2016.06.21 update

【クローズアップ】<STONE ISLAND/ストーンアイランド>|オリジナルの素材開発と染色技術が冴える“大人カジュアル”が新鮮

自社での素材開発と、オリジナリティを追求する2次・3次加工や独特な染色、カラーリングで、さまざまな年代の服好きの男性を魅力するイタリアブランド<STONE ISLAND/ストーンアイランド>。関東地区では最も品揃えが豊富なメンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルのスタイリスト幸田崇(たかし)が、最新コレクションの中からオススメアイテムをご紹介します。


スポーツやミリタリーウェアに用いられるディテイルや素材感・機能性をタウンカジュアルに落とし込み都会的に昇華させたものづくりを得意とする<ストーンアイランド>は、1982年にイタリアで誕生。ブランドが一目で分かる「コンパスのバッジ(ウィンドローズ)」も誇らしい同ブランドは“スポーツウエアの頂点へ”という志のもとに、絶え間ない研究と開発によってユニークな商品を世に送り出しています。

そんな<ストーンアイランド>の今シーズンを象徴するアイテムが、ジャケット「NYLON METAL WATRO」。ナイロンメタルの特徴的な玉虫色のメタリックな見た目に、裏側に樹脂コーティング(WATRO=ワックス)を施し、縫製プロセス後にダブル染色のプロセスを加えることで、<ストーンアイランド>ならではのきれいなカラーリングと独特の素材感を実現。


スタイリストの幸田は、「さまざまなオシャレを楽しんできて、色づかいや加工など他にない面白い服を探している30~40代の男性に気に入っていただけるブランドです。<ストーンアイランド>で人気の特殊なガーメントダイテクニックによりリフレクティブ加工を施したジャケット『GARMENT DYED PIXEL REFLECTIVE』など最新テクノロジーを搭載したアイテムに注目される方も多いですね」


Tシャツはジャケットのインナーとして大活躍間違いなし

カットソーで人気なのは、スラブヤーンのコットンジャージーで仕上げたガーメントダイのTシャツ。両脇にダブルステッチ入りで、首の後ろに入ったSTONE ISLANDの小さなロゴプリントもポイント。また、カラーラインナップも豊富に展開しています。

<ストーンアイランド>左:ヘンリーネックシャツ 24,840円 商品を見る、右:クルーネックTシャツ 20,520円 商品を見る

このほか、伊勢丹オンラインストアでは、ジャケットやブルゾンとコーディネートしやすいヘンリー&クルーネックTシャツも展開。異なる節のある糸を混紡し、メランジ調に仕上げシンプルながら独特の表情を作り出しています。

<ストーンアイランド>左:ポロシャツ 19,440円 商品を見る

ポロシャツでオススメは、スポーティなライン入り。ストレッチの効いたコットンピケ製のショートスリーブタイプで、ブランドのロゴパッチと、衿と袖口に施されたラインがアクセント。裾にはサイドスリット入りで、内側にはコットンテープがあしらわれています。型は定番ですが、今シーズンは白が人気です。
また、もう一つの定番のポロシャツは、縫製後に染色を施した製品染めの生地を使用しているので、ソフトな風合いが特徴的な一着に仕上がっています。

<ストーンアイランド>左:ポロシャツ 19,440円 商品を見る、右:ポロシャツ 22,680円 商品を見る

ショーツのウエストは「紐+ゴム」のコンフォートデザイン


今季の<ストーンアイランド>のオススメのショーツは、製品染めにより、着古したような風合いが特徴の膝丈タイプ。両脇にハンドポケット、左脇にアウトポケット付きで、ロゴバッジがアクセント。ウエストはドローコード+ゴムなので、とても穿きやすいスウェットショーツです。また、ポリエステル・ポリウレタン混でツヤ感のある素材感が特徴のショーツもラインナップしています。

<ストーンアイランド>ショートパンツ 24,840円 商品を見る

ニッチなコレクション「STONE ISLAND SHADOW PROJECT」にも注目

<ストーンアイランド>が展開するもう一つのライン「SHADOW PROJECT」は、<アクロニウム®>のデザイナー、エロルソン・ヒューが手がけることで世界的に注目されているニッチなコレクション。パフォーマンスのための統合的なシステムをベースに、テクニカルなバックグラウンドを強調しながらアーバンエレガンスを漂わせるコレクションで、<ストーンアイランド>の世界の表現の幅を広げています。

<STONE ISLAND/ストーンアイランド>は伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。商品一覧はこちら

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル
03-3352-1111(大代表)

注目記事