ページトップへ
CLOSE
  • 【インタビュー】松田智沖(ジョン ロブ ジャパン社長)|エクスペリエンス・ストアで伝えたい、<ジョンロブ>の真価、新たな魅力
    2020.02.04 update

    【インタビュー】松田智沖(ジョン ロブ ジャパン社長)|エクスペリエンス・ストアで伝えたい、<ジョンロブ>の真価、新たな魅力

    2月5日(水)より展開される、<JOHN LOBB/ジョンロブ>の「エクスペリエンス・ストア」。そこで表現される多彩な魅力と、良質な紳士靴のあり方について、日本にて長年同ブランドを率いて来たリーダーにお話を伺った。 ジョン ロブ ジャパンの松田智沖社長 メンズ館1階=プロモーションにて、同社としては初めて「エクスペリエンス・ストア」というスタイルを期間限定で展開する<ジョンロブ>。ビスポーク(オーダーメイド)メーカーとして150年以上の歴史を持ち、1981年にレディメイド(既製)靴を発表してからは、高級既

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|世界最高峰のシューメーカーによる初のポップアップストアが期間限定オープン
    2020.01.29 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|世界最高峰のシューメーカーによる初のポップアップストアが期間限定オープン

    2020.02.05 - 2020.02.11

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>らしいラグジュアリーな体験が楽しめる、エクスペリエンスストアが伊勢丹メンズ館で初開催!――2月5日(水)より11日(火・祝)までの1週間、メンズ館1階=プロモーションで行われる同ストアでは、<ジョンロブ>らしい気品溢れる世界観の中で、「バイ・リクエスト」をはじめとするオーダーと特別限定アイテムの数々がお目見えする。 *画像はイメージです。 ファン垂涎!<ジョンロブ>が世界に誇る名靴が“旧”ラストで複刻  紳士靴担当バイヤーの田畑智

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>の名靴が往年の"8695番ラスト"で蘇る!
    2020.01.17 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>の名靴が往年の"8695番ラスト"で蘇る!

    世界最高峰の靴ブランドと問われて、<JOHN LOBB/ジョンロブ>の名が挙がらないことはない。1866年の創業から王侯貴族、世界中のVIPの注文靴をつくり続けてきた歴史と伝統と、名だたる傑作靴の数々の存在は揺らぐことのない地位を築き上げている。エルメスグループの一員として最高級の革を供給されており、オーダー、既成靴ともに本格靴のトップメゾンであることは周知の事実だ。名品の数々は時代に合わせてモダナイズされ、ラストやディテールがアップデートされている。しかし2020年春、伊勢丹メンズ館では特別限定として「

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|2020年イヤーモデルは、エレガントな穴飾りが施された「STRAND」。1月2日(木)から数量限定で発売
    2019.12.20 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|2020年イヤーモデルは、エレガントな穴飾りが施された「STRAND」。1月2日(木)から数量限定で発売

    <ジョンロブ>ファン待望の2020年イヤーモデル「STRAND」が、1月2日(木)から、メンズ館地下1階=紳士靴にて数量限定で販売を開始する。 「STRAND」396,000円 商品画像をもっと見る 1996年より毎年発表しているイヤーモデルの2020年エディション「STRAND」は、スパイラルにカットされた一枚革を唯一の縫い目となる一連のステッチで仕上げた、5アイレットのオックスフォードシューズ。ラスト(木型)に採用したのは、パリにあるアトリエでビスポークシューズを作る熟練の職人たちと共に、このイヤーモ

  • 【特集】一生モノの高級紳士靴に出合う、人気・実力を兼ね備えた英国4大ブランドを比較
    2019.09.23 update

    【特集】一生モノの高級紳士靴に出合う、人気・実力を兼ね備えた英国4大ブランドを比較

    <EDWARD GREEN/エドワードグリーン>、<JOHN LOBB/ジョンロブ>、<GAZIANO & GAIRLING/ガジアーノ&ガーリング>、<ANTHONY CLEVERLEY/アンソニー クレバリー>――いずれも一言で「高級靴」とはまとめられないほど個性的な、英国生まれのハイエンドシューズたち。今回もお馴染み、伊勢丹メンズ館の靴賢者4人がこの英国4大ブランドを徹底比較。読むと絶対履きたくなる魅力を語り尽くす。■ 一生モノの高級紳士靴に出合う、人気実力◎な英国4大ブランドを比

  • 【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。
    2019.09.04 update

    【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。

    時代や価値観が変わっても、変わらぬ価値を持った“名品”は必ず存在し、時を超える魅力が備わっている。イセタンメンズネット編集部は、「名品といわれるものにある所以(ゆえん)」にフォーカスし、世界のジェントルマンが愛用している10のアイテムをご紹介。名品に込められた秘密を知れば、あなたもすぐにその虜に……。 1. <JOHN LOBB/ジョンロブ>の「CITY 2」 シューズ「CITY 2/E」 189,000円商品を見る 「永遠の“ファースト・

  • 梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。
    2019.06.14 update

    梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。

    「雨の日こそ拘りたい」――今、お客さまからそんな声が高まっている。傘やコートなど雨の日グッズが機能的に進化しているのと同じく、雨の日に履けて、晴れの日も履く、晴雨兼用、いわゆる「全天候型」のドレスシューズがアツい。今シーズンは特にクラシック系のインポートブランドを強化し、雨の日用途+自分らしいスタイルに合う革靴が必ず見つかるだろう。 左から、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田、紳士靴担当バイヤーの田畑、同アシスタントバイヤーの谷口、ISETAN MEN'S net編集長の田代 関連記事▶群雄割拠の「レイ

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|年に一度のバイリクエストフェア開催──ドレスもカジュアルも、あなただけのジョンロブをオーダー!
    2019.05.01 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|年に一度のバイリクエストフェア開催──ドレスもカジュアルも、あなただけのジョンロブをオーダー!

    2019.05.10 - 2019.05.14

    年に一度、ファン待望の一大イベントが今年もやってくる──メンズ館地下1階=紳士靴では、5月10日(金)から14日(火)までの5日間、紳士靴の王者として名を馳せる<JOHN LOBB/ジョンロブ>の「バイリクエストフェア」を開催。今年はさらに内容をパワーアップし、より一層パーソナルオーダーの醍醐味を味わえる特別な機会となる。 バイリクエストは、<ジョンロブ>が誇る豊富なコレクションの中から、上質な素材やカラー、ソール、サイズ、ウィズなど、お客さまのお好みのスタイルに合わせてカスタマイズできるパーソナルオー

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~
2020.02.17 update

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~

伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー、「Vゾーンの流儀」。『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』ここでは、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

この春に持ちたい!カラーで楽しむレザーグッズ&ウエアラブルアクセサリーが登場!
2020.02.17 update

この春に持ちたい!カラーで楽しむレザーグッズ&ウエアラブルアクセサリーが登場!

2月19日(水)にメンズ館1階=レザーグッズコーナーが一部リフレッシュオープンする。この春、大注目のカラーレザーグッズが、豊富なバリエーションで登場する。一部ブランドからは、伊勢丹限定の商品も販売される。今までになかったカラーアイテムとの出会いだ!お気に入りのカラーを見つけてほしい。 また、男性だけでなくユニセックスで使用してほしい、レザーアイテムがラインナップ。ライフスタイルが変化する中で、キャッシュレス化が進みコンパクトウォレットが、多様になってきている。レザーグッズコーナーでは、日々変化する新たな

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の