく、着心地の良いライダースとなっています。<ジョン ローレンス サリバン>ならではの強さとエレガントさを兼ね備えた定番アウターです。

NEXT≫<ジョルジオ ブラット>ライダース=黒のイメージを見事に覆す、オンリー・エムアイの逸品

注目記事